海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 広島特派員ブログ > 震災から5か月半、東北への思いを被爆地ヒロシマから...

日本国内/広島特派員ブログ 旧特派員 河野友見

日本国内・広島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年8月25日

震災から5か月半、東北への思いを被爆地ヒロシマから。【がんばろう!日本 がんばろう!東北】


メール プリント もっと見る

震災から5か月半、東北への思いを被爆地ヒロシマから。【がんばろう!日本 がんばろう!東北】

あの3.11の震災から、はや5か月半が過ぎようとしています。
早いような、長いような5か月。
それでも、今もなお家や仕事を失い、家族と離れて避難生活をしている人が大勢いる現状が続いています。


街の復興はまだまだこれからです。
被災地が元の姿に戻り、住んでいた人たちが――と言っても、もう二度と帰ってこられない方のことを考えると胸が塞がるように痛みますが――その街に戻って生活ができるまで、これから先数年はかかるのではないでしょうか。


原発事故を抱えている福島の街は、その数倍か数十倍かかるのかもしれません。
放射能の恐ろしさ、後世に引き継がれる重荷というのは、形は違えど同じく放射能に苦しんだ(そして今も苦しんでいる人がいる)ここ広島でもよく理解している人が多いですし、力になりたいという考える人が少なくありません。
放射能の研究をしている広島大学や大学病院、放射能研究所のドクターや研究者たちが相次いで福島に診察や調査に行っているのも、やはり過去のデータを福島のために役に立てたいという思いが強いからです。
そして、被爆者三世である私自身も、現在の福島の皆さんの心情を思うと、察するに余りあると考えます。
今問題がなくても、子どもは大丈夫なのか、その子どもが数十年後に産む孫は大丈夫なのだろうか、という不安や恐れは、誰もぬぐえないものだからです。
その不安や恐れは、広島や長崎で戦後長い間、ずっと伝えられてきたものです。
きっと、福島ではこれから先、何年も何十年も、ずっとずっと話題にされることでしょう。
これはもう、変えられない現実になってしまいました。
このことに、本当に心が痛みます。


壊滅した街や放射能に汚染された街、海、そしてそこに生きる人たちのことを、いまこの世に生きている私たちは、絶対に忘れてはなりません。
そして、本当に必要なのは、被災者の心に寄り添い、できる限りの支援を、長い長い目で継続していかなくてはいけないということです。


半年前はまだ、あの街もあの人も存在したということ。
半年が経つ前に、今一度、日本全体が背負わされた重みを感じています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2011年8月25日
« 前の記事「原爆ドームから宮島へ直行!川下りと海上クルーズを楽しんで、2つの世界遺産を結ぶ「世界遺産航路」」へ
»次の記事「広島県の被災地に対する支援状況について 【がんばろう!日本 がんばろう!東北】」 へ
おすすめ記事
    広島特派員 新着記事
    もみのき森林公園
    広島の紅葉 帝釈峡
    広島の紅葉 宮島
    広島の紅葉 三瀧寺
    ekie オープン
    権八で美味しいもの
    世羅 おへそcafe&bakery
    広島の街の中でCarpを見つけよう
    1年前の同じ月に投稿された記事
    モスバーガー+ミスタードーナツ=MOSDO !! 広島に全国初一号店 !

    中国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■広島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 広島特派員

      広島特派員
      河野友見
      広島市出身。英国の日系出版社で編集に携わって以後、欧州の文化について各媒体に寄稿してきました。地元に腰を落ち着けてからは、広島の新たな魅力を再発見する日々。言わずと知れた観光スポット・グルメをはじめ、季節の情報や新たなトレンドなどをご紹介していきます。広島の日常・海外文化の防備録を綴るブログ「*Y’z Diary*」も毎日更新中ですので、是非ご覧ください。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集