海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港/香港特派員ブログ

香港/香港特派員ブログ 武田 信晃

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


茘枝角(Lai Chi Kok)は元々繊維系の工場が多かったこともあり今でもファッション関係の企業がオフィスを構えています。また、2000年代に入ってからは茘枝角駅南側はデベロッパーが積極的に開発して新しい高層マンションが立ち並んでいます。「D2 Place」というショッピングモールには「大公館(Greater China Club)」という会員制の高級クラブがあります。そこには高級広東料理「萬慶(Man Hing)」、ジャズラウンジ、屋上に作られたルーフガーデン、アート作品などがあります。そんな中で「Cadenza」というラウンジもあります。ここに沖縄出身のシェフ川端正人さんがエグゼクティブシェフに就任しました。川端さんはこれまでにパリの有名レストランなどで腕を振るってきたフレンチ料理の料理人ですが、エグゼクティブシェフ就任に伴い、新メニューが誕生しています。(写真提供:Jin Communications)

001 Greater China Club - Jazz Lounge (3).jpg


メニューを見てみますと、タイの刺身を南フランス風のドレッシングをかけたカルパッチョの「法國南部鯛魚刺身薄切配香草及法式酸醬(Southern French-style Sea Bream Carpaccio with Ravigote Dressing)」(会員158ドル、非会員178ドル)、「焦糖鵝肝凍批配東方香料燴鰻魚(Caramelised Terrine Foie Gras with Stewed Eel with Oriental Spices)」(会員198ドル、非会員218ドル)、フォアグラのテリーヌにウナギが載っている日本とフレンチが融合した料理です。「皮諾紅酒香料烤鴨胸(Roasted French Duck Breast served with Pinot Noir Wine Sauce with Herbs)」(会員218ドル、非会員238ドル)は鴨の胸肉のローストです。

002 Cadenza-Sea Bream Carpaccio (Green).jpg

「法國南部鯛魚刺身薄切配香草及法式酸醬(Southern French-style Sea Bream Carpaccio with Ravigote Dressing)」

003 Cadenza-Caramelised Terrine Foie Gras (light blue).jpg

「焦糖鵝肝凍批配東方香料燴鰻魚(Caramelised Terrine Foie Gras with Stewed Eel with Oriental Spices)」

004 Cadenza-Roasted French Duck Breast(Purple).jpg

「皮諾紅酒香料烤鴨胸(Roasted French Duck Breast served with Pinot Noir Wine Sauce with Herbs)」


非会員価格があるように、大公館は会員制クラブではありますが、電話やウェブサイトから事前に予約すれば一般の方も利用可能ですので、ぜひトライしてみてください。もし会員になりたければ個人であればもちろん申し込む事も可能です(入会費6888ドル、月300ドル)。


★Cadenza
所在地:Unit A, 10/F, D2 Place, 9 Cheung Yee Street, Lai Chi Kok, Kowloon, Hong Kong(MTR茘枝角(Lai Chi Kok)駅D2出口から徒歩2分)
電話:2743 8055
営業時間: 12:00~翌0:00(日~木曜)、12:00~深夜1:00(金、土曜)


2018年8月13日

香港はビジネス客、観光客が多いので宿泊需要が長年に渡って不足気味で料金が日本より高いことがしばしばです。今回紹介する「SAV」というホテルは九龍(Kowloon)の紅磡(Hung Hom)地区という場所にあり、日本人が多く住む黄埔(Whampoa)が隣にあるというところです。九龍地区のメインの繁華街である尖沙咀(Tsim Sha Tsui)などからは少し離れているのでリーズナブルな価格あるにもかかわらず、尖沙咀とホテルを結ぶシャトルバスもあるので意外に利便性が高いホテルです。

001.JPG


002.JPG

2015年に完成したのでまだ3年という新しいホテルです。部屋自体は18平方メートル位とこぢんまりとしているのですが、清潔感があるのは日本人には大きなポイントだと思います。ユニークなのは部屋の照明を7色に変えることができる点です。気分に合わせてかえてみてはいかがでしょうか? また、窓も大きく取っているので自然光がたくさん入ってきて明るい部屋というのが印象的です。

003.JPG

005.JPG

また、各部屋には4G対応のスマートフォンが設置されています。これは宿泊者用に無料で貸し出しているという嬉しいサービスです。しかもデータ量は無限に使えます。さらに日本を含めた10カ国・地域には国際電話を無料かけられます。ですので、日本のスマホを持ってきてローミングや現地のSIMカードを買う必要はないのです。もちろんホテル内は無料のWiFiサービスがあります。

004.JPG

レストランは「紫荊閣(BAUHINIA KITCHEN)」という中華レストランがあり、飲茶と広東料理を楽しめます。また、「MOREISH & MALT」はアメリカンレストランで、その中でもチキンウィングがお勧めです。面白いのは中2階にある「The Sonic Garden」で、屋外でカクテルなどを楽しむことができる屋外のバーのようなところです。また、小さいながらもフィットネスクラブも完備しています。

007.JPG

また、日本人が近くに住んでいると書きましたが、ここから徒歩10分弱位で黄埔という地区につきます。ここにはあのAEONがあるので日本の食材などが恋しくなったらここで調達してもいいと思います。


★SAV
所在地:83 Wuhu Street, Hung Hom, Kowloon, Hong Kong(MTR何文田(Ho Man Tin)駅B1出口から徒歩10分)
電話:2275 8808
チェックイン:15:00、チェックアウト:11:00



2018年8月 8日

香港にもベジタリアン/ヴィーガンがいます。食の都である香港は実はかなりベジタリアン料理の店が存在しています。今回紹介する「心齋(Pure Veggie House)」は、数あるベジタリアンの店の中でも有名な店です。(写真提供:Jin Communications)


2007年に開業したのですが、ベジタリアン/ヴィーガン向けの中華料理を食べられる…しかも飲茶から四川料理まで幅広いので人気を博しています。メニューの数にして150種類もあり、オーガニックの野菜を使用している徹底ぶりです。店は3500平方フィート、座席数は110と規模の大きなレストランです。

Interior (1).jpg


まずはコース料理から紹介します。松茸を使った6種類の料理が出てくるのがあります(498ドル)。食べるには最低2日前に予約が必要という手の込んだ料理です。松茸とカシューナッツを焼いたもの、松茸のチャーハン、松茸のサラダなどが出てくる、まさに松茸三昧のコースです。

002 6-course Matsutake-themed menu.jpg

松茸のコース料理


「牛肝菌餃(Porcini Mushroom Dumplings)」 (3個38ドル)は、きのこのポルチーニ(ヤマドリタケ)を使った餃子のようなものです。飲茶スタイルですからセイロに入れられて運ばれてきます。「香辣三脆(Deep-fried Frozen Tofu, Bean Curd Puff & Fried Dough Stick with Red Chill )」(128ドル)は厚揚げ、百頁豆腐(木綿豆腐よりも固い豆腐)などにナッツを加え、赤唐辛子と青唐辛子で炒めた料理です。辛さが病みつきになります。

003 Porcini Mushroom Dumplings.jpg

牛肝菌餃(Porcini Mushroom Dumplings)

004 Stir-fried Frozen Tofu with Chilli.jpg

香辣三脆(Deep-fried Frozen Tofu, Bean Curd Puff & Fried Dough Stick with Red Chill )


デザートは「士多啤梨果凍(Strawberry Pudding)」(43ドル)は、いちごプリンということになりますが、これはレシピは秘密というものだそう。どうやって作っているのかは読者の方が食べて感じてみてください。

005 Strawberry Pudding.jpg

士多啤梨果凍(Strawberry Pudding)


これまでは、ある肉料理をベジタリアン料理として作った場合、似せていますがどうしても物足りないものがありました(当たり前と言えば当たり前ですが)。しかし、この店は肉を間違って食べているのではないか=つまりオリジナルの料理を食べているのではないか…と勘違いしてしまいそうな料理を楽しめます。香港ならではの「中華のベジタリアン料理」を楽しんでください。


★心齋(Pure Veggie House)
所在地:3/F, Coda Plaza, 51 Garden Road, Central, Hong Kong(MTR中環(Central)駅からタクシーで10分)
電話:2525 9552
営業時間: 11:00~22:30



2018年7月30日
2018年7月25日
2018年7月21日
2018年7月16日
2018年6月29日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港特派員

    香港特派員
    武田 信晃
    新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集