海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ハワイ  > ホノルル特派員ブログ > 毎年2月はホノルルに移動遊園地がやってくる!

ハワイ/ホノルル特派員ブログ 旧特派員 グリーン 麻里

ハワイ・ホノルル特派員が現地からハワイ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月27日

毎年2月はホノルルに移動遊園地がやってくる!


メール プリント もっと見る

毎年2月はホノルルに移動遊園地がやってくる!

早いものであっという間に1月も後半に入りました。今年もハワイでは年間を通してイベント、パレード、そして日本とハワイの友好を確かめるお祭り等々、毎月大きなものから小さなものまで盛りだくさんです。観光客の方の目に触れたり、参加できるイベントはどうしてもワイキキ周辺のものに限られてきます。
そこで今回は観光客の方もご存知の有名イベントではなく、ローカル色満載の歴史あるプナホウ・スクール・カーニバルについてご紹介したいとおもいます。


「プナホウ・ハイスクール」とはあのオバマ大統領の母校で、ハワイ一名高い私立の高校ということで知られています。日本語で「カーニバル」と言えば、どうしてもリオのカーニバルのような"アツく盛り上がるダンス系"のものを想像してしまいますが(笑)アメリカでカーニバルというと、大体期間限定の移動遊園地のことです。


毎年2月のはじめの週末2日間だけプナホウハイスクールの校庭が遊園地に早がわり、たくさんのロコたちでにぎわいます。内容は、コースターなどの絶叫系から子供が楽しめる乗り物系はもちろん、ゲーム、フード、ショッピングなどなど。ハワイにはこういった遊園地がないので、毎年このイベントをローカルの人たちはとても楽しみにしています。


punahou dark.jpg


そしてにぎわうのは断然夕方から夜にかけて!ネオンが灯り、カラフルにライトアップされながら、夜に乗る絶叫マシーンはまた昼間とはまったく違う味わいです。それからなんといってもカーニバルで欠かせないのは屋台のフード!日本で言うお祭りフードのスタンドですね。アメリカ本土ではなんと言ってもファンネルケーキ。直訳すると「じょうごケーキ」。じょうごの中からたらすようにしながらドーナツを揚げて行き、最後にたっぷりのパウダーシュガー。


funnel cake.jpg
ファンネルケーキは日本で言うたい焼きのような存在?


ここハワイではファンネルケーキよりもカーニバル・マラサダのほうが有名です。屋台で揚げてもらう熱々のマラサダはプナホウ・カーニバルの名物です。


ちなみに余談ですがアメリカ本土では屋台フードに「揚げバター」なるものがあり、ようは固形バター丸々一本を串に刺し、まわりに衣を着けて揚げたものです。・・・想像しただけで胃が・・・(苦笑)ちなみにハワイのカーニバルではお目にかかることはできませんが。


game.jpg
たくさんのゲームコーナーも設置されていて、色とりどりの景品が並びます。夜は特にネオンがとても綺麗。


ちなみにジェットコースター系の絶叫マシーンは移動遊園地なので規模こそ大きくないものの、十分に怖いです!!わたし的には有名遊園地の絶叫マシーンよりも数倍怖かったので、移動遊園地といえど結構バカにできません。


さて、こちらのプナホウ・カーニバルですが、ワイキキからも車で10分ほどの距離なのでアクセス可能です。この時期ハワイ旅行に来る予定の方は是非ワイキキを抜け出して、ローカル色120%のカーニバルを体験してみてはいかがでしょうか!


Punahou Carnival
日程:2月6日(金)&7日(土)の二日間 11AM~11PMまで
住所:Punahou High School 1601 Punahou Street, Honolulu, HI 96822
*)入場料は無料。乗り物やフード、ゲームは園内にてチケットを購入すること。


アクセス:ワイキキからThe Bus山側のバス停2番か2L番で約15分、Bertania x Kalakaua Ave.のFoodland(スーパー)にて下車。バス停から車の進行方向と逆のほうにBertania Streetを戻るとPunahou StreetとBertania Streetの角にぶつかるので(大きなとんがり屋根の教会が見える)そこを山に向かってPunahou Streetを左折して直進。そのままフリーウェイの橋を超えてさらに直進した3つ目の信号右、Wilder Aveの角がPunahou High Schoolです。


レンタカー:ワイキキの運河沿いの道アラワイブルーバード(一方通行)より1本目の橋で右折、Mccully St.へ。そのままMcCully St.を直進。Bertania St.で左折。とんがり屋根の教会が見えたらPunahou Streetで右折。直進すること1分ほどでWilder Ave.の角右側がPunahouハイスクールです。駐車場を探す際、路上駐車の場合など違反駐車のチケットをきられないようにとめる場所に注意してください。


*)一年を通したハワイ州の年間イベントカレンダーはこちらのウェブサイトよりチェックすることができます(日本語):http://member.gohawaii.jp/event


"1月お題「2015年イベント」"

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り
2015年1月27日
« 前の記事「大迫力「マジック・オブ・ポリネシア ディナーショー」で不思議なポリネシアの世界へ」へ
»次の記事「日本と間逆!ハワイのバレンタイン文化」 へ
おすすめ記事
    ホノルル特派員 新着記事
    ハワイのインターナショナルマーケットプレイスで探すスイムウェア
    アラモアナセンターでちょっと一息できるカフェスポット♡
    ワイキキのおすすめレストラン8件のご紹介♪
    アラモアナセンターでファーマーズマーケットが始まりました!
    ハワイのラーメン屋さん「えぞ菊」の夏のおすすめメニュー
    2017年ハワイ$10以下の食べ物系お土産大特集!
    2017年ハワイの$10以下のときめくお土産大特集!
    夏休みに家族で楽しめるハワイのオプショナルツアー・自由研究にできるアクティビティまとめ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    マクドナルドのハワイ限定メニュー
    ハワイの自然がいっぱい詰まった食べるミネラル・"シーアスパラガス"
    ハワイで祝うチャイニーズ ニューイヤー(旧正月)とイベント情報
    雨の日限定・幻の滝

    ハワイ 航空券情報


    ハワイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ハワイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ハワイにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ホノルル特派員

      ホノルル特派員
      グリーン 麻里
      栃木県出身、その後グアムへ永住ののち1998年よりハワイ在住。旅行会社を経て、現在はワイキキにて母の経営するアパレル会社に勤務。結婚後、軍人の旦那の移動の為一度ハワイを出るが去年再びハワイに戻る。ハワイは南国というだけでなく多国籍な魅力もある島です。まだまだガイドブックに載っていないハワイの日常を皆様の旅のお役に立てるよう、ローカル目線でお届けします!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集