海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港/香港特派員ブログ

香港/香港特派員ブログ 武田 信晃

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

6月12日から4年に1回のサッカーの祭典がロシアで開催されます。香港はイングランド・サッカーの人気が非常に高いこともありサッカーが1番人気のスポーツです。ある香港の大手デベロッパーが調査したところでは「有給休暇を取って試合を観戦する可能性が高い」と答えた人が約70%にも達したという結果も出ているほどです。(写真提供:Lan Kwai Fong Association)

IMG-755_s.jpg

では、どこで観賞するべきなのか? まずはスポーツバーがあります。香港ではいたるところにあるのですが、そこでは連日連夜、試合の中継が流されます。主な店を紹介しますと、
・Rula Bula(58-62 D’Aguilar Street, Lan Kwai Fong, Central)
・Ciao Chow(G/F, California Tower, 30-32 D’Aguilar Street, Lan Kwai Fong, Central)
・Havana(4/F, The Plaza, 21 D’Aguilar Street, Lan Kwai Fong, Central)
・Cali-Mex Bar & Grill(21 D’Aguilar Street, Central)
・Grand Central Bar & Grill(Shop R001, Roof Level, Civic Square, Elements, 1 Austin Road West, Tsim Sha Tsui, Kowloon)
・Delaney’s Kowloon(Basement, Mary Bldg, 71-77 Peking Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon)
・Dickens Bar(UG, The Excelsior Hong Kong, 281 Gloucester Road, Causeway Bay)
・Champs Bar and Restaurant(B1, The Charterhouse Causeway Bay Hotel, 209-219 Wanchai Road, Wan Chai)
などです。特に、中環(Central)にある香港最大の歓楽街、蘭桂坊(Lan Kwai Fong)では、大会の開催期間中、店によっては特別なプロモーションのメニューなどを用意しています。蘭桂坊は、毎回、店だけではなく下記の写真のように道に大勢の人でごったがえしているので、今回も現場にいくだけでも十分に雰囲気を楽しむ事が出来ると思います。

IMG_0374_lr.jpg

ほかにもショッピングモールでもパブリックビューイングみたいな形で試合を観る事が可能です。
・奥運(Olympic):奥海城(Olympian City)
・荃湾(Tsuen)Wan):荃新天地(Citywalk)
・観塘(Kuwn Tong):APM
・將軍澳(Tsueng Kwan O):東港城(East Point City)
・屯門(Tuen Mun):屯門市市場(tmtplaza)

上の5つのモールでは全試合を観賞をする事ができます。
・鑽石山(Diamond Hill)の荷里活広場(Hollywood Plaza)は19試合が放送されます。


香港滞在中でも日本代表や好きな国の試合を確実に楽しむ事が出来ると思いますので、世界のサッカーファンと一緒に盛り上がって下さい。


2018年6月18日

「香港時間(Hong Kong Moment)」。インパクトのある忘れられない店名ですが、香港好きの日本人方には非常に有名な板橋区大山にあるカフェです。

001.JPG

「オープンしたのは2015年1月です」と話すのはオーナーの区紹聰(Victor Au)さん。香港で生まれ育ち、カナダの大学を卒業後、香港島の金鐘(Admiralty)にある5つ星ホテルのIsland Shangri-Laで約6年間働きます。日本に関心があったこともあり2012年から14年まで語学留学して日本語を学びます。そして日本人の女性と結婚して香港に戻らず日本に住むことを決めました。「日本では、どこかの企業に就職するのではなく自分で何かしようと思いました。そこで香港らしいものを…と考えたのがきっかけです」

002.JPG

店の外観


まずは、エッグタルトなどの作り方を学ぶために一旦、香港に戻ります。「佐敦(Jordan)にある、老夫婦が営んでいる小さなベーカリーで学ぶことができました。そこにたどり着くまでに20件位断られましたけどね」と苦笑い。苦労はありましたが、約半年間勉強して東京に戻り出店準備を始めます。場所を探している時、不動産店から紹介された物件の1つがこの店でした。「価格が比較的安かったこと、人通りも悪くなかったからです。大山はちょっと深水埗(Sham Shui Po)に似ていてちょっと下町的というか、庶民の街という雰囲気も気に入りました」

003.JPG

香港に関するグッズも売られています


ビクターさんのお勧めは何と言っても「エッグタルト」(200円)と「香港ミルクティー」(350円。ホット、アイス)です。2つが一緒なったセットは500円です。エッグタルトはちゃんと「卵感」が出ています。また、香港ミルクティーは、ちゃんと「木綿袋を使って濾す」という香港ミルクティーの基本通りに作っているのでマイルドな味に仕上がっています。

004.JPG

エッグタルト(左)とアイスのミルクティー

005-1.jpg

ミルクティーを作る時に必要な木綿


香港デザートの定番「豆腐花」(420円)はオレンジの砂糖がかかっているオリジナル(香港式)とミルクをかけるマカオ式のいずれかを選びます。また、夏季限定で1日20杯限りの「マンゴータピオカ」(580円)はマンゴー、タピオカだけではなく、中にグレープフルーツの果肉をいれることで適度な食感と酸味を通してのさっぱり感を演出。何度も修正を加えて完成した1品です。

006.JPG

オリジナルの豆腐花

007.JPG

マンゴータピオカ


客は日本人が50%ですが、広東省生まれの人が20%、香港人の5%と広東語圏の人が合わせて25%…つまり4分の1を占めます。そう言った事もあり、筆者が何回か訪れた時は、ゲームをしている学生、スイーツを味わっている日本在住の奥様らがいましたが、全員が広東語を話していました。味についても「好味!(おいしい)」と言っていたことが本当の味という何よりの証明でしょう。正に店名通り「香港の時間」を提供してくれると思います。


★香港時間(Hong Kong Moment)
所在地:東京都板橋区大山町36-6
電話:03-3409-9920
営業時間:11:00-18:30(火、水、木定休)



2018年6月15日

料理のガイドブック「ミシュラン香港・マカオ版」で1つ星を獲得したこともある上海料理の店「紫玉蘭(Shanghai Garden)」。このほど中環(Central)の交易広場(Exchange Square)に旗艦店がオープンしました。(写真提供:Rubison Marketing Solutions)

Interior2.jpg

上海料理には昔ながらの調理方法や伝統メニューがある「本邦菜」と上海は中国各地から人々が集まって来る都市なのでその地方料理の特徴を取りこんだ新しいタイプの上海料理「海派菜」の2種類があります。こちらの料理は「海派菜」がメインの所です。店内は上海の貴族が住む大邸宅をイメージして、高級感あふれるデザインになっています。特に個室は、下の写真を見てもわかるように食事をするテーブルと椅子のほかにもソファが置かれており、ビジネスやパーティーなどにもぴったりです。

VIP Room.jpg

「烤鴨二食醬爆鴨崧脆脆卷(Duck Second Course - Stir-Fried Duck Cone)」(8個148ドル)は、鴨のバーベキューと鴨肉を春巻のように料理した1品です。また「脆煎灌湯小籠包(Pan-Fried Xiao Long Bao)」(4個72ドル)ですが、小籠包は日本人にも人気が高いですが、蒸すだけではなくさらに揚げるというユニークな発想からできた小籠包です。「松子繡球黃花魚(Deep-Fried Yellow Croaker with Pine Nut in Sweet and Sour Sauce)」(278ドル)という「キグチ」という中華系の人々に人気の魚を揚げた魚料理もあります。

醤爆鴨崧脆脆卷 Stir-fried duck cone.jpg

烤鴨二食醬爆鴨崧脆脆卷

脆煎灌湯小籠包Pan-fried Xiao Long Bao.jpg

脆煎灌湯小籠包

松子繡球黃花魚Deep-fried yellow croaker, pine nut, sweet and sour sauce.jpg

松子繡球黃花魚


香港ではあらゆる中華料理が食べられますが、ここは落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと時間をかけて中華料理を楽しむ事が出来る場所です。ぜひ試してみて下さい。


★紫玉蘭 / Shanghai Garden
所在地:Shop 402, 4/F, Exchange Square, Central, Hong Kong(MTR中環(Central))駅B1出口から徒歩3分
電話:2180 7288
営業時間: 11:00-翌14:30、18:00-22:30


2018年6月10日
2018年5月18日
2018年5月16日
2018年5月 6日
2018年5月 4日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港特派員

    香港特派員
    武田 信晃
    新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集