海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ケンダル特派員ブログ

イギリス/ケンダル特派員ブログ トモコ・オルダーソン

イギリス・ケンダル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


ノッティング・ヒルは、今でこそおしゃれな高級住宅地の印象がありますが、かつてはちょっと荒れた下町でした。そこにカリビアンやスペインの移民や、新進気鋭の文芸人や画家が住みつき、そしてヒッピー、パンク、ロックなど若者文化(カウンター・カルチャー)が浸透して、ロンドンでも少し異色な文化地区として発展していきました。

ポートベロ通りからタルボット通りを東向きに歩くと、赤いレンガのゴシック様式の建物、ターバナックル(ポウィス・スクエア34-35番地)は現在アート・センターとして使われています。中に入ると居心地の良いカフェ・バーもあり、まさしくノッティング・ヒルの住民のコミュニティー・ハブ、旅人のウォーキングの拠点にもぴったりです。カリビアン文化をルーツに始まったノッティング・ヒル カーニバルの運営事務所でもあり、常設の写真展示やスチールパン・バンドの練習場にもなっています。4-1tabanacle.jpg
ターバナックルの少し西側に、オールセイント教会があります。住宅街の真ん中にドンと腰を据えた存在感のある建物です。60年代後半、無名だったピンクフロイドがここで定期コンサートを大成功させた後、世界的に有名なサイケデリック・バンドに成長したという逸話があります。4-2allsaint.jpg
オールセイント教会、ターナバックルの向かい側にある、ポウィス・スクエア25番地は60年代に撮影されたミックジャガー主演の話題映画、『パフォーマンス 青春の罠』の舞台に使われた家だったと英語版に書かれていました。家に戻ってから、学生の頃ノッティングヒル近辺に住んでいた夫に何気なく・・・・
私:「ポウィススクエアでミックジャガーが映画撮ってたのは聞いたことある?」
夫:「知ってるも何も・・・僕、そのその家に住んでたよ。25番地!日本人の観光客がよく家の前で写真をとってたぜ。」
私:「へえ~!!」4-3paformance.jpg
ワーナー・ブラザーズが製作したこの映画は麻薬や暴力的なシーンの多い問題作だったようですが、当時ロックン・ロールの大スターだったミック・ジャガー初主演の映画ということで話題になり、ファンがこのロケ地を訪れていたようです。撮影当時の25番地の家には、2階部分に出っ張ったバルコニー式サンルームがあり、夫はその部分を間借りして住んでいた・・・ちょっと因縁のあるスポットです。(現在サンルーム部分は改築撤去)4-4powis25 mon.jpg
この本ではかつて人々を震撼させたリリントン・プレイス10番地という住所も紹介されています。この住所は連続殺人鬼ジョン・レジナルド・クリスティが8人の女性を殺害して死体を隠していた家で、この実話をもとにして『10番街の殺人』という映画が撮影されました。驚いたのは、その殺人現場の家でロケが行われたこと。キャストもすばらしく何とも不気味で奇怪なサスペンス映画に仕上がっています。(家はその後解体され住所消滅)4-5lilington.jpg
最後に、永遠のギターヒーロー、ジミ・ヘンドリックスのファンの巡礼地になっているノッティングヒルの住所をご紹介しておきます。ラッドグローブ通りの南側、ランズドウン・クレセント22番地はかつてサマルカンドという名のホテルでした。1970年9月18日にジミヘンドリックスはガールフレンドのモニカ・ダンマネンとこのホテルに滞在。しかし翌早朝急死。ワインと睡眠薬のために窒息死だったといわれています。

ノッティング・ヒルの深堀り情報が満載の、『Notting Hill A Walking Guideノッティングヒル ウォーキングガイド』はアマゾン やNottinghill editionsの4-7nottiinghill a walking guide.jpg


2018年11月25日

ポートベロ通りの青果屋台からさらに北上すると、ウェストウェイ(Westway)といわれる高速道路の高架下に到着します。週末は古着屋台が立ち並ぶので、デザイナーや学生など、ロンドンのファッショニスタが新作のアイデアやおしゃれなビンテージ・アイテムを求めて集まってきます。3-1portobello vintage.jpg
60年代や70年代のプリントのワンピースやヒッピー系、毛皮、ハリスツイードやミリタリーなどが所狭しと並んでいます。人が群がっている古着屋台には当然掘り出し物が多く、びっくりするような有名ブランドの古着が並んでいることもしばしば。旅人ならビンテージのスカーフやバッグなどの小物をさがしてみてはいかがでしょう。3-2portobello vintage 2.jpg
ちなみに、ポートベロ通り293番地にはかつてミリタリーファッション専門のちょっと有名な古着ブティックがありました。ミック・ジャガーがその店で買った赤い軍服を着てテレビ番組に出ると、たちまち店にお客が殺到、追従したジミ・ヘンドリックスやエリック・クラプトンによってミリタリーファッションが大流行しました。

高架の手前、電車が通る陸橋の壁にはカラフルなモザイク壁画があります。これは1930年代に勃発したスペイン市民戦争の時に、この地域からも市民の国際義勇軍がスペインに入り、フランコ総督の圧政と戦いました。 その勇姿をたたえて2006年に進呈されたものだそうです。3-4portobello wall.jpg
ポートベロ通りを挟んでその壁画の反対側にはアックラム・ビレッジ(Acklam Village)といわれる食べ物の屋台が集合する一角があります。3-5acklam.jpg
カリビアンをはじめ、トルコ、スペイン、イタリアン、モロッコ、中華、韓国、インドなど、世界各国のおいしいファーストフードを安く食べ歩きできるので、お昼時になると観光客、ロンドンのB級グルメファンで大変なにぎわいです。
アックラムビレッジの屋台の背後の壁には、ともすると見落としてしましそうな「落書き」があります。それはあの有名なバンクシーのグラフィティ。 80年代、社会への批判や皮肉を描いた彼のグラフィティがロンドンのいたるところに出没、大きな衝撃と興奮と勇気を与えました。「ディズマ・ランド」を監修たり、最近ではオークションで落札された絵をシュレッダーにかけたりして世界中の話題になりましたね。3-7banksy.jpg
そのままポートベロ通りを北上し、フリーマーケットのような屋台と赤レンガのスペイン学校の横を通っていくと、ゴルボーン通りに交差します。ゴルボーン通りにも蚤の市が立っているのでそれを散策すると、ちょうどその最終地点あたりにポルトガルのベーカリー、リスボア・カフェ(Cafe Lisboaゴルボーン通り57番地)があります。行列ができるそのお店の人気のお菓子はパティス・デ・ナタ(カスタードの焼き菓子)。値段も安いので10個、20個と注文している人もちらほら見かけます。私はカスタードの入ったボラス(丸いカスタードドーナツ)とコーヒーを注文して、外のテーブル席で歩き疲れた足休めすることにしました。3-8lisboa.jpg
『Notting Hill A Walking Guideノッティングヒル ウォーキングガイド』はアマゾン やNottinghill editionsのウエッブサイトで好評販売中です。3-9nottiinghill a walking guide.jpg
vol.3に続く・・・


2018年11月25日

ロンドンの北西に位置するノッティング・ヒル・・・というとまず思い出すのはあの映画、1998年ジュリア・ロバーツとヒュー・グラント主演で世界中を魅了した『ノッティングヒルの恋人』ですね。

映画がクランクインした当時から、ノッティングヒルの恋人のロケ地を訪ねる旅が大人気となり、世界中から旅行者がロンドンの小さな一角に押し寄せました。そして映画のシーンにふけりながらロケ地めぐりが観光のコースになり、映画に登場したブック・ショップのモデルになったトラベル・ブックショップ(ブレネム・クレセント13番地)も、そんなノッティングヒルの有名観光地の一つ。今もたくさんの旅行者が店先で写真を撮ったり、人でひしめく小さな店内を見学したりしています。
2-2bookshop.jpg
今日はポートベロ・マーケットを南端から北端までを歩いてみることにしましょう。毎週土日、ポートベロ通りは、様々なアンティークの出店が立ち並ぶことで有名な世界でも最大級の蚤の市、ストリート・マーケットです。週末はかなり混雑しますが、歩いていくと、南から順にアンティーク→青果屋台→古着→食べ物屋台→フリマ、といった風にその区画ごとに特徴があることがわかります。
2-3map.jpg
ポートベロ通りには、昔から代々商売をしているアンティークショップがたくさん残っています。なかでも赤いアンティークの看板でひときわ目立っているのはアリスのアンティーク(ポートベロ通り86番地)。店内は素敵な「がらくた」にあふれ、一点もののビンテージの数には圧倒されてしまいます。それらのお店には一見アンティークのように見える「リ・プロダクション」と呼ばれる商品も売られていますから、本物をじっくり見極めてゲットしましょう。2-4alice.jpg
茶箱(ティー・キャディ)と呼ばれる木製の紅茶収納セットは私の注目アイテムの一つ。ティー・キャディは紅茶が貴重品だったころに富裕層を中心に使われ、箱の中には茶葉を保管する箱とそれらをブレンドするクリスタルのボールや銀製スプーンなどが入っています。綺麗な彫刻や木目など、さすが世界最大のアンティークマーケットだけあって、ポートベロ通りでは珍しいティー・キャディをたくさん見つけることができるのでお勧めです。2-5tea caddy.jpg
さらに北上していくと出店がたくさん並んでいる通りの先に「アンティーク・アーケード」と呼ばれる集合店舗があります。一番古いのは1951年創業のレッド・ライオン(ポートベロ通り165-169番地)といわれていますが、一歩足を踏み入れるとそこはまさに玉石混合、古いものなら「なんでもあり」といった大胆さが、その歴史を想像させるちょっと不思議な空間です。
2-6red lion.jpg
創業1911年の古い映画館エレクトリック・シネマ(ポートベロ通り191番地)はポートベロ・マーケットのほぼ中間地点。第二次世界大戦中には庶民の数少ない娯楽施設として、1960年代ヒッピー文化が全盛のころにはイギリス映画館業界をリードした前衛映画館として一世風靡しました。現在もレトロな外観、内装を残したまま個性派映画館として営業されています。バーでシャンペンを注文でき、しかも寝転んで鑑賞できる「ベッド席」や、くつろいで鑑賞できる「ソファー席」があります。2-7electric.jpg
おなかがすいたので、青果マーケットの屋台のベーカリーでちょっと一休み。大きなサモサを買いました。カレー風味の具が入った三角形の揚げ物です。ソーセージロールやバゲットのサンドイッチも売っています。2-8bakery.jpg
『Notting Hill A Walking Guideノッティング・ヒル ウォーキングガイド』はアマゾン やNottinghill editionsの2-9nottiinghill a walking guide.jpg


2018年11月25日
2018年11月21日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ケンダル特派員

    ケンダル特派員
    トモコ・オルダーソン
    イギリスの湖水地方に住んで20年。通訳・翻訳の傍ら、英国アートアンドクラフトと日本の民芸運動に深い関心を寄せるインテリア・デザイナー。地元のアーティスト、陶芸家や工芸家と交流、ウイリアム・モリスやリバティの美しいデザインのプリント生地のコレクターでもあります。 DISQUS ID @disqus_Fmhc9y4wB7

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集