海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > ドイツ生まれのアート展

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年7月29日

ドイツ生まれのアート展


メール プリント もっと見る

ドイツ生まれのアート展

ドイツに住む芸術家によるアート展「メイド・イン・ジャーマニー」が開かれています。2007年についで二度目になり、市内3箇所のミュージアムで絵画やオブジェ、フィルム、写真など個性的な作品を披露しています。


ドイツ人による芸術ではなく、ドイツに住むアーティストの作品が計3000平米に展示されています。学芸員が2年かけて400人の中から45人を選出。「超自然的」「今日の中の昨日」「物語性」「手段としてのメディア」 など6つのテーマを決めて選びました。その結果、アーティストはすべて45歳以下で、21人が海外出身者でとなりました。33人がベルリンに住んでおり、ベルリンがドイツアートの最先端であることが証明されました。


DSC_9415a.jpg DSC_9411a.jpg 


1966年アメリカで生まれたレイノルド・レイノルズは、1930年代にベルリンで制作され政治的な事情により完成にいたらなかった映画「ザ・ロスト」を発見。当時の脚本を元に、古くなった個所を補修し、足りない部分を撮影補足しました。当時の文化や歴史をはじめ、ナチスによる検閲により挫折したドイツ映画社会を照らし出しました。東ドイツ出身のスヴェン・ヨーネは、こじんまりした移動サーカスが興行を終えた跡地を撮影。にぎやかだった場所が空き地に戻り、そこに車やテントの跡が見られる様子を各地で記録しました。


同展は、シュプレンゲルミュージアム(Sprengel Museum)、ケストナーゲゼルシャフト(kestnergesellschaft)、クンストフェラインハノーファー(Kunstverein Hannover)で開かれており、3館共通券は12ユーロ、各館のみは7ユーロ。8月19日まで。
公式サイト http://www.hannover.de/madeingermanyzwei/data/meldungen/migzwei.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2012年7月29日
« 前の記事「ワイン祭りは楽しい」へ
»次の記事「ブレーメンの音楽隊」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ギリシアの休日  マニ編
    ドイツの電気のお話
    女子サッカー、日本がドイツに勝つ!
    夏の幸せ、アイスクリーム

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集