海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > 二階建てバスでハノーファーを再発見

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年7月25日

二階建てバスでハノーファーを再発見


メール プリント もっと見る

二階建てバスでハノーファーを再発見

今春より、ハノーファー市内観光2階建てバスが走っているのをご存知ですか。7月20日より二階の屋根をあけてオープンカーで走ることが許可されました。そのバスに乗って、ハノーファーを一周しました。


DSC_0634a.jpg


スタートは、駅前の観光案内所前。夏場は9月30日まで毎日、10時半から16時半まで1時間ごとに出発します。動物園、リスト地域、ヘレンハウゼン王宮庭園、マッシュ湖、市役所を100分で一回り。現在は土曜日の10時半と12時半からの2回だけ、ドイツ語でガイドさんの説明になります。あとはドイツ語のテープの案内で、英語はイヤホンでききます。


乗ってみると、新しい発見がたくさんありました。例えばライプニッツ図書館。州立図書館ですが、収蔵のゴッドフリード・ヴィルヘルム・ライプニッツ(1646-1716年)の往復書簡約1万5000点はユネスコ世界遺産となっています。また、レコードの蓄音機はハノーファー生まれのエミール・ベルリナー(1851-1929年)の発明とのこと。ヘレンハウゼン王宮庭園はフランスのバロック式庭園ですが、領主が英国にいたため改造されず、本場のフランスよりも原型をとどめています。


DSC_0678a.jpg


他にもハノーファーの経済や失業率、アート、時事について説明があり、聴き応え十分。何より青空の下を走るのが最高です。空と木々が交互に頭上をいきかい、ハノーファーは緑が多いことをつくづく実感。地味で観光客は少ない街だけれど、なかなか捨てたものではありません。日本語がないのは残念。そのうちできるといいですね。


大人一周13ユーロ。途中乗り降りできる一日券は15ユーロ。割引8ユーロ。4月19日から30日までと10月1日から31日は一日4回。10時半から16時半まで各2時間ごとのスタートになります。
公式サイト(ドイツ語)
http://www.hannover.de/Tourismus/Sehensw%C3%BCrdigkeiten-Stadttouren/Stadttouren/%C3%96ffentliche-Stadttouren-und-F%C3%BChrungen/Hannover-im-Cabriobus-entdecken

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2013年7月25日
« 前の記事「食べ物ってどうしてこんな形なの? フード・デザイン展」へ
»次の記事「マッシュ湖祭り、終わり」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ブレーメンの音楽隊
    ドイツ生まれのアート展
    ワイン祭りは楽しい
    王宮庭園でサーカスを

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集