海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/イビサ島特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

スペイン/イビサ島特派員ブログ 今岡 史江

スペイン・イビサ島特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

 イビサ島とその南に位置するフォーメンテラ島の間、16000ヘクタール(うち13000ha は海域)は自然保護地区に指定されています。イビサ島全海域に渡ってポシドニアという海洋性植物が生えているのですが、この地区の海底には特にその群生地があり、世界遺産に指定されています。そのポシドニアが光合成をしているお蔭でイビサの海水は綺麗に保たれ、様々な生物が住んでいるのだと言われています。
parque natural  4.png

 その保護地区の中に Ses Salines(セス・サリネス)というビーチがあります。遠浅の1.5㎞程続く大変美しい海岸です。白砂で水深浅く水が澄んでいるので、天気が良いとその色はターコイズブルーになります。
17357552_10206745153667935_1948919660_o.png

 またこのビーチは俳優さんやサッカー選手など著名人がよく訪れるのでも有名で、私も横で遊んでいる女優さんに気付いて驚いたことがあります。夏場は4か所、質の良いビーチカフェレストランも開き大変賑わいますが、シーズンオフの間は散歩をしている人、ジョギングをする人をちらほら見かけるくらいで、とても気持ちの良い散歩コースです。
salinas-04.jpg

 このビーチの端(写真手前)から、ビーチの一番奥に小さく見えるディフェンス塔(同真ん中右端)までの片道1.5㎞、往復3㎞ほどを歩きます。1㎞程行くと砂浜は岩場に代わります。復路は松の木林の間を通って帰るのも良いでしょう。
 私が行った日は生憎曇っていたので、海の色があまり冴えないのですが・・途中からの岩場の様子です。(写真下)
1.jpg

海の反対側は・・
2.jpg

砂地に低木が茂っています。砂地で育つ植物。凄い生命力ですね。右側の植物はFonoll Mari(フォノル・マリ)と言い、マジョルカ島では酢漬けにして食します。
花.jpg

採石場跡があります。16世紀に城壁の増築をした際に使われたようです。
3.jpg

4.jpg

この石の彫刻の作者は不明です。
5.jpg

もう少し先に進むと、フォーメンテラ島とその間の海峡にある小島が見えます。
15.jpg

ここに来ると、フォーメンテラ島まで手が届きそうです。
フォーメンテラ島手前の小さな島 Espalmador(エスパルマドール)。こちらからその島中心までが5㎞、そこからフォーメンテラ島最北端までが2㎞。たった7㎞の距離です。近いですね。
因みに、イビサ港からフォーメンテラ島のサビナ港までが20.38㎞、フェリーで30分という距離です。
17.jpg

        Torre de Ses Portes(扉の塔)16世紀

 ここでディフェンス塔とフォーメンテラ島を眺めていると、オスマントルコや海賊に襲われ続けたイビサの歴史が思い出されました。


 その昔フォーメンテラ島は海賊達の停泊地として使われ、海賊達はフォーメンテラ島側からイビサ島側へ押し寄せて来ました。フォーメンテラ島からイビサ港へ向かう船はこの海峡を通らなければならず、ここにあるディフェンス塔は、島中至る所にあるディフェンス塔の中でも一番大きく、唯一大砲を3基備えていた塔でした。


塔の下からイビサ側を見るとダル・ビラが見えます。薄っすらですが、写真中央です。
14.jpg

ダル・ビラはしっかり城壁に護られていたので、海賊はダル・ビラを狙わず、イビサ島の村を襲い、荒らし、住人を捕まえて連れて行ってしまったと言われています。それ故、島にある教会の幾つかは高台にあり、壁が分厚く窓が小さく、要塞の役目を果たしていたそうです。その顕著な例をお見せしましょう。

<サン・ミゲルの教会>
Baalanzat.jpg

<サンタ・エウラリアの教会>
santa-eulalia.jpg

高台にありとても綺麗なこれらの教会は、海賊から身を護ってきたイビサの歴史を語っているのです。


 イビサには「政府公認の海賊」がいました。日本の漫画の世界ではワンピースの七武海、歴史上有名なのはイギリスのドレーク船長。彼等と同じです。政府は公認の海賊に外から押し寄せてくる海賊と戦ってもらっていました。その政府公認の海賊のことを Corsario(コルサリオ)と呼びます。彼らを称える碑がイビサ港にあります。
IMG_3712.jpg

この様に、歴史を少しかじるだけで、景観を楽しむ散歩がさらに興味深いものとなりました。

18.jpg

Ses Salines(セス・サリネス)/ Las Salinas(ラス・サリナス)ビーチへの行き方。


イビサ市内よりバスがあります。(11番と11B番)
バスはイビサ中心、Isidor Macabich(イシドロ・マカビッチ)通りから出ます。


・11番のバス(San Jordi経由)
1月~4月  1日に2本(往路10h・13h 復路10:20h・13:20h)<月・水・金曜のみ>
5月~10月  ほぼ1時間に1本 <毎日>
11月~12月 1~4月同様


・11B番のバス(La Playa d’en Bossa 経由)
7~8月のみ 往路1日午前4本 復路1日午後4本


バスの時刻表は5月頃に変更になる場合がありますので、Ibisa Busのサイトで確認して頂けますようお願い致します。


Ibisa Bus      http://ibizabus.com/ibiza/
イビサアシスタント fumie@ibiza-sekaiisan.com



2017年3月19日

 1999年にユネスコの世界遺産に指定されたのを記念して、城壁と古墳群のあるイビサ市は、毎年5月の第2週の金・土・日曜日にFiesta Mediaval(中世の祭り)というお祭りを催すことにしました。場所は城壁内とその外周。

 くねる細い道に沿って屋台が立ち並び、売り子さん達は中世の頃の衣装を纏っています。売られているものもハンドメイドや、ナチュラルなものが多かったり。

971000_4315504026285_1199523141_n.jpg

970670_4315507466371_456696028_n.jpg

中世のお祭り専門の大道芸人がいて、その年によって来る人達は異なるのですが、彼らは昔のお鍋の作り方や、武器の作り方、工芸品の作り方を実演してくれます。

3.jpg

4.jpg

大道芸人達はその他にも、中世当時のお祭りのパレードを実演してくれたり、ベリーダンスを踊りながら街を歩いていたり。

20140510_114048.jpg

20150508_172822.jpg

中世.jpg

ローマの時代は番犬の代わりに、ガチョウを家の見張りに飼っていたそうです。ガチョウは音に敏感で、小さな音にも反応しグワッグワッと騒ぐからだそうです。

383487_4315502826255_656348373_n.jpg

運がよければ、ガチョウの行進が見られます。

売られている食べ物は、子豚の丸焼きや、肉の炭焼き、ケバブ、焼き立てのパン、パエリア、ガリシア風のタコ、アラブのお菓子などが並びます。

969798_4313749822431_1042975470_n.jpg

10.jpg

283747_4232242304794_2077678065_n.jpg

179113_4232236624652_752830684_n.jpg

様々なハーブやパワーストーン、香りのキャンドルや色々な種類の酢漬け。チーズやチョコレート、手作りのアクセサリーに木製の玩具。毎年ほぼ同じものが売られていると思いながらも、毎年必ず足を運び、人混みの中を屋台を覗きながらタイムスリップしてみる。それ程魅力のあるお祭りです。

13.jpg

14.jpg

15.jpg

 行き方のお薦め

 行く日のお薦めは、3日のうち、地元の人が仕事をしている金曜日の午前中から夕方にかけてと、土曜日の午前中。(午前は11時頃より)
行き方のお薦めは、お祭りの際にだけVara de Rey(バラ・デ・レイ)という遊歩道の横から出るバスに乗って(下図、バスのマークEs Sotoから左側をさしている赤矢印)城郭楼(Baluard de Sant Bernat)へ行きそこからの景色を堪能し、隣の城郭楼(Baulard de Santa Tecla)を抜け大聖堂の前まで行き、そこから下の正門まで下って歩いていくのが、一番楽です。

16.jpg

17.jpg

一人でも多くの方がいらっしゃって、楽しんでいただけますように・・

talamanca 2.jpg


2017年3月 9日

 1月の最終週からアーモンドの花が美しいイビサです。花見時に木の下でお弁当を開ける習慣はアジア特有なのでしょうね。それでも花を愛でる気持ちはどこでも同じ。フルムーンウォークという、満月の光に照らされる花を楽しむツアーもあります。今日は花の村、サンタ・イネスでのお薦めです。

hana .png

16930655_10206614197634116_16341965_o.jpg

 サンタ・イネスは島の北西に位置し、お隣のサン・アントニオとは全く雰囲気の異なるアーモンド畑の村です。1812年に建てられた教会のすぐ横にあるバル、カン・コスミ(Can Cosmi)は、お花見の時期はなかなか予約がとれない程賑わいます。
 カン・コスミの開業は1951年。建物の右側がお店、左側はバルになっています。昔から地元の人に親しまれてきたお店です。バルでのお薦めは田舎風オムレツ(Tortilla Payesa / トルティージャ・パイエサ)。スペインオムレツを食べ慣れている私もここのオムレツには感激しました。

カンコスミ.jpg

can-cosmi-special-tortilla.jpg

 カン・コスミの横から、村をちょうど一周できる道が続いています。車の行き違いができる幅はありませんが、車で回る人、自転車の人、歩く人と様々です。教会の近くに駐車場があるので、そこに車を置いて歩くのが良いと思います。

SantaInes.jpg

    1.教会  2.カン・コスミ  3.天の扉  4.エス・クコンス


 教会から1.5km程のところに、天の扉(Las puertas del cierlo/ ラス・プエルタス・デル・シエロ)という名のレストランがあります。比較的新しいレストランですが、地元のお料理とパエリアが食べられます。そのレストランの横の崖(Ses Balandres/セス・バランドゥレス)から碧い海と真っ白な小島・マルガリータ島が見えます。名前のためか、色のためか、なぜか見えると嬉しくなる島です。

16930700_10206614188033876_10564193_o.jpg

16936224_10206614192673992_578306038_o.jpg

 今年はお花畑を眺められる絶好の位置にある、アグロツーリズムのホテル、エス・クコンス(Es Cucons)が多くの人の要望に応えて早々オープンしています。喧騒を離れて、ゆったりと自然の中で過ごしたい方にはピッタリのお洒落なホテルです。とても美しいお料理は地元の野菜やフルーツをふんだんに取り入れたオーガニックな地中海料理です。

Es_cucons2.jpg

Es_cucons-Habitaciones1.jpg

エスクコンス.jpg

 アグロツーリズムというのは、元々は農家の人が、旅人に自分の家の空いている部屋を提供してあげるところから始まりました。家の畑から採れた野菜を食卓に出したわけです。それがアグロツーリズムのコンセプトなのですが、イビサの場合その多くは、資本家が古い農家を買い取り手を入れて、とってもラクシュアリーなホテルにしたてあげています。エス・クコンスを初め、お薦めのアグロツーリズムのホテルが幾つかあります。また後日ご紹介したいと思います。

 2月ももう終わりです。一年のうちで一番寒い日のあるのは2月ですが、今年は雪には至らず雨の日が多かったです。2年前の雪の日の写真をお見せしましょう。
2015.jpg

これは3年前だったと思います。
10959591_533310560176251_7518547668900461170_n.jpg

雪のイビサも綺麗ですよね。


Can Cosmi          Tel. 971 805020 夏季11h-23h(食事13h-16:30h/19h-23h)
                       冬季11h-17h(食事13h-16:30h)
                       休日火曜日

Las puertas del cielo     Tel. 680 964 796 夏季12:30h-17h/19:30h-22:30h
                       冬季12h-17h
                       休日月曜日

Es Cucons          http://escucons.com/

イビサガイド        イビサ・アシスタント 代表 今岡史江 fumie@ibiza-sekaiisan.com



2017年2月26日
2017年2月17日
2017年2月12日
2017年2月 8日
2017年2月 3日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ