海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > お城で結婚式を

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年6月27日

お城で結婚式を


メール プリント もっと見る

お城で結婚式を

ハノーファーの南20キロのところパッテンセン町に、マリーエンブルク城という新ゴチックの美しい城があります。これまで城内の教会で結婚式を挙げることができましたが、今年6月から入籍もできるようになりました。


DSC_8605a.JPG 


ドイツでは日本のように紙一枚で、結婚すなわち入籍できるわけではありません。事前に役所でアポイントを取り、書類をそろえます。当日は職員が「富める時も貧しき時も、病める時も健やかなる時も・・・」と話し、二人の結婚の意志を確かめます。それから指輪交換やサインをし、めでたく夫婦となります。この儀式は20分くらいです。その後、教会で結婚式をしたり、レストランで食事会となります。日本のような結婚式場はみかけません。


これまでもマリーエンブルク城では、教会の聖堂で結婚式をすることができました。2006年より毎年30組から40組のカップルが式を挙げたといいます。日本人も多く含まれているとか。それが今月からパッテンセン町の職員が城を訪れ、入籍もできるようになりました。緑の間という2階にある美しい部屋です。壁が緑色なのでこう呼ばれ、床はモザイク模様で、天井には豪華なシャンデリアが輝いています。残念ながら室内は撮影禁止で、写真を撮ることはできませんでしたが。


この城はハノーファー王朝のゲオルグ5世が妻のマリエのために建設し、1867年に完成しました。140もの部屋があり、中世のやり方に基づいて作られたのでたいそうな手間と時間とお金がかけられました。例えば図書館の本棚は一つの木から彫り起こされています。


DSC_8615a.JPG


今年は6月と9月の特定の日でしか入籍できませんが、来年は5月から9月まで随時できるそうです。なだらかな丘陵の上に位置し、周囲は森に囲まれとてもロマンチック。お城はもちろん見学もでき、ドイツ語ガイドまたは英語のオーディオガイド付きで6ユーロになります。


マリーエンブルク城の公式サイト(日本語)
http://www.schloss-marienburg.de/smbcms/fileadmin/shortversion/japan.pdf
マリーエンブルク城の公式サイト(ドイツ語)
http://www.schloss-marienburg.de/smbcms/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2012年6月27日
« 前の記事「ただ乗りはだめよ」へ
»次の記事「信州の休日、安曇野松川の道の駅」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ドイツの原発事情
    演劇づくしのシアターフォーラム
    ミュージアムを堪能しよう
    生野菜が食べられない!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集