海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/イスタンブール特派員ブログ

中東にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

トルコ/イスタンブール特派員ブログ デイジー

トルコ・イスタンブール特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

イスラム教が発祥してからの素晴らしいイスラムアートが集められているトルコ・イスラム美術博物館

108543007307566936676982400053635230530385o_67_6325668.jpg

旧市街の観光中心地にあるのでアクセスがいいです。

Turk-Ve-islam-Eserleri-Muzesi-03-e1442151186869.jpg

オスマン帝王スレイマンの補佐として名を残しているイブラヒム・パシャの元邸宅で建物自体も見応えがあります。

Turk-Ve-islam-Eserleri-Muzesi-04.jpg

4万点ほどのイスラムアートが保管されており、オスマン帝国時代に使われていた豪華絢爛な絨毯など、女子にはたまらない品々を眺めることができます。

img_7584.jpg

特におすすめなのが、博物館に付随しているカフェ。

その名も【ミュージアムカフェ(Müze′nin Kahvesi)】

トルココーヒーは、漉さないコーヒーで淹れ方がなかなか難しいです。

町中のカフェでは、トルココーヒー用の電気マシーンを使っているところが多いですが、こちらは一杯ずつ、昔ながらの方式で丁寧に淹れます。

img_7590.jpg

カフェの内装も素敵。

img_7581.jpg

時間をかけて丁寧に一杯ずつ淹れたトルココーヒーは格別です!

豪華な博物館に優雅なカフェ。こちらの博物館は女子旅受けすること間違いありません!




15826792_1384356354948191_8277175700567788029_n.jpgのサムネイル画像

トルコの伝統オヤ刺繍 トルコからお届けしています

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


2017年2月25日

久しぶりにトルコの明るく面白い話題。

今年に入ってから世界中でSALT BAE(塩の恋人)と呼ばれ話題になった肉のかなり上から塩を振る謎の男性。


実は、トルコに6店舗、ドバイに1店舗のステーキレストランを持つオーナーシェフ、ヌスレト(NUSRET GOKCE)さんです。


A post shared by nusr_et (@nusr_et) on


あのレオ様も訪れるトルコのセレブ御用達レストランのセレブシェフです。


トルコ語で肉を総称し<ET(エト)>といいますが、名前の一部に<ET>が入っている彼は、ステーキシェフになるために生まれて来たのではないかというほど、肉裁きが神がかっています。

A post shared by nusr_et (@nusr_et) on


ロンドン、ニューヨークにもレストランをオープン予定とのことなので、東京で彼の塩振りステーキを食べられるのもそう遠くないかも知れません!

Nusr-Et Stake House

トルコ国内予約専用電話:0216 666 68 08

メール:misafirhatti@nusr-et.com.tr

予約サイト:www.rezervin.com




15826792_1384356354948191_8277175700567788029_n.jpgのサムネイル画像

トルコの伝統オヤ刺繍 トルコからお届けしています

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


2017年2月18日

来週はバレンタインデー!

イスタンブールにはチョコレート会社の工場に併設されている、本格的なチョコレート博物館があります!

26568945.jpg

Pelit Chocolate Museum

住所:Koza Mahallesi 1678 Sk. No:19 (Sanayi Mahallesi Evren Sanayi Sitesi Akbatı A.V.M. Arkası) Esenyurt-İSTANBUL

電話:+90 (0212) 411 13 00 Ext:1160 - 1326

営業時間/入場料:毎日10時~17時/25リラ

Pelit-Cikolata-Muzesi-01.jpg

学校の社会科見学としても人気の博物館。

pelit-cikolata-muzesi-11.jpg

チョコレートで作られたモスク。

Pelit-Cikolata-Muzesi-Resimleri-03.jpg

こちらはガラタ塔。

DSC08864-1024x680.jpg

ノアの箱舟と動物たち。

ちなみにノアの箱舟は、現在のトルコにあるアラトト山ふもとで見つかったという逸話があります。

39010035_2Nr3V1uLe1Zs2LgaW47s-Oce51X4qvPgOsg8e3lRn-k[1].jpg

トルコの建国者でヒーロー、アタトゥルク像もチョコレート。

Pelit-Cikolata-Muzesi-04.jpg

博物館にはショップもあるので、見学の後は工場直送のチョコレートを買うことができます。

37450502_AftKYOeGpJ9crKc25AKwBEoPPNcOxJ33BZAB1BzJJaY[1].jpg

チョコレート以外にペリット社チョコレートを使ったケーキも豊富。

dsc_0002e_u.jpg

またカフェも併設されています。

photo4jpg.jpg

チョコレート類はもちろん、それ以外のスイーツも豊富!


トルコでは、日本のようにバレンタインにチョコレートを送る習慣はありませんが、バレンタインはロマンチックなイベントとして浸透しています。夫婦が外食したり、恋人はギフトを送りあいます。

もちろん街のケーキ屋さんも便乗してチョコレートやケーキの販売に力を入れています。




15826792_1384356354948191_8277175700567788029_n.jpgのサムネイル画像

トルコの伝統オヤ刺繍 トルコからお届けしています

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


2017年2月11日
2017年2月11日
2017年2月 4日
2017年1月28日
2017年1月21日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ