海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ハノイ特派員ブログ > ハノイ名物"Bun Cha"は...

ベトナム/ハノイ特派員ブログ Midori N

ベトナム・ハノイ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月 8日

ハノイ名物"Bun Cha"はどこで食べる?有名2店勝負!


メール プリント もっと見る

ハノイ名物"Bun Cha"はどこで食べる?有名2店勝負!

ベトナム麺料理の発祥地・ハノイには様々な美味なる麺料理があります。
日本でもすっかりお馴染みのフォーを始め、
"ブン"と呼ばれるそうめんに似た細いライス麺もそのひとつ。
そのブン(Bun)を日本の"ごはん"のように主食とした
バリエーション豊かなベトナム料理から、
本日は "ブンチャー"(Bun Cha)をご紹介します。


bun cha.jpg


ブンチャー(Bun Cha)とはどんな料理?
それはいわゆる"つけめん"。


あっさり甘めの甘酢スープには
こんがり炭火でグリルされた豚肉や、
一口大ハンバーグのような豚のつくねが豪快に入って出てきます。
そしてミント、コリアンダー、サラダ菜、しそなど
たっぷりの新鮮ハーブと共にいただきます。


bun cha  bun.jpg

これが、ブン。

bun cha salad.jpg

そして、てんこ盛りのハーブ!


食べ方は、肉の入った甘酢スープの中にブン適量、
そしてフレッシュな野菜を適当な大きさにちぎって入れて一緒に食べます。
甘酢と香ばしく焼けた甘辛の肉、
そして爽やかなハーブが絶妙な美味しさです!


Bun Cha nem.jpg


ブンチャー店の定番メニューは揚げ春巻き。
ネム(Nem)と言います。
ネムをそのまま食べてもよし、
甘酢スープに浸して食べるのも、
パリパリの皮が
少ししんなりとしてなかなか美味しいものです。


★ ☆ ★


では、ハノイのどこでブンチャーを食べる?
これはなかなか問題です。
町中にBun Chaという看板を掲げる店が無数にありますので、
観光で訪れる人がピンポイントで選ぶのは難しいことでしょう。

ハノイで一時期ブンチャーにハマった私は、
それぞれ有名人気店から無名ローカル店まで
飛び込みで食べてみるなど、色々と試してみましたが、
無名ローカル店は肉の質感に結構当たりはずれがありました。
また、持ち帰りにして家でつけあわせの野菜を洗いなおすと
細かいホコリ、クズや虫が浮いてきたりとなかなか大変です。


その中で皆さまに比較的安心して食べていただける有名店をピックアップ!
アジアで"Go wild!"を貫くハードな貴兄には物足りないかもしれませんが、
アラフィフ奥様な私がふらりと一人飯ができるこの2店をご紹介。
それでも日本で洗練された生活をしておられる方々には
結構なハードルの高さですのでココロしてください。
・・・とはいえここはハノイ。
ハノイを丸ごと楽しまずにどうしましょう!
美味しいものを求めて、
ぜひ土地ならではの美味なる庶民食を堪能してみてください。


bun cha  dack kim 1.jpg

★ダック・キム(Dac Kim)★
旧市街に2店舗を構えるザ・地元メシ有名ローカル店
多くのガイドブックに紹介され、外国人ツーリストも足を運ぶ店です。
本店はハン・マイン通りに、Dac Kim 2はハンザギャラリア近くにあります。
ローストされた豚肉と豚つくねが、
"これでもか!"と入ってボリューム満点!!
店先で春巻きを揚げている様子などが見られる活気にあふれた店です。
店員がマメに席の案内をしてくれるので入りやすいのもいいですね。
ガッツリ食べたい人向きでしょうか。
店内は2階もありますが、暗くて狭いので、
オープンエアーで明るい1階を私は選びます。
ブンチャー 60,000VND(約300円)
揚げ春巻き 15,000VND/個(約75円)


bun cha Huong Lien.jpg

Bun cha  Huong Lien2.jpg

★フオン・リエン(Huong Lien)★
2016年アメリカ前大統領バラク・オバマ氏がハノイ来訪時に訪れたことで
一躍超有名人気店となったローカル店。
各テッパン観光地とは少し離れた地域ながら中心街に近い場所にあり、
タクシードライバーに住所を見せ、
「ブンチャー、オバマ」と聞くと大抵のドライバーがわかるほど有名。
私の印象では野菜が丁寧に洗われている感じが安心。
お店もローカル店の中では清潔め。
味もあっさり&スッキリと食べられるので好きです。
(ちなみに、12月5日のブログでご紹介したフォー屋さんのお隣です。)


Huong Lien Bun Cha 3.jpg

店の名物はゲンコツ大の巨大揚げ春巻き!
カニ、エビ、豚肉、野菜が入った
Nem Hai Sanと呼ばれる揚げ春巻きはサックサク!!


店員はあまり愛想がよくなく店内に案内は基本してくれません。
なので、自分でどんどん中に入り、空いている席を見つけて座ってok。
躊躇せず店員を呼び自分から注文を!
さもないと忘れ去られます。
ブンチャー 40,000VND(約200円)
特大揚げ春巻き 30,000VND/1個(150円)
オバマ氏来店を記念したセットメニュー"コンボ・オバマ"も人気。
Combo Obama
ブンチャー+ネム(Nem Hai San1)+ビール 85,000VND(約430円)

店はブンがなくなりしだい終了。
オバマ氏来越直後の大人気時は昼でブンが終わってしまいました。
(最近は人気も落ち着いて来たようにみえます)

bun cha home.jpg

「私はローカル店は無理。」
そう思われるみなさま、ご心配なく。
ポッシュにブンチャーを食べたい人はレストランもお薦めです。
私のお気に入りのレストラン"Home"や、"Essence"などでも食べることができます。
山盛りのブンや野菜は期待できませんが美味しく安心していただけます。
ただ、レストランのブンチャーは、
ライブ感というか、"本物感"に欠けていると感じます。
ブンチャーはやはりローカル店の
地元の人と席をくっつけ合い
お箸を取ってもらい、
プラスチックのアジア感あふれるチープな食器で
炭火でガンガン炙られた肉を食べるのが"愉快"というか、
醍醐味を味わえるような気がしますがいかがでしょうか???

☆彡


それではみなさま、
どうかハノイで愉快な食事体験を、
美味しいお料理にたくさん出会ってくださいませ。
また来週!


bun cha pepsi.jpg

ブンチャーにビールもいいけれど
ペプシも合います。
カワ(・∀・)イイ!!ベトナム版ペプシ缶にも注目です!
*このデザインは昨年のものです。


★Information★
ダック・キム(Dac Kim)
Address:
1号店 1 Hang Manh Street, Hoan Kiem District, Hanoi
2号店 67 Đường Thành, SHàng Bông, Hoàn Kiếm, Hà Nội
*英語対応若干ok
フオン・リエン(Huong Lien)*地図にて表示
Address:
24 Lê Văn Hưu, Phạm Đình Hồ, Hai Bà Trưng, Hà Nội
Tel:
008443.9434106
Open:
10am - 7pm
Website
https://www.facebook.com/bunchahuonglienobama/
*英語対応ほぼなし
Essence
Address:
22 Ta Hien Street, Hoan Kiem, Hanoi
Tel:
(+84) 4 3935 2485  
Open:
11:30am - 10pm Ext. 105
Website:
http://essencedining.com/
*英語対応可
Home
HOMEについての詳細は3月6日の当ブログをご覧くださいませ。
https://tokuhain.arukikata.co.jp/hanoi/2017/03/home.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年5月 8日
« 前の記事「ハノイ発・パッ!と花咲く雑貨屋さん☆大教会エリアでショッピング③☆」へ
»次の記事「ところ変われば雷魚がウマい!ハノイの郷土麺料理チャーカー」 へ
おすすめ記事
    ハノイ特派員 新着記事
    Hanoiで何買う?★おススメおみやげ15選!★
    【土用の丑の日スペシャル】知らずに"ウナギ"を食べていました。★ハノイの愉快なローカル食☆
    夏休みスペシャル☆ハノイ街歩きで困ったこと!!★
    夏休みスペシャル☆ハノイのタクシーどう乗るの?★
    スキすぎて!★ハノイのライチが美味しくて超絶困惑★
    ★北部ならではの優雅な香り★ハノイで"本物"のハス茶を買う!
    Lotusに夢中!★蓮の花に心奪われるハノイの夏★
    ハノイの大雨は激しい。無理せず雨宿りをキメるが吉!

    ベトナム ツアー最安値


    2017/8/20更新

    ベトナム 航空券情報


    ベトナム旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベトナムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノイ特派員

      ハノイ特派員
      Midori N
      タイ、イギリス在住時代に日々の暮らしをブログで紹介。人気投票で選ばれオムニバス版で書籍化など。現在は、訪日外国人観光客向けWebガイドブック・Planetyze(プラネタイズ)のライターとして活動中。日本とベトナムを行き来しながら、1年のおよそ半分をハノイで生活している。国内外問わず大の旅好き、美味しいもの好き。大学生になる一人娘、若いオス猫の母でもある。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集