海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 神戸特派員ブログ > オリエンタルホテルMain Dining by T...

日本国内/神戸特派員ブログ 林 秀代

日本国内・神戸特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年10月22日

オリエンタルホテルMain Dining by The House of Pacific


メール プリント もっと見る

オリエンタルホテルMain Dining by The House of Pacific

今年3月に居留地で「開業」したオリエンタルホテルオリエンタルホテル は旧居留地でかつて神戸を代表するホテルとして明治からありました。太平洋戦争中は空襲で焼失、阪神淡路大震災で被災し、閉館となりました。

神戸の歴史をじっと見続けていたホテルがなくなったのは、あの震災のドサクサの中、何か大切なものをひとつを失ったような気分でした。

そのオリエンタルホテルが15年を経て、旧居留地でよみがえったのは、なんだかドキドキする出来事でした。

昔のオリエンタルホテルの伝統、そして今の時代にあったサービスと、求めるものはかなり高くなってしまいますから、ホテルとしてはたいへんですね。

開業からすでに半年経っていますが、遅ればせながらメインダイニングへランチに行ってきました。

17階のロビーを抜けて、ダイニングルームに入ると、山側の景色が見えます。


北野のThe House of Pacificということで、若い人がターゲットではと思っていました。ところが熟年層のお客様も多くおられて、なんだか安心してしまったのは、やっぱりオリエンタルホテルならでは。

私たちは2,200円のメインランチをいただきました。

アンチョビのサラダといわれましたが、サーディンという感じ。しっかりイワシの味わいを楽しみました。

oriental hotel3.jpg

お肉かお魚か選べるメインはお魚にしました。タラのパン粉焼きです。粒マスタードが効いた、酸味のあるソースがパン粉の衣によく合います。

oriental hotel4.jpg

デザートはいくつかのオプションからティラミスをいただきました。濃厚~。久々にティラミスらしいティラミスをいただきました。

oriental hotel7.jpg

サラダのイワシやデザートのティラミスはなかなかの存在感ですよ。一方サクサクしたタラのフライは、もう少し食べたいような気分。

このバランス、図られたものでしょうか?

オリエンタルホテルMain Dining by The House of Pacific
住所:神戸市中央区京町25
レストランTel.: 078-326-1577
ホテルURL:http://www.orientalhotel.jp/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2010年10月22日
« 前の記事「新開地をぶらぶら・・・オンナ度を上げる新開地映画祭」へ
»次の記事「神戸から関空へ車→ベイシャトルでラクラク」 へ
おすすめ記事
    神戸特派員 新着記事
    【急募!】神戸特派員を募集しております!
    神戸特派員卒業いたします
    西宮神社のえべっさん
    【速報】神戸ルミナリエに行ってきました!
    神戸ルミナリエ12月6日から始まります!
    リニューアルした阪急うめだ本店で見つけた
    おすすめ神戸10月のイベント情報
    価格破壊!?リラクゼーションサロンでアロママッサージ

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■兵庫県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 神戸特派員

      神戸特派員
      林 秀代
      93年より神戸在住のフリーライター。2005-2008年は北京に住み、北京特派員を担当。中国での暮らしや旅、育児について執筆中。帰国後は神戸の中国をはじめ、外国人つながりがから知らない世界がまだまだあったことに気づく。また車を手放して街を歩くことが増えてお店や小さな旧跡など発見多数。中級茶芸師の資格を持っているので、中国茶とスイーツのコンビネーションを考えたいところ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集