海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ジャマイカ/キングストン特派員ブログ

ジャマイカ/キングストン特派員ブログ OKAMAI

ジャマイカ・キングストン特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

このサイトはジャマイカに行く目的があったり、ジャマイカが大好きで見て頂いてる方が多いと思います。

今回はジャマイカに行く、ちょっと違った旅の紹介です。

“Welcome to jamrock cruise”という4泊5日のクルーズ旅行の話を聞いたことがありますか?

マイアミからトップレベルの豪華クルーズでジャマイカのモンテゴベイ、オーチョリオスに立ち寄る4泊5日のクルーズ旅行です。

が、年に1度しかありません。

2018年は12月1日にフォートラダデール(マイアミから車で北に1時間ほど行ったところ)をでて世界中からのジャマイカ、レゲエファンを4000人のせて、15階だての豪華クルーズは旅に出ます。

部屋のタイプもさまざまで、安い部屋だと一人900usくらい。そこから2500usくらいまで幅はあります。

バルコニー付きの部屋に泊まりましたが、レストランから朝食を持ち帰って、海のど真ん中でのんびり風にあたりながら食べる朝食、最高でした。

クルーズ内には5つものレストランがすべて旅費内に含まれてるので無料のビュッフェスタイル。
しかもどこかしらあいてるので24時間食べ物に困りません。笑 

そしてジャマイカンフードも、盛りだくさん!

(もちろん別料金を払うと予約して違うレストランで食べることもできます。)

20171117_112900.jpg

プール、ジャグジー、ジム、ショッピングモール(Duty Free shopも多い)、スパ、映画館、写真展、カジノなどもあり、パターンゴルフ、サーフィン、ロッククライミングまで無料で楽しめるので、日中もやりたいことがたくさん!


20171117_110222.jpg

そして、なにがスペシャルなのかというとこれはボブマーリーの息子 ダミアン マーリーが主催の毎晩アーティストのステージショーにレゲエパーティー満載の5日間の旅なのです。 ダミアン マーリーはグラミーアワードも数回受賞している国際的アーティストで、彼のショーを見るだけでも豪華なのですが、毎晩デッキに設置されたステージにてジャマイカを代表する豪華アーティストのショーが見れます。

IMG_3248.JPG ダミアン マーリー

IMG_3177.JPG スティーブン マーリー と シズラ

アーティストたちも、もちろん船内にいるのでばったりレストランやジムなどでの遭遇率も高い。

時間帯によって、アーティストたちに会える催し物もあるので、そこでがっちりお話ししたり、サインもらったり、写真撮ったりと、ファンには最高な時間が過ごせます。

そして毎晩昼から朝までレゲエがかかって船内いたるところでパーティーパーティーなのです。

日焼けを楽しみながらプールの中でお酒飲みながら踊ったり、これまた最高です

そして、朝まで続いたパーティーも1回おひらきになったあと、デッキで日の出とともにラスタの長老たちのナイヤビンギドラムによるセッションもあって神秘的、感動ものです。

オールホワイト や 自分の国を代表するかっこうなど、ドレスコードの有る日もあるので、4000人が真っ白のかっこうをしてる景色は圧巻。

日本からもゆかたをきてる方が多かったです。レゲエを通じて世界中の人と仲良くなれるのも素晴らしい。

IMG_2702.JPG

とくに”サウンドクラッシュ”といって簡単に言うと、”どこのサウンドクルーが1番会場を沸かせるかの大会”で、3年連続日本人サウンド”MIGHTY CROWN”が勝っているので、これもすごいことです。

クルーズの旅というとなかなか手に届かないような気もしますが、宿泊費、イベント費、食費も込みの4泊5日は高いものじゃない。

なによりも暮らすように旅できるクルーズの旅に病みつきになることまちがいなしです。

ぜひ来年、船で会いましょう。
すぐソールドアウトになるので、はやめに予約を! web site はこちら ↓

http://welcometojamrockreggaecruise.com/




2017年12月 7日

ジャマイカもクリスマスモードになってきて道でクリスマスツリーが売られてたり、店もクリスマス仕様にデコレートされ街も華やかに、そして気のせいかいつもより賑やかになってきました。

クリスマスは海外に住むジャマイカ人が、家族と時間を過ごすためジャマイカに帰ってくる大事な時間。

それとともに家族で素敵なクリスマスタイムを過ごしたいためお金も必要になるので、いつもより一生懸命お金を稼ぐ事に専念する人も多いのです。
イコール 治安も悪くなりますのでスリ、空き巣など気を引き締めていかないといけな時期でもあります。

ファッションも赤い服が目立つようになるのと、ドレスコード(色指定)のあるイベントも多くなるので黒、白、赤の服をこの時期にくる方は持ってきたほうがいいかも。
ショーウィンドウにも赤、黒、白の服がディスプレイされ見てるだけでもわくわくしてきます。

ジャマイカは毎日あらゆる場所でイベントが開催されてて、サウンドシステムからの爆音レゲエが聞こえてきます。

そして週末にはステージショーやいろんなタイプのイベントが開催されてますのでここで紹介してみたいと思います。

●12月9日には去年グラミーアワードレゲエ部門にノミネートされたバンド”レイジング ファイヤ”主催のブルベイ(キングストンから車で40分)のWickie Wackieビーチで開催される昼からのイベントWickie Wackie Music Festival .
極上のレゲエを生バンドで海の前で聞ける最高なイベントで、会場にはベジタリアンフードなどラスタに関するものもたくさん売られているのでブースを見るのも楽しめます。


12.9.jpg

●12月15日ー17日にキングストンから車で5時間(バスで直通便も出てます)ネグリルで開催される
 ROOTSZ fes 又の名をGANJA CUPといって、どこの畑で作ったガンジャが最高なものかを決める大会や、
ガンジャに関するセミナー、医療大麻が世界では大きくなってきてるので日本人からしたらちょっとびっくりするかもしれませんが、
ここでガンジャはなぜいいのか、何に効くのかを海外の専門家から学べたり、ガンジャを使ったフード、商品を購入できたり
夜はラスタアーティストによるステージショーもある3日間フェス。
会場も海の前なので朝から夜まで満喫できること間違いなしのイベントです。


23754831_1526267447421443_3680619017214889188_n.jpg

●12月21日にはキングストンのどまんなか、エマンシペーションパークにて夕方からターラスライリー主催のフリーコンサートが開催。毎年たくさんの豪華アーティストが2、3曲さくっと披露していくのでこちらもおすすめ。寄付もお忘れなく!


●ジャマイカのトップアーティストがまとめて大きなステージで見れる毎年恒例有名ラジオDJのGT TAYLOR の主催のショーは12月25日。
場所はセントエリザベスといってキングストンからは車で3時間の田舎サイドなので、昼から観光して、夜は簡易椅子をもっていい場所をとって座りながら見るのをお勧めします。 明け方は寒くなるので防寒着の準備も。

24176743_10207848507530200_4579719004994679104_n.jpg

●12月30日にはキングストンで開催される、ジャマイカ1の老舗サウンドSTONE LOVEの45周年アニバーサリーが開催。サウンドシステムからのSTONE LOVEしかかけれない名曲を堪能できるツウな人も、初めての人も”これぞジャマイカのダンスホール”と楽しめるイベントです。アーティストのパフォームもあり。

23905275_1502469313122383_1172433820687013350_n.jpg

ジャマイカに来たらこの国の1番の産業といっても過言でない”レゲエ”音楽をとことん楽しむのをおすすめします。
みんなおしゃれをしてきてて、人を見るのも楽しめたり、レゲエを聴きながら飲むレッドストライプビールにラムなども楽しめますよ!

そして飲み過ぎ、スリには気をつけて!

Have Big Fun!


2017年12月 2日

unnamed.jpg

ジャマイカは1年中通して暖かい南国アイランド。

大きさは秋田県くらいで美しいカリブ海に位置し、公用語は英語の訛りといった感じ。

とにかく人柄がおおらかできっと日本の田舎を思い出す人も多いことでしょう。
あの、うれしいおせっかいといった感じ。

ボブマーリーが有名にした国といっても過言でなく、レゲエはあちこちでながれ、世界新記録ランナーのウサインボルトが頭をよぎる人も多いはず。

コーヒーで有名なブルーマウンテンは世界遺産に登録された。

キューバも近いから、ジャマイカ旅行の前後に行く人もいる。

ジャマイカの観光局のうちだすスローガンが

“一度来たらわかるから!”

というくらい、1回ジャマイカに来たら心を奪われ、毎年通うようになるリピーターも多い。


そして、どうにかこの国に住めないかと考える人も多い。

私もその中の一人だ。今まで55カ国を旅し、たくさんの人に出会い、文化を学び、たくさんの心奪われかける景色もたくさん見たつもりだ。

でも、ジャマイカに出会ってみごとにくらってしまったのだ。

レゲエもあるし、海もきれいで、人も、食べ物も好きだ。

ゆるい時間の流れに、たった一度の人生で何をしてみたいかを考え、答えが出た場所でもある。

ここに住んでみよう。無我夢中で見よう見まねでジャマイカでやれることを探し、どうにかサバイブできている。

そして気づくと今年で10年なのだ。

ジャマイカには約150人の日本人が住んでいる。こっちの電力会社をやってる丸紅の社員さんに、ボランティアJICAのみなさん、大使館員、車業、観光業、音楽関係などさまざまだ。

ジャマイカ人に日本について知ってることはと聞くと”寿司”が出てくる。(もちろん車も有名)

ジャマイカにもおいしい寿司、ラーメン、定食などが食べれるおいしい日本食レストランがある。

ジャマイカに5店舗、日本食レストランを展開するEASTは今年で12周年の老舗で、なんと来年には待望のカレー屋、焼肉屋をオープンさせる。

そしてなんと社員を募集するというからこれは見逃せない!

なぜなら、EASTはジャマイカ1有名な日本食レストラン。英語も学べるというか、ジャマイカを学べ、VISAも住む部屋も与えられ給料もいい!(ジャマイカ基準で)


なによりも待遇がすごくいいのだ。

飲食経験のある男子を募集してるので興味ある方は連絡してみてください!ジャマイカに来れて働けて経験値も上がることまちがいなし!

一度来たらわかるから! このチャンスをお見逃しなく!

EAST オーナー タカさん  TEL-010-1876-843-8311
LINE takaeast
FB eastjapaneserestaurant



2017年10月24日
2017年10月23日
2017年10月18日
2017年8月13日
2017年8月13日
⇒すべての記事を見る

ジャマイカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ジャマイカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • キングストン特派員

    キングストン特派員
    OKAMAI
    今までに49ヵ国を旅し、『世界の危ない歩き方』(彩図社)などを出版。レゲエ好き。キングストン在住。フリーのライター・コーディネーターで幅広い交友関係の持ち主。タレントのMEGUMIとのフリーマガジン「FREMAGA」を発刊しながら、ジャマイカ在住もうすぐ5年。“JJ Goodies”という会社もジャマイカに作ってみました。 DISQUS ID @disqus_AdVotlqDVE

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集