海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/北杜・山梨特派員ブログ

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

CIMG7463.JPG
八ヶ岳ビール『タッチダウン』も冬の季節。冬季限定シュバルツが2月4日から販売されています。
定番商品のピルスナー、デュンケル、清里ラガー、プレミアムロック・ボック、そしてシュバルツを、飲み比べしてみようと購入しました。
7-4.JPG
このビールは、『萌木の村』のレストラン『ROCK』に併設されている『八ヶ岳ブルワリー』で醸造しています。
「八ヶ岳の恵まれた天然水、本場ドイツで門外不出と言われているミュンヘン・バイエシュテファン研究所の優秀な酵母と、チェコ産の最高級アロマホップ、日本とカナダの厳選した麦芽を使用し、非加熱・無濾過で生きた酵母がそのまま入った”本物の生ビール”」だそうです。
CIMG7762.JPG
生ビールなので冷蔵庫での保管が必要なうえ、賞味期限が3カ月。酒屋さんや甲府駅のお土産コーナーなどにもなく、『ROCK』で購入しました。購入時「すぐに冷蔵庫に入れてください」との声かけが。生物なんですね。
では、さっそくいただいてみましょう。
(金額は、『ROCK』で購入したときのもの。すべて1ビン330mlです)


【ピルスナー】(税込み540円)アルコール度数5.5%
「すっきり爽やか、ほのかな香り 聖地ハラウタ産のホップを飲みつくせ」
とは、購入したビールと一緒に箱に入れてくれたミニパンフレットのコピーです。
CIMG7477.JPG
日本で一般的に飲まれているのは、このピルスナー。きれいな金色をしていますね。軽くて苦みもやわらかです。だけど軽いだけじゃない。旨みが濃くてしっかりしてる。そして爽やかな味わいでした。
☆ポテトグラタンアンチョビ風味を、ペアリング。


【デュンケル】(税込み540円)アルコール度数6.0%
「カラメル麦芽が生む、深い味わい ちょうどいい濃厚さがたまらない」
CIMG7764.JPG
ドイツ語で「暗い」という名のドイツはミュンヘン由来のデュンケル。濃い目のブラウンをしています。色とアルコール度数に重めの味を想像していましたが、これが以外にすっきりしてる。シャープな味わいです。そしてあとからしっかりと苦味がやってきました。
☆フランクフルト粗びきポーク&ハーブを、ペアリング。


【清里ラガー】(税込み540円)アルコール度数5.5%
「こんなマイルドな苦味を待っていた スーパーな爽快感で見も心も軽やかに」
CIMG7487.JPG
麦芽と米とコーンスターチ、ホップを使った清里ラガー。ピルスナーよりは濃い金色です。だけどピルスナーより軽くてすっきりしてる。『タッチダウン』のなかでいちばん軽いんですね。味わいは、なんともフルーティー!
☆鶏手羽唐揚げ粗塩&粗びき黒胡椒味を、ペアリング。


【プレミアムロックボック】(税込み650円)アルコール度数7.0%
「濃く、甘く、深く、洗練された味わい 長期熟成ビールは余韻を楽しめ」
CIMG7544.JPG
北ドイツアインべックに起源を持つ濃厚なビールが「ボック」。深い茶色をしています。アルコール度数に心していただきましたが、さっぱりした甘みが広がりました。これがモルトの甘みなんですね。苦みとあいまって深い味わいを出しています。芳醇という言葉がぴったりきます。
☆もつ煮込みを、ペアリング。


【シュバルツ】(税込み540円)アルコール度数5.5%
「チョコレート麦芽仕上げの大人ビール カカオを思わせる香ばしさにひそむ苦味はまさに大人のあなたのためのビール」
CIMG7533.JPG
ドイツ語で「黒」を意味する黒ビール、シュバルツ。まさに黒ビールの色ですね。黒ビールはちょっと苦手なんですが、あ、飲みやすい。しっとりしてる。美味しい。チョコレート麦芽で作っているだけあって、生チョコがぴたりと合いました。
☆生ブラックチョコ粉塩トッピングを、ペアリング。


うーん、やっぱり生は美味いなあ。重めのビールもすっきりと感じたのは、きちんと生だからなんでしょうね。
CIMG7782.JPG
ところで、『タッチダウン』という名の由来にも触れておきましょう。
清里開拓の父ポール・ラッシュ博士は、日本にアメリカンフットボールを最初に持ちこんだ人物。
ポール博士の開拓精神をつないでいきたいという思い、そして、感動するほどに美味しいビールを作るという「ゴール」を目指して、アメリカンフットボールのゴールである「タッチダウン」という言葉を置いたそうです。


『タッチダウン』には、春限定の「白樺ビート”生”」や、酵母が香るエールタイプの「ヴァイス」「アルト」などがあります。夏になったらまた、キンキンに冷やしていただきたいものです♩


レストラン『ROCK』
営業時間 11:00~22:00(ラストオーダー21:00)
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545 萌木の村
0551-48-2521
http://www.moeginomura.co.jp/ROCK/
八ヶ岳ビール『タッチダウン』オンラインショップ
http://www.yatsugatake-beer.com/



2018年2月22日

Moegi-gama_10.jpg
八ヶ岳南麓清里憩いの郷『萌木の村』にある、器と雑貨の店『萌木窯』を、紹介します。
Moegi-gama_2.jpg
『萌木の村』北側の入口にあるレストラン『ROCK』の隣りに『萌木窯』はあります。
Moegi-gama_8.jpg
カウベルの鳴るドアを開けると、陽の光が射しこむ明るい店内。
Moegi-gama_13.jpg
陶器がいっぱい。焼き物大好きなわたしは、うっとりしてしまいます。
Moegi-gama_9.jpg
様々な雰囲気の器がありました。大きなもの、小さなもの、手びねりのぬくもりが感じられるもの。色合いが楽しいもの、描かれた模様が目を惹くもの、などなど。
CIMG7398.JPG
さてこのお店、陶芸家の三井康生さんが27年前に始めた陶器中心のお店なんです。
これら土の味わいが魅力的な器が、三井さんの作品です。
窯元「日月窯」で、山梨ならではの焼き物をと、桃・李桃・桜桃・巨峰の灰の釉薬を使い、試行錯誤を続けながら35年以上オリジナルな作品を作りだしています。
紫色をした器は巨峰の木の灰釉の色だそうです。木の灰で巨峰のような色が出るなんて不思議です。
Horse.jpg
そして息子の三井亮さんは、陶芸家でもあり、鉄細工のアーティスト。この躍動感あふれる馬の彫刻、鉄で作っているなんて思えないほどやわらかな表情をしていますね。
CIMG7414.JPG
馬や動物の彫刻のほか、一輪挿しや蝋燭立て、ブレスレットやペンダントなどのアクセサリーも作っています。
CIMG7411.JPG
こちらは亮さんの奥様、奈緒美さんが古布で作られたお財布です。古布の模様を活かして刺繡をプラスしているところに遊び心を感じました。
AKN_1008.JPG
三井亮さんと奈緒美さんです。
「器もいろいろですけど、雑貨も、布製品、紙製品、木製品、アクセサリーや蝋燭まで、多種多様ですね」
そう聞くと、お話してくださいました。
「来ていただいた方それぞれに、暮らしを楽しむ気持ちを持ち帰っていただけたらと思って、これと限定することなく様々な視点からいいなと思ったものを揃えています」
うーん、たしかに。器ひとつ、雑貨ひとつ、手にとっただけでも暮らしを楽しむ気持ち、芽生えてきますね。
Moegi-gama_7.jpg
「食器っていいなって、お店に出るようになって思うようになりました」とは、奈緒美さん。
「器好きな人はもちろん、そうじゃない人も食器は誰でも使うものだから、世代を超えて人と人とをつなぐツールになっているんだって、来ていただいた方々とふれあううちに感じるようになったんです」
なるほど。日々使っている食器も、家族や一緒に食事をする人をつないでくれているんですね。


気軽に扉を開いて、器や雑貨のぬくもりに触れてみてください。日々を暮らすなかでの小さな楽しみが、ここ『萌木窯』で、見つけられるかも知れません。


『萌木窯』
営業時間 10:00~17:00
定休日 火曜日
住所 山梨県北杜市高根町清里3545萌木の村内
電話 0551-48-5080(10:00~17:00)

陶芸体験 体験時間 1~2時間程度
     手びねりコース(お1人1キロの土)4,000円 ろくろコース(お1人1キロの土)5,000円  
     小学生以下限定のお子さま手びねりコース(大人の半量の土)2,000円 
     詳しくはホームページをご覧ください。
ホームページ https://moegigama.webnode.jp/
オンラインショップ http://moegigama.com/


2018年2月15日

1.JPG
北杜市大泉町の『珈琲焙煎工房 豆玄(まめげん)』を、紹介します。
CIMG6940.JPG
28号沿いに大きくかかれた「珈琲」の文字。わかりやすく、それでいてすっきりとしたお洒落な看板です。
じつは4年ほど前、まだ未完成だったお店で珈琲を飲んだことがありました。ふたたび立ち寄ってみたのは、近隣の方が道を説明するときに「豆玄さんの先を曲がって」とか「豆玄さんの辺りの」と話してくれることが多いから。看板のわかりやすさだけじゃない、地元の方々にも愛されている珈琲屋さんになっているのだと思いました。
CIMG6935.JPG
お店は2階ですがスロープがあるので、赤ちゃんを連れたベビーカーのお母さんお父さんや、車椅子の方もいらっしゃるとか。駐車場も広くとってあります。
CIMG7311.JPG
木造りの店内には長い12人掛けのテーブルがひとつだけ。それが居心地をよくしているように感じました。天窓から射す陽の光が、やわらかく明るい雰囲気を作っています。
CIMG6922.JPG
薪ストーブも暖かく燃えていました。インパクトのある丸い形のスピーカーの横には、珈琲の木も。
CIMG6928.JPG
木の時計の横には、珈琲豆が入ったオブジェが飾られています。このグラデーションは、生豆から深入りの豆までの色の違いを表しているそうです。
CIMG6908.JPG
さっそく珈琲を淹れていただきました。
「おすすめがない珈琲屋です」そうお話ししてくださった店主の山本さんです。
珈琲には、大きく分けると「酸っぱい」「苦い」の味があって、どちらが好きか、あるいは苦手か聞かせていただいて、その人が美味しいと思える珈琲を探すお手伝いをさせていただきます、ということでした。
そしてそのために、「雑味のなさ」と「甘さ」をとことん追求するのが、豆玄のやり方。品質の高い「スペシャルティコーヒー」と呼ばれる豆を使い、甘さを引き出す焙煎をして、さらに雑味が出ないようていねいにドリップします。
CIMG6911.JPG
珈琲1杯、どれも税込み500円(ビスケット付き)です。
豆玄で、もっとも深煎りだという冬のブレンドをオーダーしました。じつはわたし、珈琲大好きで自分でもドリップして淹れるんですが、深入りの苦味の強い珈琲はちょっと苦手。でもせっかくだから、いろいろなタイプの珈琲を試してみようと思いました。
「ん?」ところが飲んでびっくり。苦みもコクもしっかりとした珈琲なのに、すっきりしてる、美味しい。雑味がないって、こういうことだったんだって実感しました。
春夏秋冬、季節ごとのブレンドがあります。飲み応えしっかりの冬のブレンドは、2月まで。
CIMG6934.JPG
こちらは、浅煎りのボリビア。2杯目からは、税込み300円(ビスケット付き)です。見るからに色が違いますね~ほのかに酸味を感じるすっきりとした味わいでした。あ、これ好き♡と思いつつ、ゆったりと味わいました。
ブレンド珈琲は、3種類。ストレート珈琲は、12種類。その他に季節のブレンドがあり、5月になるとアイス珈琲も始めます。カフェオレも紅茶もありません。珈琲を味わうための珈琲屋さんなんですね。
CIMG6148.JPG
販売している豆も、同じくブレンドが4種類。ストレートが12種類。(100g税込み604円~658円)
もちろん、その場で挽いてくれます。アイス珈琲や、珈琲器具などグッズも置いてあります。
珈琲を飲んでいるあいだ、何人かの方が豆を買いにいらっしゃいました。珈琲のことあれこれはもちろんですが、それに限らずみなさん楽しそうにおしゃべりして行かれます。珈琲を淹れて飲む。毎日のその身近なことのそばにある豆玄だからこその近しさがあるんですね。
CIMG6156.JPG
豆には、ひとつひとつていねいな説明が添えられています。この豆玄オリジナル缶のロゴ、お洒落~♩珈琲カップのなかの山に湧き水が流れていますね。
CIMG6132.JPG
オリジナルで作ってもらったというステンドグラスにも、やわらかな色合いでロゴが描かれていました。
そのステンドグラス作家さんの作品も、販売しています。
CIMG7308.JPG
ミニ焙煎機も置いてありました。焙煎からドリップの仕方まで、珈琲セミナーは随時受付中(要予約)。
ここでまた、驚いたことがありました。いつも自分が使っている器具や珈琲豆で、美味しく入れる方法を教えてくれるんだそうです。自分にぴったりの珈琲を見つけるお手伝い、ここまでやってくれるんですね。山本さんの「美味しい珈琲を味わってもらうためなら」というこだわりと潔さを感じました。
CIMG7325.JPG
今月から、ケーキセット(税込み750円)も始めました。
数量限定売り切れ御免で、手作りのガトーショコラとベイクドチーズケーキを出しています。


「おすすめ」がない珈琲屋さんで、あなたにぴったりの珈琲を探してみませんか?


『珈琲焙煎工房 豆玄』

営業時間  10:30-18:00(L.O. 17:00 / カフェ利用は17:30まで)
定休日   火・水(祝日の場合は営業)
全席禁煙
住所  山梨県北杜市大泉町西井出8240-8037
電話  0551-45-9830
ホームページ  https://coffee-mamegen.com/

オンラインショップ  http://shop.coffee-mamegen.com/



2018年2月 8日
2018年2月 1日
2018年1月25日
2018年1月18日
2018年1月11日
⇒すべての記事を見る

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集