海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/イスタンブール2特派員ブログ

中東にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

トルコ/イスタンブール2特派員ブログ tapistanbul

トルコ・イスタンブール2特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMG_2348.jpg


ISTANBUL  
THEY CALL IT CHAOS
WE CALL IT HOME

 
 

言いえて妙!まさしくそのとおり~!!!
言葉に加えて絵も”イスタンブールの縮図”という感じで最高!!!


こちらの絵、Galata/ガラタ地区(ヨーロッパ側新市街)にあるAPONIAというお店の壁にドドンと飾られています。


 
IMG_2354.JPG


初めてこの絵を見たとき、あまりにもツボにハマり過ぎてビビビ!でした。


これまで何度となくお店の前を通り過ぎては、壁の絵を見て「やっぱいいわぁ~」と思いつつ
入店せずに数年が経ち・・・先日、初めてお店の中に入ってみました!
そしたら店内には、この絵をモチーフにした商品がわんさかあってビックリ!!


 

  
IMG_2349.JPG


ポスター

 
 
IMG_2351.JPG


Tシャツ(色・形ともに何種類もありましたよ!)


 
 
IMG_2425.JPG


ポストカード

 
 

IMG_2347.JPG


立体型メッセージカード(封筒付き)

 

この他に、マグネットとか石鹸サイズの缶とかもありました。

見れば見るほど、どれも欲しい!となってしまうのがイスタンブールグッズ好きのサガ。
悩みに悩んで、ポスター(20TL)とポストカード(4TL)をお持ち帰り♪ ※1TL/トルコリラ=約31円
ポスターは筒に入れてくれたので、持ち帰りもラクチンでした。

 
 

IMG_2382.JPG


家にあった額に入れてみたら、グッと雰囲気出ました。
ここ数日、毎日この絵を見てはニマニマしています。笑

 
各商品、他のデザインも豊富で、中でも私が気になったのはこちら。


 
IMG_2350.JPG

 
次回このお店に入ったら、買ってしまうと思う・・・。かわいい。

 
 
IMG_2352.JPG

 
実はイスタンブールの形をしているこちらの三角模様。
3つの三角はそれぞれに「ヨーロッパ側新市街」「ヨーロッパ側旧市街」「アジア側」を表しているのですねー。
一見スタイリッシュな雰囲気のマグカップ!という感じですが
よくよく言葉を読み、絵の意味に気付くとニマニマしてしまうという、ニクいデザインです。


 
定番のトルコ土産はもう飽きた!今まで見たことのないやつが欲しい!!
観光地に溢れているタイプのものとは、ひと味違ったものをお探しの方にオススメです。
ガラタ塔のすぐ近くにあるので、観光途中に寄ってみてくださいね♪


 
*店舗情報*
APONIA
住所: Müeyyedzade Mahallesi Galipdede Caddesi 101/A Beyoğlu İstanbul
URL: https://aponiastore.com/

 

  


2017年7月15日


イスタンブール観光名所のひとつでもあるİstiklal Caddesi/イスティクラル・ジャッデシ(イスティクラル通り)
ヨーロッパ側新市街Taksim/タクシムからTünel/テュネルまで続く約1.4kmのこの通り
ショッピングにグルメに娯楽にと、昼夜を問わず賑わっています。


そんなイスティクラル通りのシンボルと言えばそう、こちら!


IMG_3546.JPG


通りの真ん中を走るNostaljik tramvay/ノスタルジック・トラムヴァイ
で・す・が!!!
残念ながらこちらのトラム、今年1月より運休中でございます。

 
 
というのも、現在イスティクラル通りはこんな状態に!!

 
IMG_2303.JPG


 
 
IMG_2304.JPG

 
 

IMG_2305.JPG

 
 

IMG_2306.JPG

 
 

IMG_2307.JPG

 
 

IMG_2308.JPG

 
 

IMG_2311.JPG

 
 

IMG_2338.JPG

 

・・・ひ、ひ、ひどい!!!笑
あっちもこっちも掘り起こし放題で、通りを歩くのも大変だし、お店に入るのも一苦労な箇所も。
仮の処置?!で埋められたコンクリートもガッタガタでやっつけ作業感が満載!


ただ今、絶賛大規模工事中!なイスティクラル通り。
古い雨水/排水管の地下工事をしたり、トラムの線路を振動軽減タイプのものにリニューアルしたり
あっちもこっちもテンヤワンヤ中です!


  
ちなみに、工事終了後の完成図はこんな感じ。


7.jpg

(※画像はCumhuriyetより)

 
 

2__2_.jpg

(※画像はCumhuriyetより)



今年1月中旬の時点では、トラムは半年間運休!と言っていましたが・・・
そろそろ半年経ちますが、どうでしょうねー。まだまだ掛かりそうな雰囲気でしたけど。笑
気長に待つと致しましょう♪


  


2017年7月13日


カオスな街、イスタンブール。
見どころ満載で坂道の多いこの街をあちこち歩き回っていると、喧噪疲れ・人疲れしてしまう方が多いのも事実。


そんな時にオススメしたいリラックス方法が世界遺産に沈む夕日を愛でること。

 

sunset1.JPG

 
 

ブルーモスク・アヤソフィア・トプカプ宮殿など歴史的建造物も多い、世界遺産 イスタンブール歴史地区エリア。
異国情緒あふれるこのエリアを、海越しに大パノラマで拝めるのがKadıköy/カドゥキョイの街。
イスタンブールのアジアサイドに位置するこのエリアは、海沿いが遊歩道になっており
世界遺産バックに写真撮影もできる絶景フォトスポットとしてもオススメです。

 
 

 
 

春夏秋冬どの季節に訪れても、美しい大パノラマを望むことができますが
特に今の時期は、ちょうど世界遺産の後ろに沈む夕日を見ることができるので特にオススメです。

 
 
sunset2.JPG

 
 
同じ季節に同じ場所から見る景色でも、日によって表情もさまざま。
毎日見ても飽きない、見るたびに心洗われる、そんな景色です。

 
 
sunset3.JPG

 
 

sunset4.JPG


 
 
sunset5.JPG




空模様によっては、サンセットタイムの数分間がなんともドラマチックな時間になることも!
(以下6枚の写真は、同日に撮影したものです。)


sunset6.JPG

 
 
sunset7.JPG

 
 
sunset8.JPG

 
 
sunset9.JPG

 
 
sunset10.JPG

 
 
sunset11.JPG

 
わずか10分ほどの間に、これだけ変わる空の色。
海辺に腰かけ空模様を眺める時間は、有名観光スポットを訪れるより贅沢なひととき!かもしれません。

 
サンセット観賞にオススメの時間帯は、日没時刻を挟んで前後20分ほど。
今の時期は20:40頃に日が沈むので、20:30~20:50くらいが見頃です。
観賞のお供に、近くのスーパーで飲み物やスナック(トルコ流にはヒマワリの種)の調達をお忘れなく♪

 


2017年7月 6日
2017年7月 1日
2017年6月29日
2017年6月23日
2017年6月15日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ