海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港/香港特派員ブログ

香港/香港特派員ブログ 武田 信晃

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

中環(Central)に国際金融中心商場(ifc mall)というショッピングモールがあります。有名ブランドのほか、有名料理店が軒を連ねているのですが、そこに「Dear Lily」というバーがオープンしました。人を圧倒するような内装で客を魅了するバーです。(画像提供:Dining Concept)

Interior_5.jpg

店のデザインをしたのは、バンコク在住のオーストラリア人のアシュレー・サットンで、バンコクや東京でも彼がデザインしたバーがあります。特に香港では現地パートナーに恵まれた事もあって2016年から「Ophelia」、「J. Boroski」、「Iron Fairies」、「Yojimbo」と次々とバーをオープンさせて、これが5店舗目となります。いずれのバーもテーマに沿った豪華絢爛な内装で有名で、今回の「Dear Lily」では、ゆりの花を中心に何百、何千もの花を使った内装を施しています。テーブルなどはハート形のデザインにしてメルヘンチックにしています。ここからはビクトリアハーバーを挟んで九龍側の景色も楽しめるところで、デートスポットのみならず、観光スポットにもなりそうな予感です。

Interior_8.jpg

Interior_15.jpg

Interior_2.jpg


バーと言えばカクテルですがバーがお勧めするシグネチャーは120ドル一律料金です。「MADEMOISELLE LILLY」はウオッカにクランベリージュース、ライムジュース、ラズベリーのピューレ、ハイビスカスのシロップで割った美しい赤い色のカクテルです。「Green Fairy」はラムベースで、グリーン・シャルトリューズ、ゆず、パイナップルジュース、ココナッツウォーター、バジルを加えたものです。

Mademoiselle Lilly_1.jpg

「MADEMOISELLE LILLY」


ショッピングモールにあるということで、バーであるにもかかわらず食事を充実させました。「Buffalo Chicken Wings」(118ドル)は、セロリとブルーチーズと合わせて食べます。「Curly Kale Salad」(128ドル)はキモア、はつか大根などによるサラダです。「Wild Mushroom Risotto」(178ドル)はきのこのリゾットのこと。「Grill」という項目がって、「Norway Salmon」(208ドル)、「12oz Beef Ribeye」(378ドル)など、さまざまな素材のグリルした料理があります。

Curly Kale Salad with Quinoa, Dry Seeds, Red Radish and Orange Vinaigrette_2.jpg

「Curly Kale Salad」


とにかく店に関しては、一度訪れて内装を含めて店全体を体験するのがベストだと思います。


★Dear Lily
所在地:Shop 4010, Level 4, ifc mall, 8 Finance Street, Central, Hong Kong(MTR中環(Central)駅からD徒歩5分)
電話:2771 6060
営業時間:日、月曜:11:00-翌0:00、火、水曜:11:00-翌1:00、木~土曜:11:00-翌2:00



2018年4月14日

香港人はお金を稼ぐことに関心が高い一方で、芸術に注目を寄せる人は、香港在住西洋人位でした。ところが、香港人の生活水準が上がり、数年前から芸術に関心を持つ人が増えました。今ではあの「アートバーゼル」が香港でも毎年3月に開催されるほとです。そんな中、ビルなどの壁に絵を描く「ストリート絵画」的なものがSOHO地区周辺で増えてきました。「インスタ映え」するということで新しい観光スポットになっています。

001.JPG

まずは、マルチな才能を見せるタレントの香取慎吾が作品から。2018年3月24日~26日の3日間の24時~朝6時、各6時間ずつ計18時間かけて、荷李活道(Hollywood Road)とヒルサイドエスカレータ―が交差する地点に製作したものです。これは香港政府観光局(HKTB)のプロジェクトの一環で、香港各地で開催される「香港アートマンス」に連動して行われました。

002 HK ArtsMonth_Shingo (3).JPG

香取慎吾が描いた作品(写真提供:HKTB)


嘉咸街(Graham Street)と荷李活道の交差点にある「G.O.D.」という店の側面の壁は、香港の古いスタイル住宅である「唐楼」を描いた絵が描かれていて、ここが世界中の人が「インスタ映え」をしにやってくる場所として最も有名です。

003.JPG

必ず誰かが写真を撮っています


荷李活道沿いの北斜め向かいにあるには「hotel madera hollywood」というホテルがありますが、そのうえには喜劇王チャーリー・チャップリンやマリリン・モンローの絵が壁にドーンと描かれています。

004.JPG

映画スターの絵が掲げられています


嘉咸街から1本西にある通り卑利街(Peel Street)と荷李活道の交差するところにある建物=ホテルの斜め向かいにも花飾りをつけた女性が笑っている店があります。絵には「Uma Nota」と書かれているのですが、実はこの名前はブラジル料理の店名です。店に入ってブラジル料理を堪能してもいいでしょう。

005.JPG

こちらも楽しくなるような笑顔です


レストランの壁の絵と言えば、もう1つあります。嘉咸街と士丹頓街(Staunton Street)の交差点に「Brooklyn」というレストランについてです。こちらも側面の壁はブルックリンをイメージした絵柄です。

006.JPG

色とりどりの明るい絵です


最後は場所が変わって銅鑼湾(Causeway Bay)にある「利園(Lee Garden)」というショッピングモール兼オフィスビルがあります。そこの正面入口横の歩道に絵が描かれています。

007.JPG

カラフルで、かなり長い絵なのがわかります


このように、「芸術に目覚めた」香港は、これからこういった場所が増えていく流れは止まらないと思います。


2018年4月 5日

香港市民にとって欠かせない公共交通機関はミニバスです。2階建てバスでは網羅できない細かなエリアをカバーしているからです。特に赤いミニバスは個人事業者である人が多いのですが、バスの窓に行き先や値段をアクリルのボードで掲げられています。この看板を製作しているのが巧佳小巴用品(Hawk Ltd.)というお店で、昔はたくさんあったこういった店も今ではこの店のみが販売をしています。

003.JPG

この店のオーナーの麦錦生は2016年ごろからミニバスをモチーフにしたキーチェーンの販売を始めたところ、香港らしいということで人気になり、香港市民に知れ渡ったほか、観光客も訪れるようになりました。

006.jpg

キーチェーンは例えば「上水 / Sheung Shui」と香港の地名が書かれたものから、「姐妹 / The Best Sister」と書かれているものまでいろいろなタイプのキーチェーンがあります。サイズは横5.8 x 縦4.2cmで値段は30ドルになっています。オーダーメイドもできますが、麦さんによる手書きは45香港ドル(製作日数は3営業日)、彫刻してもらう場合は90ドル(同7営業日)なので、香港に着いたらすぐに訪れた方がいいでしょう。

002.JPG

004.JPG

日本人客も多いようですが、麦さんの人柄もいい人なので言葉があまり通じなくても意図を感じとってくれるはずなので、気軽に訪れてみてください。そして、和歌山県にいた猫の駅長「たま」ではないですが、麦さんが飼っている猫も顧客さんを迎えてくれることでしょう。それはさておき、「これぞ香港」というお土産。ぜひゲットしてみて下さい。

005.JPG

★巧佳小巴用品(Hawk Ltd.)
所在地:M/F., 39 Battery Street, Jordan, Kowloon, Hong Kong
電話:9017 9587
営業時間:10:00~19:00(土、日定休)



2018年3月30日
2018年3月23日
2018年3月21日
2018年3月 6日
2018年2月26日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港特派員

    香港特派員
    武田 信晃
    新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集