海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > イスタンブール特派員ブログ > 新年男サンタクロース

トルコ/イスタンブール特派員ブログ 旧特派員 髙谷 一美

トルコ・イスタンブール特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年12月20日

新年男サンタクロース


新年男サンタクロース

tikyuu2008%20035.jpg
いよいよ押し迫ってきましたねー。日本ではクリスマス及び新年ムード満載の華やかな時期なのだろうが、トルコは地味な感じ。なんてったって、一週間の大型連休であったクルバンバイラムが終わったばっかりで、ちょっと気抜けしている感じである。イスラム教徒がほとんどだから、クリスマスはあんまり祝わないし(最近は日本と同じく、宗教とはあんまり関係なく、世界の祭りWELCOMEみたいなところもあるけど)正月は1月1日が休みになるだけ。仕事も学校も大晦日も1月2日もあるのが普通だから、あんまりカウントダウンムードは盛り上がってこないのです。

今までも何回も言ってきたけど、昔の特派員レポートにはアクセスできなくなってしまったようなので、ここでもう一度トルコの年末のお話をしておきましょう。

サンタクロースのモデルであるセント・ニコラウスは今のトルコのミュラという町の住人で、年越しの日、つまり大晦日に貧しい子供たちに施しをしました。これが、サンタクロースが良い子たちにプレゼントを配る伝説の元ネタとされています。その日がいつからキリストの誕生日に変わってしまったかは定かではないのだけれど、トルコではいまだにサンタさんは新年の風物詩で、正月のテレビ番組などにもよく登場したりします。私も、初めてサンタがあけましておめでとうといって回るのを見たときはビックリしたけどね。

クリスマスツリーも新年の木と呼ばれ、同じく正月の門松のようなものと考えてよいでしょう。木の下に置かれるプレゼントは、子供だけでなく妻や母にも買ったりします。でもやはり正月のプレゼントなので、お年玉といえましょう。さすがに大晦日の夜だけは人々は街に繰り出して大騒ぎします。特にタキシム周辺などは今年も車入場禁止になる可能性大。ボスポラス海峡を彩る花火も楽しみですね。

写真は、イスラムなのに堂々と飲酒が楽しめる国トルコのビール、冬バージョン。私は飲めないので味のほうはご報告できないけれど、このブルーのボトルかわいくありません???デコレーション用に購入しようかと思う、今日この頃。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2008年12月20日
« 前の記事「ホテルでゆっくりはいかが?」へ
»次の記事「イズニック」 へ
おすすめ記事
イスタンブール特派員 新着記事
イスタンブールで地ビールを飲む<Bosphorus Brewing Company>
イスタンブールの日本のパン屋さん<Home Bakery Istanbul>
トルコの年末ジャンボ/レジ袋有料化開始
日本人シェフ登場!国際ガストロノミーツーリズム会議<イズミール>
イスタンブール新空港、本格始動延期/ターキッシュエアラインズ 2019年GW増便決定
ボーダフォントルコの猫餌マシンプロジェクト
イスタンブールにおけるスリ被害への注意喚起
イスタンブールでボスポラス海峡クルーズ
1年前の同じ月に投稿された記事
トルコ航空機内食
ショッピングセンター一番人気
コーヒーの世界
犠牲祭

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

地球の歩き方Web特派員募集