海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ジャマイカ/キングストン特派員ブログ

ジャマイカ/キングストン特派員ブログ OKAMAI

ジャマイカ・キングストン特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


href=”https://tokuhain.arukikata.co.jp/kingston/images/IMG_2922.jpg”>IMG_2922.jpg

モンテゴベイで1番人気のレストラン。

車を止めて外に出るとボート乗り場。 そこで渡し船的なものでメインボートに移動。


2階建てのボートから見る湾の波はおだやかで、たくさんの白い鳥の群れ、緑に覆われた小島。

とくにサンセットの時間は空一面のキャンパスの色の移り変わりに心地よい音楽。

とにかくスープにサラダに何を食べてもおいしい!!!

href=”https://tokuhain.arukikata.co.jp/kingston/images/IMG_2929.jpg”>IMG_2929.jpg

href="https://tokuhain.arukikata.co.jp/kingston/images/IMG_2942.jpg">IMG_2942.jpg

人気のロブスターパスタ  とくにシーフードものの新鮮なこと!

href="https://tokuhain.arukikata.co.jp/kingston/images/IMG_2945.jpg">IMG_2945.jpg

気づくと暗くなっていて、外の景色もうってかわる。いついっても間違いなしのレストラン。すてきな経験ができます。

IMG_2953.jpg

予約するのをおすすめします!!!とにかく人気。
the houseboat grill
southern cross blvd1
876-979-8845


2018年7月29日

20180102_223420.jpg

ジャマイカのレストランをまわるのが大好きな私ですが、最近隠れ家的で、いいかんじのお店を発見しました。

しかもイマドキな感じで、BGMもよく、メニューもわかりやすいジャマイカンフードに手を加えておしゃれにしたようなものや、洋風メニューなど若者ウケまちがいなしで、どれもおいしい!

そして店員が笑顔で質問にもハキハキ答え(やるきのなーいジャマイカンでない。ここポイント)、おすすめや、よくわからないメニューも詳しく教えてくれる。


まず頼んだのがアキワンタン、ソルトフィッシュディップ。


20180102_214509.jpg

ジャマイカの朝食の定番”アキ&ソルトフィッシュ”をちょいとひねって、ワンタンの中にはアキ、そこにソルトフィッシュをつけて食べるという、このアイデアが素敵。

他にもココナツフライドシュリンプタコス(めちゃくちゃ おいしい) に ロブスターパスタ(クリーミーなソースとロブスターがばっちり!)と、とにかく頼んだものがすべて美味しい!

20180102_215303.jpg

カクテル類も豊富、駐車場スペースも広く、友達と、またはデートにもってこいのお店です。
営業時間は毎日違うのでチェック!

朝食メニューも豊富でワッフル、パンケーキからジャマイカンメニューまで。今度はこれ食べてみます。

Jamaica Liquor Warehouse

住所   17 Lindsay Crescent Kingston,

Tel 925-9427

OPEN
火曜ー木曜 11:00−10:30pm
金曜   11:00−12:00am
土曜   9:00−12:00am
日曜   11:00−8:00pm
月曜   定休日  


2018年2月 5日

このサイトはジャマイカに行く目的があったり、ジャマイカが大好きで見て頂いてる方が多いと思います。

今回はジャマイカに行く、ちょっと違った旅の紹介です。

“Welcome to jamrock cruise”という4泊5日のクルーズ旅行の話を聞いたことがありますか?

マイアミからトップレベルの豪華クルーズでジャマイカのモンテゴベイ、オーチョリオスに立ち寄る4泊5日のクルーズ旅行です。

が、年に1度しかありません。

2018年は12月1日にフォートラダデール(マイアミから車で北に1時間ほど行ったところ)をでて世界中からのジャマイカ、レゲエファンを4000人のせて、15階だての豪華クルーズは旅に出ます。

部屋のタイプもさまざまで、安い部屋だと一人900usくらい。そこから2500usくらいまで幅はあります。

バルコニー付きの部屋に泊まりましたが、レストランから朝食を持ち帰って、海のど真ん中でのんびり風にあたりながら食べる朝食、最高でした。

クルーズ内には5つものレストランがすべて旅費内に含まれてるので無料のビュッフェスタイル。
しかもどこかしらあいてるので24時間食べ物に困りません。笑 

そしてジャマイカンフードも、盛りだくさん!

(もちろん別料金を払うと予約して違うレストランで食べることもできます。)

20171117_112900.jpg

プール、ジャグジー、ジム、ショッピングモール(Duty Free shopも多い)、スパ、映画館、写真展、カジノなどもあり、パターンゴルフ、サーフィン、ロッククライミングまで無料で楽しめるので、日中もやりたいことがたくさん!


20171117_110222.jpg

そして、なにがスペシャルなのかというとこれはボブマーリーの息子 ダミアン マーリーが主催の毎晩アーティストのステージショーにレゲエパーティー満載の5日間の旅なのです。 ダミアン マーリーはグラミーアワードも数回受賞している国際的アーティストで、彼のショーを見るだけでも豪華なのですが、毎晩デッキに設置されたステージにてジャマイカを代表する豪華アーティストのショーが見れます。

IMG_3248.JPG ダミアン マーリー

IMG_3177.JPG スティーブン マーリー と シズラ

アーティストたちも、もちろん船内にいるのでばったりレストランやジムなどでの遭遇率も高い。

時間帯によって、アーティストたちに会える催し物もあるので、そこでがっちりお話ししたり、サインもらったり、写真撮ったりと、ファンには最高な時間が過ごせます。

そして毎晩昼から朝までレゲエがかかって船内いたるところでパーティーパーティーなのです。

日焼けを楽しみながらプールの中でお酒飲みながら踊ったり、これまた最高です

そして、朝まで続いたパーティーも1回おひらきになったあと、デッキで日の出とともにラスタの長老たちのナイヤビンギドラムによるセッションもあって神秘的、感動ものです。

オールホワイト や 自分の国を代表するかっこうなど、ドレスコードの有る日もあるので、4000人が真っ白のかっこうをしてる景色は圧巻。

日本からもゆかたをきてる方が多かったです。レゲエを通じて世界中の人と仲良くなれるのも素晴らしい。

IMG_2702.JPG

とくに”サウンドクラッシュ”といって簡単に言うと、”どこのサウンドクルーが1番会場を沸かせるかの大会”で、3年連続日本人サウンド”MIGHTY CROWN”が勝っているので、これもすごいことです。

クルーズの旅というとなかなか手に届かないような気もしますが、宿泊費、イベント費、食費も込みの4泊5日は高いものじゃない。

なによりも暮らすように旅できるクルーズの旅に病みつきになることまちがいなしです。

ぜひ来年、船で会いましょう。
すぐソールドアウトになるので、はやめに予約を! web site はこちら ↓

http://welcometojamrockreggaecruise.com/




2017年12月 7日
2017年12月 2日
2017年10月24日
2017年10月23日
2017年10月18日
⇒すべての記事を見る

ジャマイカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ジャマイカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • キングストン特派員

    キングストン特派員
    OKAMAI
    今までに49ヵ国を旅し、『世界の危ない歩き方』(彩図社)などを出版。レゲエ好き。キングストン在住。フリーのライター・コーディネーターで幅広い交友関係の持ち主。タレントのMEGUMIとのフリーマガジン「FREMAGA」を発刊しながら、ジャマイカ在住もうすぐ5年。“JJ Goodies”という会社もジャマイカに作ってみました。 DISQUS ID @disqus_AdVotlqDVE

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集