海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > アート展 「見せかけ | 輝き、魅力、錯覚」

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ 旧特派員 田口 理穂

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年9月30日

アート展 「見せかけ | 輝き、魅力、錯覚」


メール プリント もっと見る

アート展 「見せかけ | 輝き、魅力、錯覚」

美術館ケストナーゲゼルシャフトで、「見せかけ | 輝き、魅力、錯覚der schein | glanz, glamour, illusionv」をテーマにした展示が開かれています。世界各国のアーティスト24人が、輝くもの、光るもの、金色のもの、反射するものを使って独自の世界を披露しています。


印象的なのは、割れた鏡たち。部屋に13枚の大きな鏡があり、どれも砕かれ、ひびが入り、破片が床に飛び散っています。現代美術の巨匠といわれるイタリアのミケランジェロ・ピストレットさんの作品です。今年「高松宮殿下記念世界文化賞」の絵画部門で受賞するなど、80歳にもかかわらずパワフル。鏡は現実とイリュージョンをあらわし、芸術と生活をつなぐもの。鏡をハンマーで打ち壊しながら、光と反射、イリュージョンを壊しているのです。そして一枚だけ壊さずに残しておく。そこに現実が映されています。実際に同館で鏡を壊すパフォーマンスをしたときは、破片で腕を切り、血を流しながら割り続けたとか。なんとも壮絶です。「壊れた鏡があるだけ。これがアートなんて・・・」と思っていましたが、説明をきいて納得しました。


DSC_0719a.jpg


ハノーファーでまさか草間弥生さんの作品に出会えるとは。松本市出身の草間さんは水玉を使った斬新なアートで知られています。今回展示されている「ナルシストガーデン」は、直径約30センチのステンレスの球を800個並べたもの。光り輝く球に見る人の姿が投影され、それがどこまでも続きます。泉に写った自分の姿に心を奪われ、憔悴して水仙になったという、ギリシア神話の美少年ナルキッソスを暗示しています。草間弥生さんは1996年、招待されなかったにもかかわらずベネチアでこの展示をし、かつ球を販売したことから大きな話題を呼びました。


DSC_0737a.jpg


ほかにも、金色の包み紙にひとつひとつくるまれた800キロ分の飴玉がエイズについて啓蒙したり、ぴかぴかの買い物ワゴンがあったり。作品ひとつひとつに背景があり、理由がある。無料の案内もときどきあるので、ドイツ語がわかる方には説明をきくのをお勧めします。


展示「見せかけ | 輝き、魅力、錯覚der schein | glanz, glamour, illusionv」は11月3日まで、
ケストナーゲゼルシャフトKestner Gesellschaftで開かれています。住所: Goseriede 11, 30159 Hannover 電話0511 70 120-0 。入場料は7ユーロ、割引5ユーロ
同展示の公式サイト(ドイツ語) http://www.kestnergesellschaft.de/eventsingleviewausstellungen.0.html?&tx_cal_controller[view]=event&tx_cal_controller[type]=tx_cal_phpicalendar&tx_cal_controller[uid]=2250&tx_cal_controller[lastview]=view-list%7Cpage_id-8&tx_cal_controller[year]=2013&tx_cal_controller[month]=08&tx_cal_controller[day]=23&cHash=9aefd1aed943c2d9c5be46b8f053288a

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2013年9月30日
« 前の記事「手染めのオーガニックコットン」へ
»次の記事「Pho3mien」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    売春についてのアート「バーコード」
    パーキングデー! 駐車場は私たちのもの
    地元の魅力を見つけよう。「発見者の日」
    正方形のチョコレート。100周年を迎えた「リッタースポーツ」

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      田口 理穂
      ジャーナリスト、裁判所公認ドイツ語通訳・翻訳士。1996年よりハノーファー在住。州立ハノーファー大学社会学部卒業。ドイツの環境政策や生活事情についての執筆のほか、視察やテレビ局のコーディネートや通訳も。著書に「市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」(大月書店)、共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)。質実剛健、けれど愛すべきドイツの魅力についてご紹介します。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集