海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > カンボジア/コンポントム特派員ブログ

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

カンボジア/コンポントム特派員ブログ 吉川 舞、八木 祐樹

カンボジア・コンポントム特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

どーもポペーこと八木です。
ここ最近乾期らしいあっつーい気候になったなーっと思っていた矢先、この時期には珍しい
大豪雨のカンボジアです。(例年雨降らないので不思議なんですよね~~)

さて、こんな変な天気のカンボジアですが先日、プノンペンからちびっこ探検隊が
サンボー・プレイ・クックの森の謎に挑戦しに来てくれました!!
探検隊2 (6).jpg

(隊員たち)

隊員たち.jpg

(謎解きマスターガイド・チャンダさんの説明を聞く隊員たち)

冒険マップを片手に道なき道を突き進みマップのいや、サンボーの謎を解き明かしながら
進んでいく隊員たち!(実際はちゃんと道ありますが・・・雰囲気出すためにね。。。)

マップを片手に (1).jpg

(マップを片手に突き進む!)

何かを発見 (1).jpg

(途中何かを発見!)

さらに、森で出会った村の人達と一緒に伝統工芸品のロペア作りまで!
ある隊員は。将来私はここでロペア作りをするわ!と将来の進路まで決めてしまう始末!笑


ロペア体験2 (1).jpgロペア体験1.jpg

(村の人とロペア作り!)

この冒険で得た経験は今後の隊員の人生に深く刻まれていく事でしょう!
そんな私たちナプラ・ワークスは、サンボー・プレイ・クックの森の謎を一緒に解き明かして
くれる探検隊員を絶賛募集中です!
すべての謎を解き明かした暁には素敵なお宝が目の前に!


と、お子様連れのファミリーでも楽しめる遺跡冒険ツアー!!
弊社での精鋭インターンズ、植田千晶、井上奈緒子、白石彩が練りに練って作り上げてくれました!!
遺跡ツアーの多くは、お子様連れだと説明が難しかったりして両親は楽しいけどお子様はただただ、
お父さん、お母さんの後ろを付いて歩くだけで。飽きてしまう事がしばしば目に付くんですよね。
(ダダこねちゃったりもするんです)
せっかく来てくれたのに、面白くないと思ってほしくない!せっかくの家族旅行。家族みんなが
楽しめるツアーを作ろう!と、企画した遺跡冒険ツアー!
手作り冒険マップも冒険感あふれる仕上がりとなっており、濃い内容のツアー!!
サンボーでは主役はお子さんです!
是非、家族みんなでサンボーの森の謎を解きいらしてください。

探検マップ1-1.jpg

(探検マップ)


集合写真 (1).jpg
最後に今回の隊員と謎解きマスター・ガイドのチャンダさんとお母さんたちみんなで写真!!


2017年3月28日

どーも村でポペーと言われている八木です!!
(ちなみにポペーとはカンボジア語でヤギって意味。。。)
昨年の12月くらいからちょっと忙しくブログの更新が滞って
おりました。。。。すいません。。。
何故、滞っていたかと言いますとこんなものを作っていたのです!

じゃーーん
マップ1-1.jpg

IMG_3247 (1).jpg

オール手描きのコンポントム街歩きマップ!!
これを作っていたのです!
と、言っても私はマップ作りの取材に同行をして頂けなのですが・・・
このマップ、弊社のスーパーインターンのなおぺスこと井上奈緒子ちゃんが
すべて手描きで作ってくれたのです♪♪素晴らしい!!
この手描き感とクラフト紙感が冒険心をくすぐる一枚になっております!
さて、そんななおぺスからマップを作った経緯や、苦労したところを綴って
いただこーと思います~~。

では、なおぺスよろしく!!


はじめまして!インターンスタッフのなおぺすこと井上奈緒子です。
コンポントムの街を観光してみたい!と思った時に、
「どこがおすすめのレストランなの?」「絶景スポットはどこなのか?」「博物館はあるの?」
とたくさん知りたいことが出てくると思います。
これらについて詳しく掲載されている資料が、まだコンポントムにはなかったため、
コンポントムを盛り上げるファーストステップに、このマップを作ってみました!

マップの中には、市内で人気のレストランやローカルの人に大人気の場所、
王道から邪道まで、様々な情報が載っています。
レストランやホテル、銀行から、夕方のエクササイズからローカル市場まで…
小さなマップに様々な情報があるのでぜひチェックです!

クメール語が話すことができないと心配な方でもご安心ください。
市内の移動の際に使う言葉をいくつか載せています。
ぜひ、クメール語の発音に挑戦してみてください!
何度か発音しても伝わらないようでしたら、
クメール語を見せたら使えるようになっています!

一番のこだわりは、全手描きでポケットに入るサイズにしたこと!
また、手描きなのでいろんな面白いイラストがあります笑
「これはなんだろう?」と思いながら、足を運んでみてください!

マップを見てみたい!ほしい!という方は。。。
市内の中心部にあるいくつかのホテルや、
川沿いのインフォメーションセンターなどに置いてあるので、
ぜひこのクラフト紙マップを探してみて下さい。
また、市内のトゥクトゥクのおじさんたちも
このマップを持っているので、聞いてみてもいいかもしれません。
マップ2-1.jpg
(DKホテルフロント)

IMG_3254 (1).jpg
(インフォメーションセンター)


皆さん是非、コンポントムマップを片手にぶらり街歩きは如何でしょうか。


2017年2月 5日

こんにちは吉川で~~す。
突然ですが、これなんだかわかりますか?
20161011-4-01.jpg

村のお庭で育った自家製唐辛子なんです。
見た目は辛そうに見えますが、まったく辛くない。むしろ爽やかフルーティ。
サンボープレイクック遺跡周辺の村を歩いていると、村のおばちゃんたちに良く声を掛けてもらうんですね。
よくあるのが、「ごはん食べたか?」や、「ちゃんとご飯食べてるか?」
カンボジアはごはん至上主義。まだごはんを食べてないよと答えたり、ちょっと忙しくて食べていないとわかると、「これ食べれ」や、「ごはん食べていきなさいよ」などまー、実家に帰った時のおかーちゃんのように、みんな温かく同じ事をおっしゃられるんですよ。
最終的には「うちでご飯食べていかないの?いちごあんのに。もう。」みたいな、まるで中川家の漫才のようなやり取りまで。(注:カンボジアの村にイチゴはありませんが。。。)
そんなふうに声を掛けてくれたお家の軒先や庭で他愛もないお話を楽しんで、そろそろお開きかなというタイミングになると、おばちゃんたちが庭へ向かって歩き出し、おもむろにいろんなものをもぎ始めます。
「これ、持っていきんさい」と。
そして渡してくれるのが、おうちで育った、そのときどきの野菜や果物たち。
おばちゃんたちが庭で丹精込めて作った元気な作物。しかも、もぎたて。
マンゴーのシーズンになればマンゴーを。

20161011-4-02.jpg

いろんなおうちの方からいただくので、種類も様々。

バナナが取れる時期になるとバナナを。
これが、またデカい。日本では見たこともないようなサイズのお野菜や果物たち。

20161011-4-03.jpg

なんと、新米の時期になるとお米まで頂いちゃったり。
おばちゃんたちの愛情が詰まったお野菜や果物。
スーパーなど、街で売っているものとは一味違うお野菜達とおばちゃんたちの温かさを味わいに、カンボジアの
おへそ、コンポントムを訪れるのはいかがでしょう。

つづく


2016年12月 8日
2016年12月 8日
2016年11月10日
2016年10月31日
⇒すべての記事を見る

カンボジア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ