海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > フェミニストという生き方

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年4月25日

フェミニストという生き方


メール プリント もっと見る

フェミニストという生き方

先日ハノーファーで、著名なフェミニストであるアリス・シュヴァルツァーの朗読会がありました。28歳のときミニスカートでサルトルにインタビューしたブロンド娘も、今年70歳。1969年より5年間フランスに住み、女性解放運動に目覚めました。1974年にドイツに戻ってから、ドイツでの女性解放運動の旗振り役に。1977年には「エマ」というフェミニストの雑誌を創刊し、現在でも年4回発行しています。昨年「履歴書Lebenslauf」という自叙伝を発行するなど、著書も多数あります。


DSC_7245a.jpg


講演会では「20世紀後半のフェミニスト運動は、多かれ少なかれすべての人に影響を与えた」と力説。何か嫌なことがあったら「物事を真剣に考えすぎないで。ぱたんと扉を閉じて、食事に出かければいい」とアドバイス。「大事なのは自分が誰か知ること」。ポルノや暴力に反対し、女性の経済的自立が実現できる政治を目指して活動してきました。70年代には「中絶禁止」に反対する運動をメインとしてきました。当時は夫が妻の仕事場にでかけ「妻が家事をしない」と訴えれば、本人の了解なしに解雇できたそうです。現在は、セクシーでなければならないという女性像を危惧しています。


しかし現在は、反対に男性が生きにくい世界になっており「本物の男になるためには、本物の女が必要。でないと男ではなくただの人になってしまう。男らしさを証明するすべを知らないから暴力に走る恐れがある」とのこと。女性が強くなったから、男性は立場がないのは日本もドイツも同じようです。


観客は400人近くおり、大半は女性でした。若い人から年配者まで幅広く、中には車椅子の人もいました。会場には一体感が漂い、みんな同志として一緒に時代を生き抜いてきたという印象をうけました。朗読会の後、参加者たちは「すごくよかった」と興奮しながら感想をいい合い、著書が飛ぶように売れていました。サイン会は長蛇の列でしたが、シュヴァルツァーはひとりひとりに話しかけながら丁寧にサインし、ファンは大感激。シュヴァルツァーのポリシーには賛否両論があるけれど、女性に元気を与えていることが事実です。


DSC_7273a.jpg


ドイツでは、同じ仕事をしていても女性の方が賃金が低かったり、昇進が遅かったりとヨーロッパの中でも男女同権が遅れているといわれています。時短勤務が認められているため、かえってそのために、子持ち女性は働き続けてもキャリアコースから外されることがしばしば。しかし女性であるクリスティナ・シュレーダー家族大臣は、大手企業の管理職の女性の割合を法的に定めることに反対し、議論が巻き起こっています。女性の社会進出や、男女同権は勝ち取るべきもの。シュヴァルツァーは「戦うこと、生き延びること、生きることは楽しい」と、女性たちを励ましています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2012年4月25日
« 前の記事「演劇する若者」へ
»次の記事「桜祭り」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集