海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > カトマンドゥ特派員ブログ > ネパール地震後のカトマンドゥダルバール広場

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ 春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年5月 8日

ネパール地震後のカトマンドゥダルバール広場


メール プリント もっと見る

ネパール地震後のカトマンドゥダルバール広場

4月25日正午前に発生した、カトマンズ北西約80kmを震源とするM7.8の大地震。


私の人生の中でも初めて体験する、立っていられないほどの大きな揺れ。その後、気持ちを落ち着かせる間もなく、翌日より、地震の取材のためネパール入りされた記者の方に同行し、10日間被災地をまわりました。


地震発生から3日目にカトマンドゥ市内ダルバール広場を訪れたときには、言葉を失い、涙をこらえました。


≪4月27日。崩れた寺院と瓦礫の山≫
DS0427.jpg


≪4月28日。小雨降る中、瓦礫撤去と捜索活動が行われる≫
DS0428.jpg


≪4月28日。全壊したクリシュナ寺院。八角形の建物が独特だった。日本の救援隊もネパール入り。明日からの本格活動に向け現地調査を始める≫
DS0428-Krishna.jpg


≪4月28日。外壁がはがれ、広い範囲で崩れかけている旧王宮≫
DS0428-2DSC_1536.jpg


DS0428-3DSC_1537.jpg


≪4月28日。ダルバール広場を後にする際ふと振り返ると、きれいな夕焼けが広がっていた≫
D0428-5.jpg


=== 


その後、ネパール各地から集まるボランティアたちが日に日に増え、瓦礫も撤去されつつあります。ボランティアたちが黙々と果敢に活動する姿には、胸を打たれます。


皆で力を合わせ、美しいネパールの姿を取り戻すことができれば、と願うばかりです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年5月 8日
« 前の記事「カトマンドゥの地震」へ
»次の記事「ネパール地震後のスワヤンブナート寺院」 へ
いっしょに読みたい 関連記事
カトマンドゥ特派員 新着記事
【注意】偽500ネパールルピーの流通について
ネパール新年から「緊急時以外のクラクション使用禁止」に!
ムグリン⇔ナラヤンガート間車両通行止め情報
【テレビ番組のお知らせ】BS-TBS「世界の窓」放送10周年スペシャル~窓から見える先駆者たちの物語~ #ネパール
アンナプルナベースキャンプルート一時立入禁止中(2017/3/17追記)
タライ地域での各種抗議活動への注意喚起
タライ地域での抗議活動への注意喚起
すぐれない天気で迎えた2017年
1年前の同じ月に投稿された記事
【テレビ番組のお知らせ】MBS(TBS)ホムカミ5/18放送
【テレビ番組のお知らせ】日テレ系Going! Sports & News 5/3,4放送

ネパール ツアー最安値


2017/4/23更新

アジア 航空券情報


ネパール旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ネパールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ