海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > ドイツでアイスコーヒーを注文すると

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月30日

ドイツでアイスコーヒーを注文すると


メール プリント もっと見る

ドイツでアイスコーヒーを注文すると

最近暑いですね。ドイツでもやっと25度を超える日が来て、夏らしくなってきました。2週間前までは最高気温13度ほどで、重ね着していたというのにこの気温差。ドイツでは真夏でも、朝夕は熱さが和らぐので日本よりも過ごしやすい気がします。


日本のじりじりした暑さを思い出すと、アイスコーヒーがむしょうに恋しくなります。熱いコーヒーを氷の中に入れると、氷がきしみが音をたてて溶けていく。きんと冷えたコーヒーを一口飲むと、すっきりとした液体がほてった体全身に広がるようです。コーヒーはもともと熱帯地方で育つ植物ですから、体を冷やす効果があるとか。夏向きですね。


ドイツに来た最初の夏、とても暑い日がありました。珍しく蒸し暑く、歩くだけで汗をかく。そんなとき日本のアイスコーヒーが頭に浮かびました。ガラスコップに、氷を浮かべたシンプルなアイスコーヒー。思い浮かべると、その想像は広がるばかりで振り払うことができません。そこでカフェに入り、さっそく注文しました。


注文する前、確かに思ったのです。ちょっと値段が高いなあ、と。カプチーノよりもミルクコーヒー(カフェオレのことです)よりもはるかに高い。コーヒーを冷やすのに手間がかかるのかしら、と思いながら待っていました。


ところがウエイターが運んできたのは、私の予想とはまったく違うものでした。アイスクリームや生クリームがどんとのっている。パフェと間違えたに違いない。ウエイターを呼んで「アイスコーヒーを頼んだんだけど」といいました。すると、「これがアイスコーヒーです」というのです。ええ、これが?


DSC_0476a.jpg


確かによく見ると、下にはなじみある液体が見えます。その上にアイスクリームがあり、生クリームがあり、またアイスクリーム。ナッツのかけらやチョコチップも見えます。アイスクリームとコーヒー。ドイツではこれがアイスコーヒーなのです。


こんな暑苦しいときに、こんなくどいものを。しかもコーヒーがぬるく、アイスも溶けるのが早い。しっかり冷えた黒い液体を期待していた私は、汗をかきながらアイスカフェを食べました。食べた終えたときの感想は、「もう絶対頼まない」。


しかし、今ではずいぶん好きになりました。店によっては、コーヒーはかなり冷たいし、なんといってもアイスとコーヒーと両方ほしいときに便利です。パフェとコーヒーの中間、と最初からそのつもりでいればなかなか悪くない。ドイツは日本ほど暑さが激しくないので、甘いもの好きなドイツ人にとっては、このくらいがちょうどいいのかもしれません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2012年5月30日
« 前の記事「市役所開放と、世界の文化祭り」へ
»次の記事「ただ乗りはだめよ」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    春のごちそう、白アスパラガス

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集