海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/北杜・山梨特派員ブログ

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

CIMG0913.JPG
八ヶ岳も雪解けの季節を迎え、夏の顔を見せ始めました。(5月20日撮影)
CIMG0911.JPG
八ヶ岳、南アルプス連峰、富士山を望むことができる『八ヶ岳高原大橋』です。
ここから車で10分ほどのところにある、川俣川東沢渓谷の『吐竜(どりゅう)の滝』へ行ってきました。
CIMG0829.JPG
駐車場の前にある入口の看板です。さあ、出発。レッツゴー!
CIMG0831.JPG
あ、いきなり「クマ出没注意」の看板。
CIMG0833.JPG
渓谷道は、大きな石もたくさんある土を踏み固めた道です。スニーカーなどの歩きやすい靴の方がいいですね。
CIMG0837.JPG
少し歩くと、小海線の高架の下を通ります。小海線が通ったら、ラッキーかも。
CIMG0839.JPG
そして、その先の小さな橋を渡って。
CIMG0842.JPG
あ、ついた。のんびり歩いて6~7分ほどでした。
CIMG0849.JPG
おお! 『吐竜の滝』だ~!
CIMG0873.JPG
岩間からいく筋も流れ落ちる清流が、竜が水を吐くように見えたんですね。
ここ川俣川東沢渓谷は、日本名水百選のひとつ「八ヶ岳南麓湧水群」が集まって流れ出す清流です。
『吐竜の滝』は、その代表格。澄んだ湧水が集まって木々の緑と融合し、この滝を作り上げています。
秋には彩り豊かな紅葉が美しく、冬には滝の結氷も見られるそうです。
CIMG0857.JPG
夏には、苔も見ごたえがあります。滝の水分をたっぷり吸って、緑濃くイキイキとしていました。
気持ちいいなあ。うーん、リフレッシュする。
CIMG0894.JPG
足もとの小さな野の花に目を留めながら歩くのも、楽しいですよ。マムシグサが咲いていました。
CIMG0887.JPG
エゾノタチツボスミレだよね? 可憐~♩ 初めて見た。


『吐竜の滝』は、川俣川東沢渓谷道の入口でもあります。
「獅子岩橋」「行者の滝」「天狗岩橋」などを経由して「東沢大橋」へと歩くことができます。
『吐竜の滝』より先は、山道と言っていい足場の悪い道になるようです。山歩き用の靴の方がいいでしょう。
5月も半ばを過ぎましたが、この日(5月20日)朝10時の気温は12℃で、肌寒いくらいでした。
これから暑い季節がやってきますね。
清流の白と木々の緑と涼やかな風にホッとする、おススメの癒しスポットですよ。


『吐竜の滝』
住所 山梨県北杜市大泉町西井出8240-1

アクセス(駐車場まで)
【車】 中央自動車道・長坂ICから車で約20分
県道28号線、八ヶ岳高原大橋(黄色い橋)を渡り坂道を上ったあたり、「吐竜の滝」看板を左折
※28号線より先、道幅が狭いため普通車以上の車の通行はできません。
【電車】 JR小海線・清里駅下車、清里ピクニックバス(期間限定)で「吐竜の滝入口」下車、徒歩約25分
【タクシー】 JR小海線・甲斐大泉駅もしくは清里駅からタクシー約10分
(八ヶ岳観光タクシー Tel: 0120-48-1455/清里観光タクシー Tel: 0551-48-2021)
駐車場 15台程
北杜市観光協会「ほくとナビ」
https://www.hokuto-kanko.jp/guide/doryu-no-taki_waterfall-kawamata-valley



2018年5月22日

CIMG0619.JPG
北杜市明野町に、2018年4月27日オープンしたばかりの『梅之木遺跡』を紹介します。
約5000年前から500年にわたり縄文時代の人々が暮らした集落の遺跡です。
CIMG0628.JPG
『金生遺跡』『谷戸城跡』に続き、国史跡指定された北杜市3番目の国史跡『梅之木遺跡』では、縄文時代中期の「竪穴住居などの環状集落」と「道」と「水辺の作業場」がそろって見つかりました。
CIMG0636.JPG
北には八ヶ岳が、西には南アルプス連峰を望む、素晴らしく眺めのいい場所です。
CIMG0450.JPG
さて。縄文時代の人々が暮らしていたという竪穴住居、なかはどんなふうになってるのかな? さっそく入ってみましょう。
CIMG0456.JPG
あ、以外と明るい。天窓があるからなんですね。
5本の柱を梁でつなぎ、垂木を架けて組み立て、屋根には樹皮が張られています。
大きな平石で囲った炉は、暖をとるだけのものではないそうです。火の神が宿る神聖な場として住居の中心より奥に置かれ、呪術などに使われていたとも考えられています。
CIMG0460.JPG
この石斧は、竪穴住居再現に当たり、当時使われていたと思われるものをやはり再現して使おうと長野県伊那市産の緑色岩原石を削るところからスタート。不思議なことに当時、徒歩でしか行き来できなかったはずなのに、南アルプス連峰の向こうから運ばれたと考えられる石で斧を作っていたことがわかっているそうです。
CIMG0458.JPG
鹿の角も、住居の穴を掘る際ツルハシとして使われたということですが、手にとってみると、うん、ずっしりと重く硬い。
CIMG0468.JPG
屋根の部分には樹皮が使われています。木材もそうですが、樹皮の必要量が半端じゃなく、集めるのに苦労されたとか。縄文時代の暮らしには、豊かな森林があるからこそ成り立っていたんですね。
機械や釘などの金属をいっさい使わずに、縄文時代の道具、技術、素材にこだわり復元した土屋根の竪穴住居は、日本ではここだけ。世界じゅうでも珍しいということです。
CIMG0438.JPG
そして、『梅之木遺跡』の大きな魅力のひとつは、この川辺まで続く「道」です!
5000年前に使われていた「道」が見つかることはほんとうに稀で、奇跡的なことだそうです。たいていは、田畑にするため耕されたりしてわからなくなってしまうのだといいます。
CIMG0446.JPG
実際にこの土地の樹木を、手作りした石斧で切り倒して「竪穴住居」の木材にしたそうです。切り口を見ると、苦労の跡がうかがえますね。
CIMG0432.JPG
川の近くには、石焼きオーブンのような役目をしたと考えられる「集石土坑」が発掘され、再現してあります。
CIMG0611.JPG
入口には、ガイダンス施設があり、発掘された土器も展示してあります。


今後も「みんなでつくる縄文ムラ」と銘打ち、市民参加で竪穴住居づくりや植樹などを行い、縄文時代のこの土地の様子を再現していく予定だそうです。縄文時代に主食のひとつとされていたツルマメも、栽培中でした。
5000年前。この土地で、人々はどんな暮らしをしていたのでしょう。
県外から運ばれたと思われる石が見つかったことなどから、ほかの集落との交流があったこと、物々交換をしていたのではないかということなどが想像できるとのこと。
もちろん、まだまだ解明されないこともいっぱいあります。川辺で見つかった「敷石住居」は、日当たりも悪い湿気の多い場所にあり、住居としても小さすぎるし、なぜ石を敷いてあるのかも謎だそうです。
そんな縄文の暮らし、ちょっとのぞいてみませんか?
謎を解く新たな鍵を見つけるのは、あなたかも知れませんよ。


☆体験学習会のお知らせ☆
〈竪穴住居の屋根土をおろします〉
越冬期の保温のために屋根にのせていた土をおろします。作業後は、ジビエを試食しながら、縄文時代の「住」についてかたらいましょう。
2018年6月9日(土)午前9時30分から(小雨決行)
汚れてもいい服装で、手袋、飲み物、弁当、雨具持参のこと。先着10名まで。
前日までにお電話で申し込んでください。0551-25-2019(埋蔵文化センター)


『梅之木遺跡』
入場料無料 (受付なしで自由に観て歩くことができます)
駐車場あり トイレあり(バリアフリー多目的トイレ完備)
☆レクチャーしてほしい方、その他要望がある方などは、事前に問い合わせることをおススメします。
住所 山梨県北杜市明野町字梅木6315ほか
国史跡指定日 2014年3月18日 指定面積28,123㎡

問い合わせ先
『埋蔵文化センター』
住所 山梨県北杜市明野町上手8310
電話 0551-25-2019


2018年5月11日

CIMG0156.JPG
八ヶ岳南山麓清里の憩いの郷『萌木の村』。そのシンボルマークになっているこのトナカイ、素敵ですよね~♩
このトナカイを作っているお店『自然木工房ONO』を、紹介します。
CIMG9870.JPG
『萌木の村』の入口、『オルゴール博物館』のすぐ前に『自然木工房ONO』はあります。
お店の前には、切り出した自然のままの木がところ狭しと並んでいますね。その名の通り、自然木そのままのぬくもりを大切にした木工品を作っているお店なんです。
CIMG0181.JPG
扉を開けると、いた! ミニのトナカイさんたち。可愛い~♩ うーん。自然木のたたずまいがいいですよね。
価格は大きさによって違います。税込み1,100円から。価格表は → こちら
(以下、すべて価格は税込みです)
CIMG9841.JPG
もちろん、トナカイさんだけじゃありません。鳥の巣箱(3,800円から)や鳥の餌台(2,500円から)、ポストや表札、看板などもありました。
CIMG9793.JPG
あ、バードコール(800円)! ネジをひねると野鳥の鳴き声そっくりの音が出るんですよね~名前や日付けなども入れてくれるそうです。
CIMG9811.JPG
輪ゴム鉄砲(1,800円から)、なつかしい! お子さんに人気なんだそうですよ。
CIMG9848.JPG
キッチングッズもいろいろ。まな板お洒落だなあ。バナナホルダーもある! 一輪挿しも素敵♡ 輪切りの小さな丸太も、磨いてオイルを塗ればコースターや小皿に変身しちゃうんですね。
CIMG9843.JPG
動物も多彩。干支も全部そろっていました。ワンちゃんもビーグル、柴犬、ダックスフント、ほかにもまだまだ。
CIMG0176.JPG
そしてこのお店、なんといっても木工体験が楽しいんです♩
CIMG0164.JPG
ボンドを使って組み立てて顔や模様を描くタイプなら、お父さんやお母さんとご一緒に、3歳くらいのお子さんから体験されるそうですよ。
CIMG9779.JPG
じゃーん! わたしも体験してみました。鳥の巣箱作りに挑戦です。
CIMG9789.JPG
できた! 庭の木にかけておいたら、このなかに鳥の巣できるかな~わくわく!
CIMG9861.JPG 
わたしのような不器用さんでも、だいじょうぶ。小野さんが優しくサポートしてくださいます。小学校や幼稚園などに出張体験教室で教えることもあるそうです。とてもていねいに教えてくださるので、子どもたちも不安なく器具を持ち、自然木にふれ、香りや木肌などを身体で感じ、モノ作りの楽しさを実感できるんだろうなあと思いました。


清里の憩いの郷で、自然のままの木にふれて、そのぬくもりを肌に心に感じてみませんか?


『自然木工房ONO』
営業時間 10:00~18:00 (11月~3月は 10:00~17:00)
定休日 水曜日 (8月は無休 1月、2月は水曜日と金曜日)

住所 407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545 萌木の村
電話 0551-45-7717   FAX: 0551-45-7717
ホームページ http://koubouono.wixsite.com/koubouono



2018年5月 1日
2018年4月20日
2018年4月14日
2018年4月 6日
2018年4月 1日
⇒すべての記事を見る

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集