海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > カトマンドゥ特派員ブログ > ネパール新年から「緊急時以外のクラクション使用禁止...

ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ 春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月14日

ネパール新年から「緊急時以外のクラクション使用禁止」に!


メール プリント もっと見る

ネパール新年から「緊急時以外のクラクション使用禁止」に!

KIMG0243.jpg

明けましておめでとうございます。
ネパールの公暦ビクラム暦2074年の始まりです。


さて、本日より交通ルールが改正され、カトマンドゥ盆地内での車両走行時、緊急警告以外のクラクション使用が禁止される事になりました。違反するとRs500~1500ルピーの罰金が課せられるとのこと。


先日から、カトマンドゥ市内のあちこちに、告知の看板が立てられたり、バナーを掲げ市内を走る公共バスも見られたりしています。


こちらの運転手(とくにタクシーやバスなどの公共交通車両の運転手)は、運転中とにかく意味もなくクラクションを鳴らします。


歩行者が普通に道の端を歩いていて、危険範囲内に存在していないことは明らかなのに。
前に普通に走行車両がいるだけなのに。
自分がルール違反をし逆走してきているのに、本車線をおとなしく走る車両に対して。


等、 本来鳴らす必要のない時にでも、無意味に鳴らし続ける運転手がたくさんいます。


街にはクラクション音が氾濫しているため、歩行者も慣れており、自分の真後ろでならされるクラクション音に対しても、びくともしないことがほとんど。完全無視、というよりも、もともと音が耳に入っていないのです。


こんな状態でしたので、いっそのこと、ネパール特別仕様の、クラクション未装備車を流通させてほしいと思ったこともあります。


しかし本日より、無意味な発音は罰金対象になるとのことで、どれだけ減るのか楽しみにしているところです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2017年4月14日
« 前の記事「(追記あり)ムグリン⇔ナラヤンガート間車両通行止・土砂崩れ情報」へ
»次の記事「【注意】偽500ネパールルピーの流通について」 へ
おすすめ記事
    カトマンドゥ特派員 新着記事
    ネパール南部での大雨による影響について
    ヒルに注意!雨期中のネパールトレッキング(閲覧注意)
    ネパールのオンラインビザ入力方法
    5月14日ネパール地方選挙に伴う車両使用禁止について
    カトマンドゥの交通ルール改正(横断歩道以外横断禁止)
    【注意】偽500ネパールルピーの流通について
    ネパール新年から「緊急時以外のクラクション使用禁止」に!
    (追記あり)ムグリン⇔ナラヤンガート間車両通行止・土砂崩れ情報
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ネパール大地震から1年、村の様子
    ビクラム暦新年・2073年になりました
    ネパール大地震からもうすぐ1年、カトマンドゥダルバール広場の様子

    ネパール ツアー最安値


    2017/8/19更新

    アジア 航空券情報


    ネパール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ネパールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集