海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/北杜・山梨特派員ブログ

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


CIMG2344.JPG
山梨県北杜市の、とても素敵なギャラリーを紹介します。『ギャルリイグレグ八ヶ岳』は、八ヶ岳のアートゾーンとも呼ばれる八ヶ岳南麓の一角、高根町にあります。
CIMG2320.JPG
お庭とウッドデッキには、木々の緑を揺らしながらさわやかな風が吹いていました。
CIMG2319.JPG
さあ、やわらかな色合いの黄色いドアを開けて、なかへ入ってみましょう。
CIMG2311.JPG
わ~、真っ白な空間に、ふわりと溶け込むようにアートが展示してあります。
CIMG2299.JPG
右を向いても、真っ白。
CIMG2315.JPG
くるりと後ろを振り向いても、真っ白。しんとした心持ちになります。
ゆったりと、展示されたアートを観ることが出来ました。
この日の催しは、前回6月の『FU RU E RU ふるえる』でした。水彩画、刺繍や七宝のアクセサリーなどが展示されていました。
CIMG2307.JPG
奥にも部屋があるようです。
CIMG2301.JPG
大きな窓のある明るいお部屋は、チェックの床がまた素敵ですね。
CIMG2317.JPG
アンティークな雰囲気の椅子と、ぴったり合っています。
それもそのはず。この建物は、「カントリーアンティークの第一人者」とも言われた故天沼寿子さんの山荘をリノベーションしたものなのだそうです。「カントリー雑貨」という言葉を日本に定着させた方だとか。この山荘は、そんな天沼さんにとって多忙な生活のなかで唯一充電できる場所。くつろげる部屋であり、ひらめきをくれる空間だったといいます。
天沼さん亡きあと、友人でありアーティストでもある佐藤友香さんが山荘を譲り受け、『ギャルリイグレグ八ヶ岳』を開館しました。
CIMG2337.JPG
こちらは、もうひとつの部屋です。
CIMG2338.JPG
この部屋には小さめのものが展示されていて、それを観ながら話し込む人が多いようでした。
こじんまりとしたスペースが、ちょうど落ち着く広さなのかもしれません。
3つの部屋を合わせると、約35平米あるそうです。
CIMG2308.JPG
こちらは化粧室に続く部屋ですが、小さな作品をいくつか展示してありました。ここも真っ白。
CIMG2325.JPG
じっくりと作品たちを観ていたら、オーナーの佐藤さんがハーブウォーターを出してくださいました。すっきりと美味しくて、とても穏やかな気持ちになりました。
CIMG2326.JPG
八ヶ岳南麓の緑に囲まれた心もしんとするような真っ白い空間で、アートを楽しみにいらっしゃいませんか?
日々の暮らしのなかでは味わえない、くつろいだ気分やひらめきを見つけられるかもしれません。


ただいま開催中の催しは『ナカムラミオ・斎藤由妃子COLORFUL展』
~7月30日まで(毎週土、日、月曜日)
*****************
『ギャルリイグレグ八ヶ岳』
開廊期間 4月~10月中の毎週土、日、月曜日(開廊日以外は電話予約により開廊します)
開廊時間 12:00~17:00
入場料 無料
若手の、そして地元に根差したアーティストを育てていきたいという思いから、ギャラリーの使用料は無料だそうです。(光熱費等実費と作品売り上げの一部はかかります)

住所 〒408-0016 山梨県北杜市高根町上黒沢1706-3
電話 080-6531-3131 fax 0551-46-2522
ホームページ http://y-yatsu.com/
アクセス http://y-yatsu.com/map.html
お車の場合 中央高速道、長坂インターから約5分
電車の場合 JR中央本線、長坂駅下車 タクシーで約10分


2018年7月 9日

CIMG1635.JPG
山梨のフルーツを使った、とっても美味しいセミドライフルーツがあるのをご存知ですか?
その名も『甲斐の恵み』。フルーツの酸味や風味を残したまま旨みを凝縮させたセミドライ。今ちょっとしたブームになっていますね。山を走るトレイルランニングのイベントで見つけました。
そこで試食してびっくり。こんなに美味しいドライフルーツ、食べたことない!
CIMG2352.JPG
甲府駅改札横のお土産屋コーナー以外にも『エルク』というアウトドアショップにも売っています。
このセミドライフルーツ、なぜ山登りやトレランなどで人気があるかというと、添加物や砂糖を一切使わずに作られていること。そしてパッケージが小さく食べきりサイズ。そのうえセミドライにしては珍しく賞味期限が1年間もあること。身体にいいもので栄養補給できて、山やランニングに手軽に持っていける食べやすい保存食だからなんです。
さーて、お味のほどは?(わたし個人の感想です)
CIMG2460.JPG
桃。甘みやさしく、噛むほどに濃い桃の味がします。食感がおもしろいです。かたいけどやわらかい感じ。桃ってピーチなんだよなあという洋風な香りがしました。(30g入り)税込み450円
CIMG2455.JPG
巨峰。さすが大粒ですね。甘ーい、と思ったら噛むほどに酸味が味わえます。半生のやわらかさなんだけど、皮の歯ごたえがしっかりしていて、旨みたっぷりです。(50g入り)税込み700円
このお値段はちょっと高いなあと思われがちですが、この皮の歯ごたえと実のジューシーさを出すためには、傷のついた巨峰では作れないんだそうです。出荷できる生で食べても美味しい巨峰を手作業で選別し作るからこその味。輸入モノのレーズンのようにオイルコーティングもしていません。美味しさと無添加にこだわりぬいた結果のお値段なんです。
CIMG2465.JPG
りんご。けっこうしゃきしゃきしています。これがいちばん生に近い食感かも。甘みさわやかほどよい酸味。子どものころ食べたおろしりんごを思い出しました。(30g入り)税込み400円
CIMG2471.JPG
ピオーネ。巨峰より皮もやわらかく、生に近い感じがしました。皮だけではなく全体の酸味が爽やかに感じられました。(50g入り)税込み700円
CIMG2476.JPG
柿。干し柿ほど甘くなく、食べやすいかたさ。しっとりとして噛むほどにコクの深い味わいです。(30g入り)税込み400円
CIMG2482.JPG
ラムレーズン。これだけは、グラニュー糖とラム酒、香料が入っています。ラム酒がふわりと効いていて、甘さと渋みがいい感じです。(60g入り)税込み700円
CIMG2489.JPG
ラムレーズンは、ヨーグルトやバニラアイスクリームにかけてもいいですね。いつものアイスがプレミアムなお味になります♩


山登りの行動食に、ハイキングのおやつに、スポーツいろいろに、手軽に美味しく健康的に栄養がとれるセミドライフルーツ『甲斐の恵み』をどうぞ!
もちろんお子さんのおやつにも、チーズと合わせたりしてワインのおつまみにも、ベイクドチーズケーキやパウンドケーキに入れて焼いてもいいですね。1年じゅう、山梨のフルーツを味わえるなんて幸せ感じます♩


***********************
『甲斐の恵み』のそれぞれの特徴を紹介したページ http://www.watanabeshoten.net/works.html
『甲斐の恵み』 Facebook https://www.facebook.com/kainomegumi/


2018年7月 4日

CIMG2297.JPG
もうすぐ梅雨明け。森の木陰や涼やかな川原で過ごしたい季節になりますね~ということで、山梨県は北杜市白州町の白州・尾白の森名水公園『べるが』を紹介します。
上の写真の向こうに見える森が『べるが』です。さっそく行ってみましょう。
CIMG2237.JPG
メインゲートを車で渡ると、木陰に駐車場が広がっています。
CIMG2242.JPG
駐車場前の総合案内所の建物には、最近きたばかりだというヤギの赤ちゃんたちが。可愛い~♩
CIMG2246.JPG
世界で2番目に大きな鳥、エミューもいるんですよ。オスとメスと1匹ずつだって言うけど、きみ、どっち?
CIMG2249.JPG
エミューの小屋からすぐのところには、イベント広場がありました。
最大800名の野外イベント施設だそうですが、家族やお友達とのバーベキューもできます。予約すれば手ぶらでOKバーベキューもできるみたい。
でも、『べるが』の魅力は、なんといっても自然そのまんまの森や川なんです。行ってみましょう。
CIMG2270.JPG
うっそうとした自然の森ですが、踏み固められた道があり、迷子になることはなさそうです。
方向音痴のわたしは、何度か迷いましたが(笑)
CIMG2266.JPG
ヤマアジサイかな~♩可憐ですねえ。
CIMG2256.JPG
ホタルブクロも、あちらこちらに咲いていました。季節の野の花を楽しみながら歩くのもいいですね。
CIMG2253.JPG
こんなふうに素敵な影を探して歩くのは、いかが? 木陰になっているので涼しいんですよね。
この日北杜市でも30℃越えの真夏日だったんですが、吹く風はさわやかでした。
CIMG2250.JPG
ここは「水路の見える散策路」です。日本百名水である尾白川に近づいてきました。
CIMG2269.JPG
尾白川堰堤です。もう川遊びをしているファミリーもいらっしゃいますね。
浅瀬では小さな魚たちや、おたまじゃくし、蟹なども観察できるみたい。
高低差10mほどの滝のなかには洞窟もあって、なかからも滝を眺められるんですよ。水の流れを利用したウォータースライダーで遊ぶこともできます。
CIMG2264.JPG
砂浜になっている場所も、ありました。
穏やかな流れに見えますが、川は天候によって変化します。川遊びはどうぞくれぐれも気をつけてくださいね。
CIMG2258.JPG
森のなかを散策しながら、総合案内所やカフェのあるセントラルゾーンに戻りました。
CIMG2284.JPG
ん? これなんだろう。「森の回廊」でした。
リスや野鳥たちが移動するといわれる、地上5mの高さを体感できるそうです。
CIMG2286.JPG
登ってみました。景色が違って見えますね~気持ちいい!リスいないかな~?
CIMG2288.JPG
見上げると、木々の言葉が聞こえてきそう。
CIMG2274.JPG
総合案内所の建物のなかには、トイレや売店のほか、地元野菜のランチが食べられるカフェ「サラダボウルkitchen」もあります。
CIMG2260.JPG
のんびりと森林浴して、美しい尾白川で涼む。
そんな森の木々と川の水に癒される休日を過ごしに、いらっしゃいませんか?
*****************
白州・尾白の森名水公園『べるが』
営業時間 公園 9:00~17:30 
定休日 水曜日(ただし祝日の場合は翌日、GWと夏休み期間中は無休)
入場料 無料(GWと夏休み期間中のみ、5歳以上ひとり200円かかります)
住所 〒408-0315 山梨県北杜市白州町白須8056
電話0551-35-4411 fax 0551-35-4412
(つながらない場合080-4074-2953)
宿泊施設やキャンプ場、天然温泉『尾白の湯』もあります。
イベントも盛りだくさんで、7月中旬からは、にじますのつかみ取り&炭火焼なども。
以下のホームページやお電話で、ご確認ください。
ホームページ http://www.verga.jp/
お車でお越しの場合 東京方面から中央道須玉ICより約20分 長野方面から中央道小淵沢ICより約20分
電車でお越しの場合 中央本線小淵沢駅下車 タクシーで約20分



2018年6月26日
2018年6月19日
2018年6月13日
2018年6月 5日
2018年5月29日
⇒すべての記事を見る

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集