海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 中国/香港特派員ブログ

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

中国/香港特派員ブログ 武田 信晃

中国・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

銀座にあるバー「Iron Fairies」。バンコク在住のオーストラリア人インテリア・デザイナーのアシュリー・サットン氏がインテリアを手掛けていて、不思議な空間を演出していることで知られています。そのアシュリー氏が香港に「Iron Fairies」にも同じバーをオープンさせました。

バーのテーマはサットン氏がデザイナーになる前に働いていた炭鉱。その炭鉱をイメージするものをインテリアに使用しています。また、その炭鉱を舞台にした童話も出版し、それに出てくる世界観も表現しています。例えば、炭鉱で使う鉄の道具や1万を超えるハンドメイドの蝶がぎっしりと天井からぶら下がっている圧倒的な世界であり不思議な空間です。座席数は80で、個室も6つありますが、個室の一部はドアをあけると石炭を燃やす炉の中にソファが置いてあるというユニークなデザインになっています。

001 IF_23Sep16_0072.jpg

店内のようす

002 IF_21Sep16_0644_Hi_Res.jpg

個室の雰囲気

000 NT4A1805.jpg

サットン氏


ドリンクを見てみると、ジンベースで、クランベリーのコーディアル、ユズ、卵に、なんと乾燥させたタコが入っている「Pink Tako」(110ドル)。ウコン、大根、レモンが入った「Underground Martini」(120ドル)などがオススメのカクテル。シャンパン9種類(117~4700ドル)、ワインはイタリア、スペイン、フランス、アルゼンチン産など世界各国のワインがあり、白が5種類(118~1150ドル)、赤6種類(118~1280ドル)となっています。バーボン、テキーラ、ウォッカといったバーには欠かせないアルコールもいろいろあります。料理は「Old Man Milin’s Brit Burger」(158ドル)はビーフのほかにチーズ、ベーコン、レタス、トマト、タマネギが挟まったスタンダードなハンバーガー。「Australian Glass Fed Sirloin Steak 10 oz」(208ドル)はバターとブロッコリー、タマネギがついた280グラムのステーキです。

004 Pink Tako (Cocktail).jpg

Pink Tako


観光をして香港をゆっくりと感じたい方は、この独特の世界感があるバーを訪れてみてください。


★Iron Fairies
住所:LG/F, Chinachem Hollywood Centre, 1-13 Hollywood Road, Central, Hong Kong
アクセス:地下鉄中環(Central)駅D2出口から徒歩5 分
電話:+852 2603 6992
営業時間:18:00~翌2:00 (月~木曜)、17:00~翌3:00 (金、土曜)、17:00~翌2:00 (日曜)


2017年3月24日

アメリカの人気アニメを映画化して世界でヒットしたハリウッド映画『アイアンマン』。この映画をテーマにしたアトラクションが2017年に1月に香港ディズニーランドに登場しました。名前は「Iron Man Experience」でトゥモローランドにあります。ライド型のアトラクションで、東京ディズニーランドで言えば「スター・ツアーズ・ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」に近いアトラクションです。

001 iron man.jpg

流れとしては、ディズニーの典型的なアトラクションです。入口にはいると、一方通行の通路になり、通り沿いにはアイアンマンのポスターであったり、トニー・スタークが発明したものを展示したり、アイアンマンのスーツなど、まさにアイアンマンの世界を描いたものが続いています。さらには香港の街のミニチュア等も展示されます。


しばらく進むと、映画館の座席のような場所につき、着席します。3Dのメガネをかけてアトラクションがスタートします。自分は下の写真にある「アイアン・ウィング」に搭乗するという設定で、アイアンマンと一緒に上空へ飛び立ちます。目指す場所は、西九龍地区にあるスターク・タワーで、そこまでには香港の有名なつり橋の青馬大橋、ビクトリア・ハーバー、香港島の街並みが現れます。そしてヒドラという秘密犯罪組織と戦うという設定です。

002 Iron_Wing.jpg

003 Photo_2-IMX_stark-tower.jpg

アイアンマンのショップには、キーホルダー、人形、ピンバッジなど200種類以上のこキャラクターグッズがあります。とにかくアイアンマンづくしの新アトラクション、体験してみて下さい。


As to Disney artwork, logos and properties : ©Disney



2017年3月18日

世界的な日本食ブームがまだ続いていましすが、香港においてはブームと言うより日本におけるイタリア料理のように、日本食が定着しています。そこでよく言われるのが、外国人の経営者による日本料理店または外国人料理による日本料理店の存在で、これに疑問を呈する人もいます。しかし、それを言ってしまうと、日本の日本人によるイタメシ店もフランス料理店などもほとんどがダメになってしまうので、それは言わない方がいいと思っています。


料理ですから、本人が満足すればいいのですが、今回紹介する日本料理店はドイツ人のライナー・ベッカー氏はロンドンで創業したZUMAというレストラン。今ではイスタンブール、ドバイ、マイアミ、ニューヨークなどで成功している有名レストランです。香港にも支店があります。同店は皆が集まる場所ということで居酒屋をコンセプトとして打ち出しています。それに高級感を足したというインテリアですが、個人的には居酒屋というよりは、ドイツ人オーナーということで、多くの人があつまるパブやスポーツバーに高級日本料理店を当てはめた印象です。それを具現化したのが日本人デザイナーの村松功勝氏で、店に入ると、デートにでも、ビジネスでも使える雰囲気であることがすぐわかります。

001 ZUMA - Restaurant (3).jpg

002 ZUMA - Lounge (3).jpg

料理ですが外国人ならではのセンスを生かしたコンテンポラリーな日本食を感じることができます。コンテンポラリーといっても、決して奇をてらった料理を出すのではありません。実際に食べるとすんなり受け入れられる味です。例えば、中トロの刺身は、わさび醤油で味わうのではありません。スライスしたトウガラシやゴマ、ニンニクなどと一緒に食べるのですが、意外に醤油味とあったりするのです。鯛のグリルはミソのマリネで食べると言うこれまた新しい味を提供してくれます。

003 ZUMA - Chu toro sashimi with red chili and garlic.jpg

004 ZUMA - Miso marinated black cod.jpg

外国人には有名であること、バーも併設されているということで香港在住西洋人が非常に人気があるレストラン。香港支店は2007年にオープンと10年の歴史があります。競争の激しい香港で同じ場所で10年も経営できているのはなかなかできない事です。日本にはまだ支店はありませんから、もし新しい日本食の体験として訪れてみるのもいいかもしれません。


★ZUMA
住所:Levels 5 & 6, landmark, 15 Queen’s road, Central, Hong Kong
アクセス:地下鉄中環(Central)駅G出口から徒歩3 分
電話:+852 3567 6388
営業時間:12:00~15:00、18:00~23:00 (月~土曜)、11:00~23:00 (日曜)



2017年3月12日
2017年2月27日
2017年2月20日
2017年2月15日
2017年2月 3日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ