海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ジャマイカ/キングストン特派員ブログ

ジャマイカ/キングストン特派員ブログ OKAMAI

ジャマイカ・キングストン特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

20170225_122415.jpg

ユネスコ世界遺産にも登録されたブルーマウンテンコーヒーで有名な”ブルーマウンテン”にある”Blue Ridge”が週末賑わいを見せている。

キングストンから約1時間半、上へ上へとのぼっていきます。
(携帯を飛行機モードにしてナビるのがオススメです。タクシーだと高いので。)

いいかげん空気が澄み渡り呼吸するだけでも爽快感に満たされる場所にありましたありました。

“Blue ridge”

ここは2人の仲良し友達のジャマイカ人のオーナーさん(60歳)が趣味半分ではじめたようなレストランで、(基本カリフォルニアに住んでる)、3つのゲストルームもあって宿泊もできます

ちなみに朝食付きで135ドル。

敷地内の傾斜面には畑もあり、コーヒー豆も育っていて、ここから25分歩くと川にも行けます。

メニューもその日によっていろいろですが、何がいいかってうと、このセッティング。

いちいちかわいい置き物や花が添えて出てくる。

20170225_130739.jpg


20170225_130903.jpg

ここのオススメはこれ。 青いココアって言った感じですね

20170225_141217.jpg


贅沢にこの景色をひとりじめできちゃうってのがいいんですよね。

20170225_121049.jpg


Blue Ridge Restaurant

Blue Ridge Web site

週末しかレストランはオープンしてません。
私のほうでここを取り組んだツアーもやっているのでご興味ある方は okamai@fremaga.comにて。


2017年8月13日

IMG_0744.JPG


                7月16−22日、世界一のレゲエフェスSumfest がモンテゴベイで開催された。

この時期には世界中からレゲエファンが押し寄せるためモンテゴベイのホテルの予約が困難になる。

いってしまえばパーティーウィークで毎日、ビーチで開催される水着を着てびしゃびしゃになって楽しむ"ビーチパーティー"、ドレスコードは全白!みんな真っ白を着てるのでそれだけでもみててアガる"オールホワイトパーティー"、ボートの中での"ボートライド"、ジャマイカで有名なサウンドシステムが一挙に集まって90年代の曲のみをかける"レトロナイト"、そして、目玉のステージショーの2日間が始まる。

21日はダンスホールナイトと言ってジャマイカで活躍中のダンスホールアーティストが約40組せいぞろいのステージショーで、朝7時半までもりあがりはおさまらない!


href="http://tokuhain.arukikata.co.jp/kingston/images/IMGP5577.JPG">IMGP5577.JPG
(ボウンティーキラー)

そして最終日は世界で活躍してるラスタアーティストが多めのレゲエナイト。

href="http://tokuhain.arukikata.co.jp/kingston/images/IMGP5378.JPG">IMGP5378.JPG

(ボブマーリーの次男のスティーブンマーリー)

今年は今までで最高の動員数ともいわれ、ラインナップも豪華で、世界中の人がインターネットでもオンタイムで観れただれもが納得の世界一のレゲエショーだった。

href="http://tokuhain.arukikata.co.jp/kingston/images/IMG_1280.JPG">IMG_1280.JPG

来年はこの時期にジャマイカ旅行を企画してみたら?


2017年8月13日

17814068_10154394573291497_1534185234_n.jpg


今日は”レゲエという実践 ラスタファーライの文化人類学”という新書の紹介です。

ジャマイカに来たことがある人なら街を見てるとドレッドの人や、頭にターバンを巻いている人を常に目にすることでしょう。

もちろんただおしゃれでやっている人もいますが、”ラスタファーライ”という生き方を実践する方々に興味も湧くことでしょう。

もともとは奴隷としてアフリカから連れてこられた人々で今のジャマイカがあります。

スペイン人がジャマイカを見つける前に住んでいたアラワクインディアンは彼らの持ち込んだ疫病で絶滅してしまったため、労働できる人々が必要だったから。

強制労働させられ、ひどい扱いをされていた彼らはいつか故郷のアフリカに帰る日を夢見ました。
そして当時アメリカ在住、ジャマイカ出身、黒人民族主義の指導者マーカスガーベィの予言の元、唯一アフリカで植民地化されていないエチオピアのハイレ セラシエ皇帝の即位された年こそが自分たちを開放してくれる時だと。

自然のままの髪型ドレッド、ベジタリアンであり、マリファナを神の草として用い、口から出る言葉はつねに前向き。

悪いシステムには立ち向かい戦う強い信念を持つ彼らの思想はジャマイカの音楽”レゲエ”の歌詞にもつねに反映してます。

この本の作者の神本さんもレゲエを通じてラスタ思想と出会い、京都大学生時代の2001年から何度もジャマイカに足を運び、ラスタのコミューンで生活をし、研究してきたことをまとめた1冊です。

日本にもラスタ精神をもつ人が多く彼らのインタビューも載っていて、その人独自の考え方も見れる1冊です。


京都大学学術出版会 より3900円(税別)にて発売中



2017年4月20日
2017年3月 6日
2017年3月 5日
2017年2月14日
2017年2月 9日
⇒すべての記事を見る

ジャマイカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ジャマイカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • キングストン特派員

    キングストン特派員
    OKAMAI
    今までに49ヵ国を旅し、『世界の危ない歩き方』(彩図社)などを出版。レゲエ好き。キングストン在住。フリーのライター・コーディネーターで幅広い交友関係の持ち主。タレントのMEGUMIとのフリーマガジン「FREMAGA」を発刊しながら、ジャマイカ在住もうすぐ5年。“JJ Goodies”という会社もジャマイカに作ってみました。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集