海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ハノイ特派員ブログ > 小鳥の声がBGMです。湖のほとりのメジロカフェ

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ベトナム/ハノイ特派員ブログ Midori N

ベトナム・ハノイ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月13日

小鳥の声がBGMです。湖のほとりのメジロカフェ


メール プリント もっと見る

小鳥の声がBGMです。湖のほとりのメジロカフェ

私がこのカフェを知ったのはハノイへ向かう機内誌でのこと。
ハノイに滞在するようになってから、
ハノイアンたちの日曜の朝カフェ習慣がとても気に入りましたが、
そこに自分が育てる小鳥たちを持ち寄って、
小鳥自慢に興じる人々が集まるカフェがあると知り、
そこがどこにあるのか、知りたくてたまらなくなりました。
そうして、やっと見つけた小鳥のカフェ。
そこに腰かけると、一瞬にしてその虜になってしまいました。


bird cafe 1.jpg

そのカフェは市内ティエン・クアン湖(Hồ Thiền Quang )のほとりにあります。
初めて訪れたティエン・クアン湖は、
絶好の観光地にあるホアン・キエム湖(Hồ Hoàn Kiếm)や、
西洋料理屋が多くある洒落た居住区のタイ湖(Hồ Tây)とは違い、
まさにローカル市民の憩いの場。
朝から湖で釣りをする親子や、
地元ムッシューたちが集まってはベトナム囲碁に興じる、
のどかなハノイの日常風景が広がっていました。
しかし、そのカフェがどこにあるのか、湖を散策したけれど見つからず
あきらめかけてタクシーを拾おうと通りに出たとき、
愛らしい小鳥のさえずりが聞こえ、ついそのカフェが現れました。


IMGP3852.JPG


Café と言っても、
おしゃれな店構えのある立派なものではありません。
屋外にプラスチックの椅子とテーブルを並べ、
中央に竿を並べた台が置かれただけの簡素なものです。
1月下旬のこの日の気温は少々冷え込み15度前後、
朝9時ごろではまだ寒く、小鳥はほとんどおりませんでした。
それでも、ベトナムコーヒーを注文して眺めていると、
徐々に人が集まり始め
10時になるといつしか台が小鳥でいっぱいに。


このカフェは大切に育てた小鳥自慢の場所。
カフェが飼っている鳥ではありません。
お客さんがバイクや徒歩で現れて、
それぞれ持ち寄った小鳥を台に掛けていきます。
その小鳥はすべてメジロで、
美しくさえずる姿がとても愛らしいのです。


bird cafe 3 cage&man.jpg


いかに美しい声でさえずるかが大切らしく
時々、かごを入れ替えては鳴き具合をみています。
そのメンバーは男性ばかり。
熟年のみならず若い20代後半から30代も多く、
西島秀俊さん風イケメンや井浦新さん風イケメンなど、
繊細で物静かな雰囲気の方々も。
うっかりどこを見てホッコリするのか間違ってしまうほど。。。。。


冗談はさておき、
熱いコーヒーをすすりながら
メジロたちが空に向かって喉を震わせて歌う姿を眺め、
そのさえずりに耳傾ける。
それが、こんなに幸せな気持ちにになれることだとは。
ハノイアンはとてもロマンティックで風流だと思いました。


bird cafe 4 chat.jpg


しかし彼らは熱心です。
笑いながら仲間をからかい、自分のメジロを自慢しているようです。
私が読んだその機内誌には、
メジロが美しい声でさえずるようになるために、
時間をかけて育てていくことの苦労が書かれていました。
それはそれは自慢のメジロなのです。


私が写真を撮らせてください、とお願いすれば笑顔で許してくださって、
それほど大切に育てたメジロなら、
こわがらない距離でシャッターチャンスを狙わねばと気遣います。


bird cafe boy 5.jpg

しばらくすると、強者が登場です。
自慢のメジロを持ってふらっと少年が現れたのです。
ベテランのメジロ愛好家に臆することなく、メジロ自慢に参りました。
どのメジロたちも、布カバーに大切にくるまれて連れて来られるのがまたステキです。


bird cafe 6 vetnamese coffee.JPG

ベトナムコーヒーに緑茶がついて25,000VND(130円弱)
一般的にぬるいベトナムコーヒーには珍しい
ググっと熱い、いい温度で、
冬のハノイの寒い朝に合う温かさです。
お店の方に英語が通じず
私がベトナム語でモタモタとうろたえていると、
英語ができる方に助けられました。
それでも、
「シン・チャオ(xin chào)」こんにちは
「カフェ、ノン(cafe nóng)」温かいコーヒー
「カム・オン(cảm ơn)」ありがとう
の三つの言葉がとっさに出れば冬のローカルカフェも入れることでしょう。
筆談もとても素敵なコミュケーションになることと思います。


bird cafe 7 landscape.JPG


何かひとつのものを長く大切に愛することは素敵です。
でも、それはとても難しいことだと思います。
大事な小鳥が上手にさえずることができるまで、
丁寧にお世話をし、時間をかけて丹念に愛情を注ぐ。
そんなことに夢中になれる男性たちの姿はただそれだけで美しく。
このカフェが不思議なくらい居心地よかったのは、
繊細ながら広い心を持った人たちが自然に集る場所、
その穏やかさが独特の空気を作り上げているからでは、と思いました。


お昼近く、すこしずつお客が大切なメジロを台から降ろし帰り始め、
12時にはカフェは終わりとなりました。
また、みなさんは来週も集まるのでしょう。
街の喧噪の中にある水辺の緑と小鳥のさえずり。
ハノイらしさを心から感じることができたカフェでした。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 自然・風景
2017年2月13日
« 前の記事「冬があるから。温かいChèで甘く甘く癒される」へ
»次の記事「魅惑のフルーツ!旬の果物でベトナム美人に」 へ
おすすめ記事
    ハノイ特派員 新着記事
    ハノイの大雨は激しい。無理せず雨宿りをキメるが吉
    お洒落な店、素朴な店。★ベトナムスイーツ!ハノイで食べる冷たいチェー★
    ハノイオペラ座界隈で、小さなヌードル屋さんに出会いました。
    版画を買いにドン・ホー村へ★ハノイからの小さな旅★
    暑い日もミュージアム!☆ハノイの博物館②☆ベトナム美術博物館
    雨の日はミュージアム。☆ハノイの博物館①☆国立歴史博物館
    ところ変われば雷魚がウマい!ハノイの郷土麺料理チャーカー
    ハノイ名物"Bun Cha"はどこで食べる?有名2店勝負!

    ベトナム ツアー最安値


    2017/6/26更新

    ベトナム 航空券情報


    ベトナム旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベトナムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ