海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > ドイツの休日、ライプツィヒ

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年8月11日

ドイツの休日、ライプツィヒ


メール プリント もっと見る

ドイツの休日、ライプツィヒ

DSC_1400a.jpg旧東ドイツのライプツィヒに行ってきました。16年前の9月、ライプツィヒ大学のドイツ語講座に通っていたので懐かしくなり、ふらりと訪れることにしたのです。当時は路面電車もぼろぼろで、曇りがちだったせいか街全体が灰色のイメージがありました。しかし、今回訪れたらまあびっくり。古い建物の多くは改修され、店舗がずらりと並んでにぎやかに明るい街に変身していました。


行き止まりのドーム式の駅はヨーロッパ最大で、毎日700以上の列車が停まるといいます。駅を出て、ます市の観光案内所を探そうと道行く人に聞きましたが、早口でよくわからない。少し歩いてまた別の人に聞きましたが、先ほどきいたのと方向が違います。道をよく知らなくてもうろ覚えで教えてくれる人が多いので、道をきくときはいろんな人に尋ねるようにしているのですが、みな言うことがまちまちでよくわからない。「右に曲がって左」といわれてそのとおりに進んだのに、通常の道ではなく建物の中庭を抜ける道に入ってしまったり、「出てすぐ右」といわれて、道路を探して歩いたのに、実は真横の建物だったりと、目的地にたどり着くのがこんなに難しいのは初めて。観光案内所はあきらめて、街中心部の広場を目指すことにしました。


通りがかった若くて美しい男の子に、広場の場所を訪ねました。目を細めながら、うーん考えてから「音楽の聴こえてくるところ」と、遠くを指差します。作曲家のヨハン・セバスチアン・バッハの街だけあって、なんてロマンチックな答え。広場にいつも音楽が流れているのかしらと思いましたが、16年ぶりにきた私には広場がどこかさっぱりどこかわかりません。「詳しく教えて」というと、「あっちの方」とまた指差します。お礼を言って歩き出してしばらくいくと、オーケストラの演奏が聞こえてきました。ちょうど「クラッシク祭り」が開かれていたのです。


DSC_1386a.jpg


そうか、このことかーと納得。毎年開かれている音楽祭で、今年は12日までだといいます。せっかくなので、傘の下に腰をおろし、ランチにしました。生演奏をききながら、16年前ドイツ語もわからずに街をうろうろしていたことを思い出しました。


その後、1723年から1750年までバッハが活躍していたトーマス教会へ行きました。12世紀に建てられ、幾度かの改修を経て、後期ゴシックのホール型教会となりました。正面には荘厳なバッハの像があります。

ライプツィヒは宗教改革後の16世紀半ばから音楽の街として知られ、シューマンやメンデルスゾーンが滞在した都市でもあります。またニコライ教会で80年代から始まった平和の祈りの集会が、1989年のベルリンの壁崩壊の大きなきっかけとなりました。今ではすっかりモダンな都市に生まれ変わり、旧東時代の面影はずいぶん薄くなったように思います。またゆっくり来たいと思いました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2012年8月11日
« 前の記事「アートが身近に」へ
»次の記事「テーマパークみたいな動物園」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    サービス向上を願う。ドイツ鉄道
    ドイツの休日 メルン
    ギリシアの休日  アテネ編
    ろうそくの光の中で

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集