海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハノーファー特派員ブログ > ドイツらしいクリスマスの迎え方☆アドヴェントクラン...

ドイツ/ハノーファー特派員ブログ Burno ゆかり

ドイツ・ハノーファー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月 1日

ドイツらしいクリスマスの迎え方☆アドヴェントクランツ


メール プリント もっと見る

ドイツらしいクリスマスの迎え方☆アドヴェントクランツ

ドイツに越してきて、ドイツらしいクリスマスの過ごし方だな〜と思ったのがこのAdvent Kranz(アドヴェントクランツ)でした。

Advent(教派によって違いますが、待降節、降臨節)Kranz(花環、環状のもの)
リースに4本のキャンドルが立てられたもので、元々は教会の天井から吊られていたものが後に家庭のテーブルに置かれるようになり、壁掛けリースの元になったとも言われています。
街中では素敵な吊り下げタイプも多く見かけますが、家庭ではやっぱりテーブルやキャビネットの上に置くのが主流のようですね。
今年も作ってみたのですが、これが我が家のアドヴェントクランツ。参考になりますか?

このアドヴェントクランツは、クリスマス前の4つ前の日曜日(今年は11月30日)を第一の主日として毎週日曜日に1本づつキャンドルに火を灯していきます。
第一アドヴェントの昨日11月30日、我が家の最初の1本に火が灯りました。

あれこれクリスマスの準備をしながらアドヴェントを過ごし、4本全部のキャンドルに火が灯った後にクリスマスを迎えます。
宗教的にはキャンドルの色などに決まり事もあるようですが、一般家庭では思い思いのアドヴェントクランツを作るようで、手作りアイテムを売っているお店は平日でも賑わっていました。
作るのはちょっと無理。。。な方でも大丈夫。アドヴェントが始まる前までは花屋やマーケット、スーパーでも様々なタイプ(リースタイプや一列並び等)が売られてますよ〜。アドヴェントが始まってしまうと取り扱う店が少なくなってしまいますが。

この時期にドイツを訪れる方は、教会(ホテルやレストランでも置いてるとこがあります)の様々なアドヴェントクランツを見かけるかと思いますが、リースのキャンドルに火が点いているものと点いてないのがあったり、それぞれのキャンドルの長さが違っているのは(最初から長さの違うキャンドルを使う場合もあります)週を追うごとにキャンドルに火が灯されるから。
この時期のドイツ旅行は可愛くて楽しいクリスマスマルクト巡りがメインかもしれませんが、アドヴェントクランツもアドヴェント期間ならではの光景です!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2014年12月 1日
« 前の記事「お土産に、ドイツ人が大好きなCurry Ketchup カリーケチャップ」へ
»次の記事「ドイツのクリスマスはシュトレンで!」 へ
おすすめ記事
    ハノーファー特派員 新着記事
    オススメ、お土産にバールセンのお菓子!
    夏時間スタート&イースター
    日本でも人気Hollandische Kakao-Stubeのチョコレート
    ドイツのバレンタイン事情★お花
    ドイツのバレンタイン事情★チョコレート
    いま、白銀のハノーファー
    ドイツの年越しに欠かせないベルリーナ
    ドイツ流新年の祝い方☆年に3日間&24時間の花火!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    また会う日まで
    自家焙煎のカフェ・パナマコーヒー
    火星の技術でアートを解明

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノーファー特派員

      ハノーファー特派員
      Burno ゆかり
      アメリカ人の夫と可愛いニャンコと共に、クライストチャーチ→シンガポール駐在を経て2013年夏からハノーファーで暮らしています。 戸惑う事やチャレンジも多いけど、街の中心部に広大な森と湖があって四季折々の美しさ溢れる街ハノーファー。越して来て良かった、そう思うのにガイドブックでの紹介はほんの少し。特派員ブログを通じてもっと知って頂けると嬉しいです!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集