海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ 春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


IMG_20180913_080735_wm.jpg


カトマンズとポカラの間、バンディプルの少し手前に、ネパールで一番大きい(広い)と言われている「シッダグファ」という洞窟があります。


地球の歩き方ガイドブックには載っておらず、日本人にはほとんど知られていないかもしれません。


IMG_20180913_080602_wm.jpg


ヒンドゥ教の神が祀られている一番奥まで片道437m、洞窟内の一番広い空間で高さ45mあるとか。中にはトリスリ(シバ神が持つ三叉の槍)が祀られている場所や、ほら貝・カリフラワー・装飾が施されたお城の柱、鶏等に見える岩があり、これらを探しながら進んで行きます。


IMG_20180913_080544_wm.jpg


ところどころ歩くのが難しくなる場所に鎖や梯子がかけられていますが、それ以外はすべてむき出しの地面を歩きます。湿った地面は滑りやすく、滑りにくいしっかりした靴を履いて挑まないと危険。


IMG_20180913_080631_wm.jpg


ネパールで観光客がよく訪れる洞窟というと、ポカラのグプテシュワル・グファがありますが、最近、入口からしてゴテゴテに整備され、洞窟の中も歩きやすいようにコンクリートが流されてしまいました。ネパール人女性など、高いヒールを履いて訪問する人もいますが、それでも行けてしまうほど、かなり人の手が入っており、行くたびに残念感を感じます。


一方シッダグファは、照明は一切なく、ここが日本であれば、安全上ヘルメットとヘッドライト完備でないと入場許可されないのでは、というような、アドベンチャー心をくすぐる洞窟です。


洞窟好きの方、シッダグファに人の手が入らないうちに、是非訪れてみてください!


IMG_20180913_080750_wm.jpg


<訪れ方>
カトマンズから幹線道路(プリティビハイウェイ)をポカラ方面へ向かい、約130㎞ほどの場所にある「ビマルナガル」が最寄の場所。


バスで行く場合は「ビマルナガル」下車後、洞窟入口を示す看板を見つけ、東に延びる山道を1時間弱ひたすら登ります。


貸切車で行く場合は、洞窟入口を示す看板からさらに500m程車で移動できます。車1台がやっと通れるぐらいの道が東に延びているのでここを進むと、レストラン軒駐車場が。ここに車を停めさせてもらい、30分程山道を登ります。


※「バンディプル」からも徒歩で往復できるそうです。


IMG_20180913_080716_wm.jpg


<入場料>
外国人 200ルピー (ネパール人20ルピー)
現地ガイド同行費用 200ルピー


<注意>
間違ってもサンダル履きでは行かないでください。滑って怪我をする恐れがあります。
ガイドを頼むと懐中電灯は貸してくれますが、中はかなり滑りやすく、険しい道のりですので、両手が空くようにヘッドライトがあると便利。また、準備できればヘルメットと軍手があると安心して探検に挑めます。


IMG_20180913_080819_wm.jpg


2018年9月21日

DmIwXODWsAEXBEk (1).jpg


雨期中はネパール各地で土砂崩れが発生します。土砂崩れを心配するのであれば、ネパールには来ないほうがよい、と言えるほど、日常的にあちこちで発生します。


最初の2枚は、9月2日~3日にかけて、ランタン方面へ続く車道(トリスリ~ベトラワティ間)で起きた土砂崩れの様子。


2日夕方カトマンドゥを出発しドゥンチェに向かっていたガイドたち、夜のうちにここを通過するはずだったのですが、前を走るジープがここで立ち往生しており、様子見のため近くの宿で一泊。


翌朝様子を見てみると、夜間の間に少しずつ崩れた土砂が、昨晩動かせずここに放置していたジープまで流れ込み、タイヤが浸かってしまうという事態になっていたとのこと。これは自分たちも被害に巻き込まれかねない、とのことで、通過せず引き返すことにしたのでした。


DmIwYDwX4Ac-mDS (1).jpg


=== 


DlVPMcVWwAAAsh_.jpg


次の2枚は、カトマンドゥ~ムグリンへ行く途中のガルチ付近にて、8月24日に起きた土砂崩れの様子。ネパールの幹線道路はどこもそうなのですが、う回路がないため、道をふさがれてしまうと復旧まで気長に待つしか方法はありません。


DlVPWkJXsAUKI7M.jpg


=== 


カトマンドゥ~チトワンへ向かう道の途中、ムグリン~ナラヤンガート間も、土砂崩れ頻発区間です。


約2年間続いた道路拡幅工事が終わりに近づき、6月に舗装は終わったのですが、削られた崖はまだむき出しのままの箇所がたくさん残っています。


Dl0lCIcWsAAWKIx.jpg


今年6月5日~9月11日まで、ニュースになっただけでもこの区間で17回の土砂崩れが発生し、そのほとんどが、復旧に半日以上かかっており、その間は車両通行止めとなっていました。


写真は大雨が降るとほぼ毎回崩れニュースで頻繁に名前を聞く「チャールキロ」という付近です。


このように雨期中は避けて通れない各地での土砂崩れ。何時間も足止めを食い、予定が大幅に崩れることもありますが、そんなこともひっくるめて、ありのままのネパールをお楽しみください!


2018年9月12日

DmeR-mvWwAAZUlq.jpg


9月2日より、カトマンドゥ市内次の6ヶ所で、1日各30分ずつの無料wifiサービスが始まっています。


1.カトマンズダルバール広場
2.パシュパティナート寺院
3.スワヤンブナート寺院
4.ボダナート寺院
5.バラジュ庭園
6.サンカパーク(ドゥンバラヒ)


6のサンカパーク以外は、地球の歩き方ガイドブックにも掲載されている、観光地にもなっている場所です。


各地で利用可能なネットワークをクリックすると、冒頭のような画面が出るので携帯番号を入力しますと、ログインコードがSMSで送られてきます。これを設定画面に入力するだけです。


電話番号を入力しなくてはいけないのがややネックかもしれませんが、観光の際には是非利用してみてください。


(予告なくサービス中止となることもあります)


2018年9月 8日
2018年9月 6日
2018年8月21日
2018年8月10日
2018年8月 9日
⇒すべての記事を見る

ネパール旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ネパールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

地球の歩き方Web特派員募集