海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > 飲み倒す父の日

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月18日

飲み倒す父の日


メール プリント もっと見る

飲み倒す父の日

日本では6月の第3日曜日が父の日ですが、ドイツでは今年は5月17日木曜日が父の日でした。この日は父親に感謝を表す日ではなく「男のための日」。父親を含む男たちが飲んで騒ぐ日です。


父の日は毎年、キリスト教の祝日で、昇天したことを祝う「昇天日」にあたります。磔にされたキリストが復活したことを祝う復活祭から数えて、6回目の日曜日が過ぎた木曜日です。今年は4月8日が復活祭で、復活祭の日曜日を第一日と数えるため、5月17日が昇天日すなわち父の日となりました。復活祭と同じく、毎年日にちはずれます。


父の日は、若者から年配者まで男たちがグループで酔って馬鹿騒ぎする日なのです。年に一度この日だけは、家族や周りも容認。男たちは手押し車にビールを山盛りに積んで、森の中を練り歩き、飲み、歌い、最終的にビアガーデンか食堂を目指します。到着するころにはよれよれのよいよいですが、そこでまた飲みます。


おそろいのTシャツをわざわざこの日のために用意したり、CDレコーダーで大音響を振りまいたり、気合が入っています。ハノーファー市内にあるアイレンリーデの森に行ったら、男ばかりの愉快な集団をたくさん見かけました。「森のステーション」という環境教育の施設の鳥小屋の横でも、男たちが10人ほどビールを飲みながら歓談。ときどき低くてたくましい歌声が聞こえてきて、子どもたちが珍しそうに見ていました。しかし、親子連れが動植物を観察する施設で飲んでいいというのも、おおらかというか。これもドイツ文化のひとつでしょうか。


DSC_8837a.jpg DSC_8788a.jpg


市役所前ではジャズ音楽のお祭りをしていましたが、いつもよりもアルコールの消費量が多いような。ビールケースを傍らに、仲間たちと飲んでいる人も大勢いました。


5月13日の母の日には、花やケーキを贈ったり、夫が朝食を妻のベッドに運んだりというほほえましい風景が見られました。しかし、その4日後の父の日は酔い倒れ。連邦統計局によると父の日は殴り合いが多く、飲酒運転による事故は通常の3倍だとか。ドイツではお酒を飲んでも無礼講は許されないのですが、年に一度父の日だけは羽目をはずしても世間は大目に見てくれるようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年5月18日
« 前の記事「ハノーファーマラソン、大盛況」へ
»次の記事「市役所開放と、世界の文化祭り」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    春のごちそう、白アスパラガス

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集