海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/イスタンブール2特派員ブログ

中東にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

トルコ/イスタンブール2特派員ブログ tapistanbul

トルコ・イスタンブール2特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

どうせ食べるなら、美味しいものを!!
ということで、以前ご紹介したトルコのサバサンドの中でもイチオシ!の屋台を大公開♪

 

eminusta①.JPG


この方が本日の主役Emin Usta/エミン・ウスタ。*usta=職人の意
地元トルコ人や在住外国人のみならず、情報通な外国人旅行者までもが「エミン・ウスタの味」を求めて
集まって来るという人気ぶり。
エミン・ウスタを知らずして、本場イスタンブールのサバサンドは語れない!
いわばサバサンド界の重鎮です。


 
以前はヨーロッパ側新市街Karaköy/カラキョイの海沿いに屋台を構えていたエミン・ウスタ。
オトナの事情により数年前にその場を追われ、現在は一本裏手の道で営業しています。

 
先日久しぶりにエミン・ウスタの味と再会しましたが、手間暇かけて作るウスタのサバサンドは
やっぱりスペシャルでナンバーワン!!!
この屋台では現在、トルコパン エキメッキ/Ekmekに挟んだタイプのいわゆるサバサンドではなく
サバラップ(ラップサンド形式のドゥルム/Dürüm)のみを販売しています。

 
年々高騰するサバサンドの価格。
2017年6月現在、サバサンド10TL/サバラップ12TLが平均的なお値段です。※1TL/トルコリラ=約30円
ちなみに、エミン・ウスタのサバラップも12TLでございます。

 

お喋りをしながら作る行程を見ていると、他の店では見たことのない”美味しさの秘訣”が次々と。
パプリカペーストを生地に塗り、サバの骨は丁寧に取りのぞき、野菜は生だけでなく炒めたものも入ってる。
ザクロエキスに加え甘草エキスまで使っていたのには驚きました。
生地の上からオリーブオイルをたらしてジュージュー焼きつつ、スパイスとレモンの風味を追加して出来上がり。
・・・そりゃぁ美味しいに決まってる♪♪


 
 

ふたりでシェアして食べたかったので半分にカットをお願いすると、できたてドゥルムを突き出すウスタ。
ドゥルムの反対側を持つよう目で合図し、おもむろにカット!


eminusta②.JPG

 
初めての共同作業♪の画。とってもオチャメなおじちゃんです。

 
 
 

eminusta4.JPG

 
海辺に移動し腰かけて、旧市街のTHEイスタンブールな景色を堪能しつつ頬張ると、美味しさ倍増!

 
 
eminusta3.JPG

 
断面図を見れば、一目瞭然!具だくさんでボリューミー。

 
 
さてさて、気になるエミン・ウスタの屋台への行き方を、写真でご案内致しましょう。

 
eminusta5.JPG


ヨーロッパ側の旧市街と新市街を結ぶガラタ橋
旧市街Eminönü/エミノニュに背を向け、新市街Karaköy/カラキョイ側へ橋を渡ります。
橋を渡り切って左にある階段を下り、海を左手に見ながらまっすぐ進みます。

 
 
eminusta6.JPG

 
右に魚市場、左にTURYOLという会社の船着場があるのでその間を越え、さらに進みます。
(カラキョイは他の場所にも船着場があるので注意!)
 
 
 
eminusta8.JPG

 
魚市場の先にレストランを見ながら開けた広場まで進むと、右に小道があるのでそこを右折し進みます。

 
 
 
eminusta7.JPG

 
突き当りに駐車場があり、その駐車場の一角でエミン・ウスタは屋台営業をしています。

 

裏通り沿いという立地もあり、日没後は特に土地勘のない旅行者の方がこの辺りを歩き回るには
治安面で注意が必要です。
エミン・ウスタの味を安心して堪能するためにも、人通りの多い日中に行くことをオススメします♪

 
 
*屋台情報*
Balıkçı Emin Usta/バルックチュ・エミン・ウスタ
場所: ヨーロッパ側新市街Karaköy/カラキョイ 魚市場裏手
営業: 12:00-23:00(時間変動あり/不定休)
 



2017年6月15日

アジアとヨーロッパを結ぶ連絡船が行き交うイスタンブールの海。
日々の暮らしの中で大陸またぎをするという特異な立地、イスタンブール暮らしの醍醐味です。


連絡船の発着地のひとつである、アジア側に位置するKadıköy/カドゥキョイの海辺は
船を利用する人や美しい景色を堪能する人々で、昼夜を問わず賑わっています。


海辺にいくつかある船乗り場のひとつ、Beşiktaş/ベシクタシュ(ヨーロッパ側新市街地)行きの建物。


kutuphane1.jpg

 
 

この建物に背を向けて進み、信号を渡るとすぐそこにあるコチラ。


kutuphane2.jpg


 
 
kutuphane3.jpg

 
 

kutuphane4.jpg


今まで何気なく通過していましたが、つい最近まで知りませんでした・・・ここが図書館であることを!
「静かな集中できる場所が欲しい~。」と思っていたら、灯台下暗し!!
ということで、さっそく利用してみました。

 
 


世界遺産を臨む海辺と図書館はまさに、目と鼻の先~♪

 
 

kutuphane5.jpg


建物に入るとすぐそこが受付。
“Merhaba, Hoşgeldiniz!”(メルハバ、ホシュゲルディニズ!/こんにちは、ようこそ!)
と受付の方が迎えてくれます。
館内見学だけも可能ですし、デスクスペースを利用して読書・勉強等をすることもできます。


さらに館内は無料WiFi完備なので、PCを持ち込めばネットを使っての作業も可能です。
デスク周りにコンセントがある席も多いので、充電の心配もありませんよ!
見学・デスク使用ともに入館時には、パスポートやイカメット(滞在許可証)等のID提示が必要になります。


kutuphane6.jpg


デスクスペースは、勉強に勤しむ学生さんでいっぱい。


 
 
kutuphane7.jpg


デスクスペース使用の場合、受付で席札をもらいます。
各デスクに席番号が書かれており、渡された番号の席を利用する形となります。
無料WiFiはパスワード入力が必要なので、受付で確認しましょう。
またコンセントを利用したい場合は、コンセントが近い席をリクエストすることも可能です。

 
 
kutuphane8.jpg

 
 
kutuphane9.jpg


デスクスペースは1階と2階にそれぞれ2部屋ずつあります。
座席によっては窓越しに海が見え、なんとも心落ち着くスペースです。


 
 
kutuphane10.jpg


海が見えずとも、敷地内の緑が目に優しい席もありますよ!

 
 
kutuphane11.jpg


この部屋のデスクは利用できませんが、海も見えるしステキ空間でした。

 
街の喧騒から逃れ、静寂に包まれ穏やかなひとときを過ごすことができる都会のオアシス。
午後から行くと席が空いてないこともしばしば・・・なので、デスクスペースを利用する場合は
早めの出動をオススメします。

 
 

*施設情報*
Kadıköy Belediyesi Tarih Edebiyat Sanat Kütüphanesi Ve Kültür Merkezi
住所: Caferağa Mahallesi Rıhtım Caddesi No:2/3 Kadıköy İstanbul
電話: +90 216 337 86 54/55
開館: 10:00-18:00(月曜休館)
URL: http://www.kbtesak.org/

 
 


2017年6月 6日

イスタンブールモチーフものには目がない私・・・。

 
05.18.1.jpg


買っちゃった♡♡♡
イスタンブール缶&シミット(トルコのゴマパン)マグネットです。


イスタンブールものなら何でもいいわけではなく、私なりに可愛い/可愛くないがありまして・・・。
かなりの確率で可愛い♪と思うものを扱ってるのがコチラ!


hediyem_logo.png


Hediyem İstanbul/ヘディエム・イスタンブール
http://www.hediyemistanbul.com/


年に数回、市場調査wに行っていますが、行くたびに新商品が出ていてついつい買ってしまいます。
このシリーズの商品を扱っているİstanbul Kitapçısı/イスタンブール・キタップチュスというお店は、イスタンブールに10ヶ所以上あるので観光途中に遭遇する確率も高めです。


取扱店舗一覧は↓コチラ↓から。
http://www.hediyemistanbul.com/Pages/Iletisim
(※ページの”PERAKENDE SATIŞ NOKTALARIMIZ”以下が店舗一覧です。)

 
 
本日は取扱店舗のひとつ、Kadiköy Şubesi/カドゥキョイ・シュベシ(カドゥキョイ店)をご紹介!
こちらはお土産屋さんにカフェが併設されていて、そこからはナント!世界遺産がまるっと臨めちゃうのです♪
まずはお店への行き方から。

 
 
05.18.2.jpg


写真の建物(カドゥキョイの船着き場)に入り、建物内左側をまっすぐ進みます。
※カドゥキョイの船着き場は、船会社/行先別にいくつかあるので、この写真の建物を目指してください。

 
 
 
05.18.3.jpg


建物内左側を進むと、この階段があるので上ります。

 
 
 
05.18.4.jpg


2階に入口がございます。いらっしゃいませ~。

 
 
 
05.18.5.jpg


店内手前にはお土産&本などの販売スペース。こちらに萌え萌えイスタンブールグッズがございます。
そして店内奥はカフェスペースに。日焼けを気にせずゆっくり過ごしいたい方は、屋内席がオススメです。

 
 
 
05.18.6.jpg


日焼けなんて怖くないぞー!というアナタは、こちらのテラス席へ是非。
とは言っても、これからの時期のイスタンブール、日中の日差しの強さがハンパないので帽子&サングラス&日焼け止めは必須です。午前中または夕暮れ時に訪れると、日差しの強さを気にせずゆったり過ごせるかと思います。
ちなみに夏場は写真奥の世界遺産イスタンブール歴史地区の後ろに陽が沈むので、サンセット鑑賞の場としても打ってつけですよ♪


絶景具合がいまいちわからん!という方のために、動画もご用意しましたよ~。



どうですか?伝わりましたか?絶景具合♪
連絡船の発着も間近で見られるし、海の向こうは世界遺産だし、「あ~キテる!私、異国来てるわぁ~!」感をたっぷり味わっていただける場所かと思います。

 
 
 
05.18.7.jpg


そうそう、イスタンブールモチーフものではこんなものもありますよ♪
新しいデザインを見つけるたびに買いたくなってしまう、キーホルダーたち。私も鍵に付けて愛用しております。
(※イスタンブール柄トレイは販売していません。)

 
お買物にカフェ休憩に絶景鑑賞に!立地も分かりやすいので、イスタンブール初心者にもおすすめのスポットです★

 
 

*店舗情報*
İstanbul Kitapçısı Kadiköy Şubesi
住所: Rihtim Caddesi Şehir Hatlari Eminönü - Karaköy İskelesi İçi 2.Kat Kadiköy İstanbul
電話: +90 216 418 9240
営業: 10:00-22:00(定休日なし)
URL: https://www.zomato.com/tr/istanbul/i%CC%87stanbul-kitap%C3%A7%C4%B1s%C4%B1-kad%C4%B1k%C3%B6y-merkez-istanbul

 


2017年5月19日
2017年5月16日
2017年5月12日
2017年5月11日
2017年5月 6日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ