海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/イビサ島特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

スペイン/イビサ島特派員ブログ 今岡 史江

スペイン・イビサ島特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

日本からヒーリングを施行されている女性がいらっしゃり、その女性と贅沢な2日間を過ごしました。その2日目。

フォーメンテラ島へ行きました。


3月~4月のフォーメンテラ島はとても静かでとても美しいので、実は今年に入ってこれで3回も訪ねています。
3回の観光を少し混ぜて、島をご紹介しましょう。

シーズン前でまだレンタカーオフィスがほぼ全て閉まっていたので、イビサから車をフェリーで持っていきました。
Untitled collage.jpeg
6.1.jpg

イビサ港からフォーメンテラ島サビナ港まで、高速船で30分、フェリーで1時間かかります。でも車を持っていくと、引き取り、返却の時間が省けるので、時間のロスは感じられません。
11.1.jpg

先ず目指したいのは高台Molaにある展望台(紫色の矢印)。そこから島の70%を見ることができます。
展望台に行く前に、その手前右手に広がるMijorn(ミジョーン)ビーチと、左手、漁師の船着き場のあるEs Caló(エス・カロ)に寄り道しました。
formentera-mapa3.jpg

ミジョーンビーチです。
12.jpg

エス・カロ。水が最高に綺麗。
15.jpg

展望台に到着。シーズン中は展望台(El Mirador/エル・ミラドール)という名のレストランです。遠くにエス・ベドラ島が見え、なぜか嬉しくなるのが不思議。
16.jpg

山の中腹にある展望台を後に、一本道を真っ直ぐ行くと島の東の端にあるMolaの灯台に着きます。
17.jpg
20.jpg

「80日間世界一周」や「海底2万里」を書いたフランス人作家、Julio Verne(ジュール・ヴェルヌ)がこの地でインスピレーションを得て「Hector Servadac(ヘクトル・セルヴァダック)」(1877)を執筆しました。それを記念して建てられた碑があります。
「海底2万里」はネモ船長、ディズニーシーのアトラクションというと心当たりのある人が多いと思います。
18.jpg

天然記念物に指定されている緑色のトカゲ。
22.jpg

フォーメンテラ島でランチというと、海を見ながら食べるものだと思っているのに、海辺のお店はまだシーズンオフで閉まっていました。そこでここ。Pilar村にある地元の人で賑わうお店に。
28.jpg

イチジクとクルミと山羊のチーズのサラダ
29.jpg

魚の日干しとトマトのサラダ
30.jpg

ロブスターのリゾット
32.jpg

食後は島の景色を楽しみながら、次は南の端にあるBarbaria灯台まで。
灯台の近くには先史時代の石の遺跡が幾つかあります。
20170301_132205.jpg

バルバリア灯台の手前を左に曲がるとディフェンスタワーに行けます。
20170301_133741.jpg

バルバリア灯台。フォーメンテラ島最南端にある灯台です。いつもキラキラしていて綺麗なんです。
20150206_142731.jpg

すぐ右横に洞窟があります。梯子を伝って下りて洞窟を抜けると海が見えます。
20150206_143631.jpg
20150206_144002.jpg
20170330_140449.jpg

灯台を後にし、大好きなIlletes(イジェテス)ビーチと、その隣りのLlevante(レバンテ)ビーチに向かいました。
イジェテスビーチとレバンテビーチは細長い半島の左側と右側。半島の先で隣り合わせになります。そこまで歩いてきました。
ビーチの入り口に、料金所があります。入る車の数を減らす目的もあり、シーズン中は入場料を払います。
20170319_110801.jpg

フォーメンテラ島にも塩田があり、その塩を砕くのに使った風車があります。その横を右に曲がると、レバンテビーチに着き、風車側の海がイジェテスビーチです。
20170319_110917.jpg

レバンテビーチ
20170319_111952.jpg

レバンテビーチとイジェテスビーチが交わるところ
Las-mejores-playas-de-Formentera.jpg

20170330_164600.jpg

イジェテスビーチ
20170330_171537.jpg
20170330_170121.jpg

ゆっくり遊んで帰ってきました。
20170301_142830.jpg

3月のイビサの近海、イルカに出逢うかもしれません。綺麗な海、護っていきたいですね。
bph-BPJ070724_1146-grm.jpg


フォーメンテラ島への定期船:
Balearia: https://www.balearia.com/es/rutas-y-horarios/ibiza-formentera
Trasmapi: http://www.trasmapi.com/?gclid=CPeG-e-xqtMCFVcz0wodGVkIDA
Aquabus: https://www.aquabusferryboats.com/es

イビサの風: fumie@ibiza-sekaiisan.com


2017年4月17日

 ヒーリングを施行されている女性が日本からいらっしゃいました。その女性との贅沢な2日間です。まず1日目。


AM 10:00  Dalt Vila(ダル・ビラ)

17457483_1620370744658134_3742713302543609784_n.jpg
4833801-169383913.jpg

 お泊りのホテル、トレ・デ・カノニゴはカトリックの中でも位の高い司教級の僧(カノニゴ)の邸宅を改造した、世界遺産の中にある高級ホテルです。大聖堂のすぐ近くで、高い位置にあるのですが、夜10時までは無料で送り迎えの車を出してくれます。


AM11:00  Museo Puig des Molins(ムセオ・プッチ・デス・モリンス考古学博物館)

20170329_105503.jpg
20170329_110937.jpg

 考古学博物館に行きました。紀元前7世紀に地中海東西交易をしていたフェニキア人、その後のカルタゴ人、ローマ人のお墓です。小山の至る所に大きな穴が掘ってあります。(世界遺産)「あの世に着いた時に困らないように~」と棺の中に色々なものを入れた習慣のお蔭で、その埋葬品から東西地中海交易の広さが伝わってきます。フェニキア人の使っていた文字はアルファベットのもとにもなっています。


AM12:00 Ses Salines(セス・サリナス)塩田・塩田用港・ビーチ

salines 12.jpg
20150315_134522.jpg
20150315_133247.jpg

 フェニキア人が作った塩田に行きました。冷蔵庫のなかった昔の食料保存に欠かせなかった塩はとても貴重でした。その需要も高く生産された塩はセス・サリナスビーチの横にある塩専用の港までトロッコで運んでいた時期もあります。その港とビーチも見てきました。


PM1:00 Sa Caleta(サ・カレタ)フェニキア人の入植地

20170329_123417.jpg
20170329_123100.jpg

 フェニキア人が今の城壁の場所に移住する前に住んでいた場所(世界遺産)に行きました。高台の見晴らしの良い場所です。左手奥に塩田が見えています。その横のビーチ、Cala Bou Nou(カラ・ボウ・ノウ)は泥パックとレストラン・サ・カレタで有名です。


PM1:30  Cala Saladeta(カラ・サラデタ)ビーチ

20170329_132035.jpg
20170329_132708.jpg

 イビサで一番美しいビーチ、カラ・サラデタに行って来ました。車から降りてすぐあるビーチはカラ・サラダ。その奥にあるのがカラ・サラデタです。その間の岩場は、飛び込むのに最適。飛び込んでいる人がいました。でもまだ水、とっても冷たいんですよ。


PM2:30  Es Nautic(エス・ナウティック)レストラン

20170329_135646.jpg
20170329_142613.jpg
paella es nautic.jpg

 ランチはサン・アントニオの港にあるエス・ナウティックで。ここの食事はどれを選んでも間違いがないお店。今日の「山羊のチーズとハチミツのサラダ」は最高!チーズは重い・・という人でも感激する美味しさ。魚介のパエリアは勿論のことです。


PM4:00  Es Vedra(エス・ベドラ)島クルーズ

20170329_155710.jpg
20170329_164249.jpg
20170329_164328.jpg
20170329_170435.jpg
20170329_171722.jpg

 シーズンオフだったのですが、ボートを出してもらってエス・ベドラ島まで行きました。このミステリアスな島は磁場が強く、パワースポットとして有名です。今回、その磁場は北極と南極と同じ位強く、ここには今無きアトランティスのエネルギーが残っているのだと教えて頂きました。この島の南側は幾つもの海流が交錯しているし、この一帯には幾つか良いダイビングスポットがあるし、まるで自然の玉手箱のようです。
 その昔この島にはキリスト教の牧師さんが20年間住んでいました。山羊も住んでいました。今は保護地区に指定され、上陸することはできませんが、夏になるとイビサ港とサン・アントニオ港からエス・ベドラ島までのAquabus(アクアブス)の遊覧船がでています。
 パワーは水を介して届きやすいそうです。前にあるビーチ、Cala d’Hort(カラ・ドール)で泳ぐのも良いかもしれませんね。どうぞ試してみて下さい。カラ・ドールに行かれる方はそこのレストランCarmen(カルメン)のパエリアがお薦めです。島を眺めながらゆったりとお食事して頂きたいです。

20.jpg
21.jpg

 折角なので、地元で通称アトランティスと呼ばれている場所があるので、船で近づいてもらいました。海の色が最高に綺麗でした。
22.jpg

 大好きなCala Comte(カラ・コンタ)。一番美しいビーチの一つです。小島が幾つかあるその景色と、水とサンセットの美しさと、何度行っても飽きません。


PM8:00  Torres des Savinar(トーレス・デス・サビナ―)でサンセット

23.jpg
24.jpg

 今回はエス・ベドラ島対岸にある展望台に飽き足らず、どうしても上のディフェンスタワーから夕陽を見たくなり、少し山登りをして頂きました。水平線に隠れる一瞬まで、また隠れた後の余韻もとても素晴らしいサンセットを見ることができました。
 贅沢な素敵な1日をありがとうございました。


2017年4月 1日

 イビサ島とその南に位置するフォーメンテラ島の間、16000ヘクタール(うち13000ha は海域)は自然保護地区に指定されています。イビサ島全海域に渡ってポシドニアという海洋性植物が生えているのですが、この地区の海底には特にその群生地があり、世界遺産に指定されています。そのポシドニアが光合成をしているお蔭でイビサの海水は綺麗に保たれ、様々な生物が住んでいるのだと言われています。
parque natural  4.png

 その保護地区の中に Ses Salines(セス・サリネス)というビーチがあります。遠浅の1.5㎞程続く大変美しい海岸です。白砂で水深浅く水が澄んでいるので、天気が良いとその色はターコイズブルーになります。
17357552_10206745153667935_1948919660_o.png

 またこのビーチは俳優さんやサッカー選手など著名人がよく訪れるのでも有名で、私も横で遊んでいる女優さんに気付いて驚いたことがあります。夏場は4か所、質の良いビーチカフェレストランも開き大変賑わいますが、シーズンオフの間は散歩をしている人、ジョギングをする人をちらほら見かけるくらいで、とても気持ちの良い散歩コースです。
salinas-04.jpg

 このビーチの端(写真手前)から、ビーチの一番奥に小さく見えるディフェンス塔(同真ん中右端)までの片道1.5㎞、往復3㎞ほどを歩きます。1㎞程行くと砂浜は岩場に代わります。復路は松の木林の間を通って帰るのも良いでしょう。
 私が行った日は生憎曇っていたので、海の色があまり冴えないのですが・・途中からの岩場の様子です。(写真下)
1.jpg

海の反対側は・・
2.jpg

砂地に低木が茂っています。砂地で育つ植物。凄い生命力ですね。右側の植物はFonoll Mari(フォノル・マリ)と言い、マジョルカ島では酢漬けにして食します。
花.jpg

採石場跡があります。16世紀に城壁の増築をした際に使われたようです。
3.jpg

4.jpg

この石の彫刻の作者は不明です。
5.jpg

もう少し先に進むと、フォーメンテラ島とその間の海峡にある小島が見えます。
15.jpg

ここに来ると、フォーメンテラ島まで手が届きそうです。
フォーメンテラ島手前の小さな島 Espalmador(エスパルマドール)。こちらからその島中心までが5㎞、そこからフォーメンテラ島最北端までが2㎞。たった7㎞の距離です。近いですね。
因みに、イビサ港からフォーメンテラ島のサビナ港までが20.38㎞、フェリーで30分という距離です。
17.jpg

        Torre de Ses Portes(扉の塔)16世紀

 ここでディフェンス塔とフォーメンテラ島を眺めていると、オスマントルコや海賊に襲われ続けたイビサの歴史が思い出されました。


 その昔フォーメンテラ島は海賊達の停泊地として使われ、海賊達はフォーメンテラ島側からイビサ島側へ押し寄せて来ました。フォーメンテラ島からイビサ港へ向かう船はこの海峡を通らなければならず、ここにあるディフェンス塔は、島中至る所にあるディフェンス塔の中でも一番大きく、唯一大砲を3基備えていた塔でした。


塔の下からイビサ側を見るとダル・ビラが見えます。薄っすらですが、写真中央です。
14.jpg

ダル・ビラはしっかり城壁に護られていたので、海賊はダル・ビラを狙わず、イビサ島の村を襲い、荒らし、住人を捕まえて連れて行ってしまったと言われています。それ故、島にある教会の幾つかは高台にあり、壁が分厚く窓が小さく、要塞の役目を果たしていたそうです。その顕著な例をお見せしましょう。

<サン・ミゲルの教会>
Baalanzat.jpg

<サンタ・エウラリアの教会>
santa-eulalia.jpg

高台にありとても綺麗なこれらの教会は、海賊から身を護ってきたイビサの歴史を語っているのです。


 イビサには「政府公認の海賊」がいました。日本の漫画の世界ではワンピースの七武海、歴史上有名なのはイギリスのドレーク船長。彼等と同じです。政府は公認の海賊に外から押し寄せてくる海賊と戦ってもらっていました。その政府公認の海賊のことを Corsario(コルサリオ)と呼びます。彼らを称える碑がイビサ港にあります。
IMG_3712.jpg

この様に、歴史を少しかじるだけで、景観を楽しむ散歩がさらに興味深いものとなりました。

18.jpg

Ses Salines(セス・サリネス)/ Las Salinas(ラス・サリナス)ビーチへの行き方。


イビサ市内よりバスがあります。(11番と11B番)
バスはイビサ中心、Isidor Macabich(イシドロ・マカビッチ)通りから出ます。


・11番のバス(San Jordi経由)
1月~4月  1日に2本(往路10h・13h 復路10:20h・13:20h)<月・水・金曜のみ>
5月~10月  ほぼ1時間に1本 <毎日>
11月~12月 1~4月同様


・11B番のバス(La Playa d’en Bossa 経由)
7~8月のみ 往路1日午前4本 復路1日午後4本


バスの時刻表は5月頃に変更になる場合がありますので、Ibisa Busのサイトで確認して頂けますようお願い致します。


Ibisa Bus      http://ibizabus.com/ibiza/
イビサアシスタント fumie@ibiza-sekaiisan.com



2017年3月19日
2017年3月 9日
2017年2月26日
2017年2月17日
2017年2月12日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ