海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/イビサ島特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

スペイン/イビサ島特派員ブログ 今岡 史江

スペイン・イビサ島特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

 アーモンドの花の時期・冬のイビサが大好きな私の意とは異なり、島の「シーズン」と呼ばれるのはイースターホリデーから10月末までです。そのうち大型クラブのシーズンは5月末のオープニングパーティーに始まり、10月初旬のクロージングパーティーで終わります。

 「パーティーアイランド」と呼ばれる所以は何なのでしょう。
あまりパーティーに興味のない方も、好奇心旺盛に読んでみて下さい。

deco_ocionocturno.jpg

 イビサには数えきれないほど、踊りに行ける場所・ダンススペースがあります。
今回は初めてイビサに行くという方のために、どんなタイプのダンススペースがあるのか、会場の特徴に寄って分類してみました。


1.いわゆるクラブ
   ”どうせならイビサの「クラブ」を体験したい”という方は、夜の1時半から4時頃まで2時間半程度行くつもりで
    行かれるのが丁度良いと思います。

2.中庭をダンススペースにしてしまうホテル
   “初めての方の体験”にはピッタリ。”あまり興味ないけれども、折角来たから“と思われる方にお薦めです。

3.踊れるレストラン
  (1) レストランとバーの横にダンススペースのあるラウンジ
  (2) 午前1時よりダンススペースに変貌するレストラン
    “別にわざわざ踊りに行かなくてもいいんだけど、何となく踊ってみてもいいかも“程度の方にお薦めです。

4.ビーチクラブ
   “踊りに行くのも少し優雅にお洒落な雰囲気で”という方にお薦めです。


< イビサのDJ >

 イビサには既に「有名な大物のDJ]がやってきます。大物と言われる人達の音の繋げ方、盛り上げ方、選曲、作曲はやはり上手いです。かと思うと新鋭のDJが切磋琢磨に腕を磨いています。「ダイヤモンドの原石」に触れ、心の隅からその感覚が消えなくなるような、そんな体験をするかもしれません。シーズン中毎日色々な場所で、全く違った雰囲気のパーティーが催されるのです。


 DJにとってはここは「DJのメッカ」、訪れる者にとっては「より取り見取り」。どれを選んでよいのか困ってしまいそうです。パーティーに行ってみて、全く好きになれないかもしれません。もしくはすっぽりはまってしまうかもしれません。なぜ好きになれないのかを考えてみると、反対に自分の好みがよくわかります。試してみませんか?

マップ完成一歩前.png

いわゆるクラブ


 それぞれのクラブはプロモーターと契約をし、曜日ごと異なるDJのパーティーを催します。例えば昨年の場合、パチャは火曜日がダビッド・ゲッターの「F*** me I’m famous」という名のパーティーで、木曜日が「フラワーパワー」。アムネシアは月曜日がスヴェン・フェイントの「コクーン」で、泡パーティーは水曜日という具合に。クラブ同士張り合って、人気のあるDJを同じ日に合わせたりします。


 クラブの中は、何部屋かに分かれていて、部屋ごとにDJがいます。その夜は「メインのDJのパーティー」なので、各部屋にはそのメインDJの選んだDJ、もしくは同じプロモーターが選んだDJが音楽をかけていますが、それぞれ異なる音を鳴らしているので、とても興味深いです。


 そのメインのDJに合わせて、その日のパーティー会場の装飾やVJもかわるので、毎日パーティーに行っても、全く同じということはありえないし、お気に入りのDJを目指してパーティーの梯子をする人もいます。


 ただ、メインのDJが登場するのは大体午前3時か4時頃で、クラブには2時までに入らないと入場料の値段があがるので、ほとんどの人が1時過ぎに入場し、6時頃退場するという感じです。12時頃行っても、あまり人がいない、盛り上がっていないとよく言われるのは、そのためです。

3.jpg
この写真はアムネシアの泡パーティーのものです。
“有名な泡パーティーへ行きたい方”
泡が出てくるのは朝の6時ないし7時です。女性は触られることを覚悟で。また携帯電話などの貴重品はなくなる可能性があるので、最小限の携帯品は防水性のものに入れて充分お気をつけて。


中庭をダンススペースとして使うホテル


 もともとホテルの中庭でコンサートをするのは、イビサでは珍しくありません。ホテルのお客様のエンターテイメントの一環で、夏の夜、少し涼しくなってから屋外で生の音楽を提供するわけです。屋外ですので、音の公害問題があります。音の規制、夜は12時を超えないことなど制約はありますが、許可されています。その音楽を歌手ではなく、DJを招いてテクノにして一番成功したのはウシュアイアホテルでしょう。屋内のパーティーよりも装置は派手になる上、12時までにメインDJが登場してくれるので嬉しいです。

14_8_2014_Luciano_Destino01.jpg
写真はデスティーノホテルのパーティー


踊れるレストラン


 良質の食事に舌鼓を打った後、ゆったりとカクテルをいただきながら会話を楽しめるラウンジバーがあり、なおかつ24時を過ぎるとDJが登場し、踊れる部屋があるというのが、イビサのラウンジでした。その形態のお店は老舗のKM5しか現在残っていないかもしれませんが、最近はそれが進化し、良質の食事、カクテルの後、25時以降はダンスパーティーにしてしまったのが、キャバレー・リオとイビサ・ハート・レストランです。
 食事はせず、カクテルとダンスだけという人も多いですよ。

4.jpg
Km5 中庭

5.jpg

リオ


ビーチクラブ


 ビーチクラブは、その名前通りビーチの前にあるレストランで、それぞれイベントを催し、DJを呼んでパーティーをします。イビサには世界中のセレブが集まると言われます。彼らが行くのはクラブのVIP席か、ビーチクラブのVIP席。海の横のお洒落な場所で踊っていこうという人にはピッタリですね。

6 blue marlin.jpg
ブルーマリン


< 最後になりましたが、今年のクラブニュースです >


 ヨーロッパ最高のクラブとして何度も賞を受けてきたスペースは、昨年、27年の歴史に終止符を打ちました。スペースの権利がオーナーの元に戻ったのです。オーナーはウシュアイアホテルやハードロックホテル等を所有しているイビサのホテル王・マトゥーテスグループ。クラブのある辺り一帯に大型リゾート計画があると言われています。スペースは今年、HÏ ibiza(ハーイ・イビサ)という名前でハイグレードなクラブになると言われています。ラインアップが厳選されるようです。


 もう一つ。イビサの中で2番目に古いクラブ、パチャがアメリカの企業に売却されました。クラブの中でも、一年中開いていたのはこのパチャだけで、地元の人達の思い入れも深かったのですが、オーナー、リカルド・ウルジェイ氏の代で終わりとなったようです。クラブだけでなく、パチャグループキャバレー・リオ(上記の25時以降踊れるレストラン)や、デスティーノホテル(中庭で踊れるホテル)、エルホテル(クラブ正面の通称パチャホテル)も売却されたので、今後の変化が注目されます。


2017年2月17日

1年に1度、雪が降るかどうかという気候のイビサです。
その島がまるで雪に覆われているのかと思われる時期があります。
1月最終週から2月第2週まで、島はアーモンドの花の白色で埋まります。
島が一番きれいになる季節です。

どの道を通っても綺麗なのですが、私が特にお薦めするお花見の場所は2か所。
Santa Ines(サンタ・イネス)と、San Vicente(サン・ビセンテ)です。

flores.png

1230075_439056466212724_144096190_n.jpg

サンタ・イネスは村全域にわたってアーモンドの木が植わっています。
アーモンドの花は桜の花にとてもよく似ていますが、色はもっと白く、1本の木に咲く花の数が桜に比べると少ないように思います。
桜の木は、一本見上げるだけで感動します。美しさとはかなさを感じますが、アーモンドからはそういう印象は受けません。とても力強いです。何本も重なって見えるととても美しいです。また陽の光に照らされてきらめくのがとても綺麗です。

サンタ・イネスのアーモンド畑です。
”1230096_437319969719707_251145004_n.jpg”

20150219_125122.jpg

私の一番のお気に入りは、サン・ビセンテの山間に咲くアーモンド畑です。
20160124_115436.jpg

20160124_115909.jpg

アーモンドの実は8月頃果肉が割れて、中にある茶色い殻が顔をのぞかせます。そうなると収穫なのですが、木から自然に落ちるのはほんの少しで、あとは長い棒を使って落とします。意外に重労働です。集めた実は果肉を取り外し、硬い殻を取ります。
イビサにはアーモンドを使ったお菓子があります。「アーモンドのマドレーヌ」と「パネジェッ」というお菓子です。


アーモンドのマドレーヌ (Madarena de Almendra:マダレーナ・デ・アㇽメンドゥラ)。マドレーヌと呼ばれていますが、マドレーヌらしくなく、サクッとしていて美味しいです。
9663746059_ff4f78aea5_b.jpg

パネジェッ(Panellets)はこちらの習慣でお墓参りに行く諸聖人(万聖節)の日、11月1日に作ります。その日が近づくと、パン屋さんでも売られます。イビサだけではなく、カタルーニャ地方でも作られています。
中はアーモンドパウダーとサツマイモですが、外の飾りは松の実やアーモンド、ココナッツと様々です。我が家でも松の実のパネジェを作ります。サツマイモ入れ、ペーストが柔らかくなるので思わず食べ過ぎてしまいます。
panellets.jpg


2017年2月12日

「観光シーズン」がイースターホリデーに始まり、10月の半ばごろで終わってしまうイビサ島ですが、私を初め大半の島の住人はシーズンオフのイビサ島が好きです。


イビサ島の今現在の人口は14万人。私が来た1993年は10万人でした。昨年の観光客数約650万人(地元紙より)を記録しました。

この観光客を受け入れるために、3月頃より、島の外からシーズンの間だけ働きに来る人達が来ます。長年に渡って来ているスペイン人労働者も多いですし、最近来始めた海外からの労働者も多いです。働きに来て、そのまま島に定着した人もいますが、大概は故郷に戻る人やアジアなどで過ごす人が多いです。
ですので、3月から10月末までは、外から来る労働者と観光客で島の中はごった返しになります。1年中住んでいる人達が冬季が好きなのは、それだけでも納得がいくかもしれませんね。

12923219_601842613300823_4106545298352282162_n.jpg
お店やレストランやクラブが閉まってしまうこの時期に、島民はどう過ごしているのでしょう。


1)夏の間、とにかく忙しくてできなかったスポーツを堪能します。
サッカーやバスケット、ハンドボールや柔道や空手などはもちろん、恵まれた気候のお蔭で、サイクリングやテニス、ランニングや乗馬など戸外でするスポーツも盛んです。


2)やはり夏の間は休みがとれないので、冬季に旅行に出掛けます。夏の間島にいて、冬はいなくなるという外国人は別として、いわゆる地元の人も旅行好きです。


3)島ライフを満喫します。
地元の美味しいレストランは1年中開いています。少し肩の力を抜いて、自分の趣味を楽しみます。秋口に雨が降るので、緑も豊かになり、島中が息を吹き返します。(笑) キノコ狩りをしたり、野生のアスパラガスやブラックベリーを摘んだり、お花見をしたり、イビサの自然はいつも私達を癒してくれます。


4)島のあらゆるお祭り、イベントに参加します。(笑


deco_ciclismo.jpg


1月から2月中旬までは、キノコ狩りとアスパラガス摘みのシーズンです!


日本に住んでいた頃、年末、田舎に住んでいた祖母はいつも何種類ものキノコを送ってきてくれました。マイタケやお店では見られないものばかりでした。まだそういう習慣は残っているのでしょうか。七草粥を食する方も多いと聞きます。昔からの習慣、残っていって欲しいですね。


さて、イビサには食用キノコが沢山あります。ただ、全国的にですが、野生のキノコを食べて亡くなる方が年に何人かいるので、イビサでは講習会やキノコ狩りハイクも催されていますが、無難に、昔から知っているものしか採らない人がほとんどです。


12月に採れるキノコ: セタ(キノコの総称)と呼ばれている、日本名ハツタケが採れます。
           本当の名前はややこしいので、多くの人はセタ=ハツタケだと思っています。正式名は
           スペイン語ではRobellón(ロベジョン)、イビサの言葉ではPebrassos(パブラッソス)です。
           パエリアや、アロス・デ・マタンサ(米料理)などに使います。
           私は塩コショウに、オリーブ油をたっぷりかけて鉄板焼きにして食べるのが一番好きです。


このキノコ狩りの話は、12月の会話の話題によくでます。
Pebrassos

1月に採れるキノコ:イビサには習慣はないのですが、主人の実家のあるマジョルカ島でよく採るので、私はPicornell
         (ピコルネイ)という白いキノコを探しに行きます。日本名は分かりません。白色のものと茶色のも
          のがあり、裏側が毛のようなものに覆われていて、落としてから料理に使います。
          お肉と一緒に炒めたり、オムレツに入れたり、付け合わせにしたりします。

20170204_110510.jpgPicornell20170204_111013.jpg

実は、ここで松茸が採れます。香りも食感も全く同じですが、とても苦いです。専門家に調べて頂きましたが、やはり「苦い」と書かれていました。私は勿体ないので、佃煮にしていただきます。今年は残念ながら、見つけた松茸は1本だけ。それももう既にダメになっていました。

まつたけ.jpg

この時期になると、野生のアスパラガスが採れます。
こちらのアスパラガスは、手入れをしていない庭の隅や、土手や野原に生えてきます。手で触るとイガイガがあり、庭にある場合、ハッキリ言って雑草なのですが、この時期だけは有難く摘み取ってお料理に使います。炒め物にしたり、オムレツに入れたりします。

20170205_112220.jpg

20170205_124837.jpg

20170205_130645.jpg

アーティチョークはお料理によく使います。ピコルネイとアスパラガスとアーティチョークを入れたオムレツを作りました。
自然の恵みに感謝しながら戴きました。

20170205_140815.jpg


2017年2月 8日
2017年2月 3日
2017年1月31日
2016年11月29日
2016年11月29日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ/スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストバルカン半島フィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ