海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ハワイ  > ホノルル特派員ブログ > ハワイアンモンクシールがワイキキのビーチで日光浴

ハワイ/ホノルル特派員ブログ 旧特派員 チャーマ 佳子

ハワイ・ホノルル特派員が現地からハワイ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年4月 1日

ハワイアンモンクシールがワイキキのビーチで日光浴


メール プリント もっと見る

ハワイアンモンクシールがワイキキのビーチで日光浴

monk%20seal1.jpg アロ〜ハ! 今日から4月。ここずっと晴天が続いていたオアフ島ですが、今日は午後にパラパラと雨が降りました。乾燥ぎみだったダイヤモンドヘッドも心なしか潤った感じ。恵みの雨といったところでしょうか。
 さて、今日ワイキキを歩いていたところ、ビーチにハワイアンモンクシール(あざらし)が一頭ビーチに寝そべっているのを発見。
 ハワイアンモンクシールは絶滅危惧種のため保護されています。今日も保護機関から派遣されたボランティアの人たちがモンクシールの回りに立ち入り禁止のテープを張って、現場で見張っていました。ハワイのビーチには時々このハワイ特有のあざらしがやって来て昼寝をするのですが、人が多いワイキキに来るのはとても珍しいことだと、ボランティアの1人が言っていました。
 また、そのボランティアの話によると、ハワイアンモンクシールは現在世界に1100頭ほどしか残っていないのだとか。そのため、このあざらしがビーチにやって来た時は、人々が興味本位で近づいてみたり、触ったりしないように、見張るのだそうです。ハワイアンモンクシールの体には番号が記してあり、それによりどのあざらしかが分かるようになっているのだとか。ちなみに今日ワイキキで日焼けを楽しんでいたのはアルマという名前の雌だそうです。あざらしがビーチに滞在する時間はまちまちで、今日は早朝から夕方まで1日ワイキキでのんびりしていったよう。
 ハワイ滞在中にビーチでハワイアンモンクシールを見かけたら、遠くから見守りましょう。近づいたり触ったりすると法律で罰せられますから、憶えておいてくださいね。
(写真の手前にある黒い物体がハワイアンモンクシール。)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2008年4月 1日
« 前の記事「待望のノードストロームがアラモアナにオープン!」へ
»次の記事「あの「クリバンキャット」が復活!」 へ
おすすめ記事
    ホノルル特派員 新着記事
    ハワイのインターナショナルマーケットプレイスで探すスイムウェア
    アラモアナセンターでちょっと一息できるカフェスポット♡
    ワイキキのおすすめレストラン8件のご紹介♪
    アラモアナセンターでファーマーズマーケットが始まりました!
    ハワイのラーメン屋さん「えぞ菊」の夏のおすすめメニュー
    2017年ハワイ$10以下の食べ物系お土産大特集!
    2017年ハワイの$10以下のときめくお土産大特集!
    夏休みに家族で楽しめるハワイのオプショナルツアー・自由研究にできるアクティビティまとめ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ゴールデンウィークのイベント情報
    ホノルル美術館のイブニングイベント

    ハワイ 航空券情報


    ハワイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ハワイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ハワイにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ホノルル特派員

      ホノルル特派員
      チャーマ 佳子
      フリーライター。東京都出身。1986年に旅行先のハワイで夫と出会い、以来オアフ島ホノルル在住。フリーペーパー編集、ラジオのアナウンサーなどを経て、現在に至る。趣味はハワイアン・キルト、料理、雑貨探し。ハワイ暮らしは長いが英語は未だ学習中で、最近は現地のプリスクールに通う娘に発音を直されることもしばしば。娘との楽しい日々をいつか絵本にできたらと思う今日このごろ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集