海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > 南ドイツの休日。ドレスデンのエーリヒ・ケストナー・...

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年10月30日

南ドイツの休日。ドレスデンのエーリヒ・ケストナー・ミュージアム


メール プリント もっと見る

南ドイツの休日。ドレスデンのエーリヒ・ケストナー・ミュージアム

児童書「エミールと探偵たち」「空飛ぶ教室」などで知られるエーリヒ・ケストナーは、1899年に南ドイツのドレスデンで生まれました。詩人や風刺作家でもあり、ナチス政権では思想弾圧により著書を焼かれる経験もしました。ライプチヒ大学に行くまでドレスデンで過ごし、以後も両親はずっとドレスデンにいたことから、ドレスデンの文化はケストナーに大きな影響を残しています。ドレスデンのおじさんの家が、現在はミュージアムとなっています。


IMG_3898a.jpg


ミクロミュージアムと名づけられ、可動式で自己体験型という新しい形のミュージアムです。縦3メートル、横1,2メートル、高さ2メートルの立方体であり、それが14に分かれます。14の戸棚には引き出しや棚があり、そこを自分であけることでさまざまなケストナーの世界が体感できるというわけです。ケストナーの作品や作品の一部、自筆のテキストのコピー、当事の背景などさまざまで、何がでてくるかはお楽しみ。資料は触れるようになっており、隣の部屋で椅子に座ってじっくり読むことができます。引き出しは緑、赤、黄、青に色分けされており、それぞれて故郷、政治、子どもの世界、メディアをテーマにしています。


コンパクトで移動式なので、どこにでも持っていける。巡回展を経て、2001年よりドレスデンに落ち着きました。おじさんのうちなので、ケストナー自身が幼少からよく通っていたところです。


このミュージアムはドレスデンに来て、偶然見つけました。私は「二人のロッテ」が大好き。ミュージアムがあるときいて、これは行かなくっちゃと出かけましたが、思いのほかこじんまりとしていてアットホームな雰囲気。日本語の「二人のロッテ」がおいてあり、ついぱらぱらと読んでしまいました。他国語の本もたくさんあり、ケストナーが世界中で愛されているのがわかります。普通のミュージアムだと入館しても説明はありませんが、ここでは「ケストナーの本を開くと、前書きがあるでしょう。それと同じです」といって、最初に概要について説明がありました。ドレスデンの街やケストナーの幼少時代、両親、戦争について。
ケストナーを理解するためだけに、愛を込めて作られたミュージアムだと感じました。


IMG_3883a.jpg


今回は時間がなくてゆっくりできなかったのですが、この次は二階のカフェでお茶を飲みながら、ケストナーの子ども時代にゆっくり思いをはせたいところ。火曜日から土曜日まで開館していますが、木曜日は学校のクラスなど予約のみを受け付けています。ぱっと見たところミュージアムだとわかりにくいので、見逃さないように。大人4ユーロ。


公式サイト(ドイツ語) http://www.erich-kaestner-museum.de/
一部英語も。http://www.erich-kaestner-museum.de/index.php?option=com_content&view=article&id=58&Itemid=117

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2012年10月30日
« 前の記事「ポーランドの休日。小人が迎えてくれるヴロツワフ」へ
»次の記事「バルト海の街、シャーボイツ」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    北海道カボチャ
    黄金の秋。サマータイム終わり
    バザー大好き
    ドイツ発 「原子力に反対する100個の十分な理由」

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集