海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMG_1417.jpg

中華系マレーシア人にとって1年の最大のイベントともいえる旧正月がやってきました。
この時期になると、街中は赤を基調にした飾りつけでお祭りムード一色になります。

IMG_1403.jpg

IMG_1400.jpg

クアラルンプールにあるチャイナ・タウン(China Town)
現在はどちらかというと露店が多く並ぶ佇まいとなってはいます。

IMG_1412.jpg

それでもチャイニーズニューイヤーを控え、生花店や菓子店をはじめ
旧正月に欠かせないアイテムなどを買い求める人で賑わっています。

IMG_1394.jpg

竹の寄せ植えは、中華系のお正月飾りの定番。
値札を見るとRM228(約6,270円)。縁起物とはいえかなりの値段ですね。
おそらくお店などに飾るのではないかと思います。

IMG_1405.jpg

商店街の入り口ではドリアンが!
というか、匂いですぐわかりますが、これもこの時期に食す人気の食べ物。
中華系マレーシア人はとにかくドリアンが好きで、屋台のはしごをしたりするそうです。
ところで注意ですが、ドリアンは絶対にビールと一緒に食べてはいけないそうです。
なんでもお腹の中で爆発してしまうとか(中華系友人談)

IMG_1419_01.jpg

ブキッ・ビンタン(Bukit bintang)パビリオンKL(Pavilion KL)モール。
何度か紹介しましたが、季節のイベントのたびに趣向を凝らしたアイデアの装飾で知られています。

IMGP3248.jpg

IMGP3244.jpg

年末のクリスマス仕様とはうってかわって、こちらもすっかりチャイニーズニューイヤーに。
天井からは花びらが降ってくるかのように見え、別名「春節」と呼ばれるイメージにぴったり。

IMGP3250.jpg

レストラン街では、縁起物とされる桃のオブジェの前で
お正月ソングを生演奏していました。
なぜかすごい盛り上がっていて、特に琴の男性は、弾きながら記念撮影に応じていました。
見ている人も一緒に口ずさんだり、踊ったり。こういった風景もマレーシアらしさの一つです。

IMG_1431.jpg

IMG_1446.jpg

マレーシアではレストランやお店は年中無休で夜遅くまで開いていることが多いのですが
チャイニーズニューイヤーはちょっと事情が違います。
よく働く中華系マレーの人々も、さすがにお休みすることも多いようです。
そのため中華系のお店が短縮営業になったり、レストランが閉まっていたりすることもあります。

爆竹と花火が鳴り響いて止まない賑やかなマレーシアのチャイニーズニューイヤー。
これもまた南国マレーシアの見どころの一つだと思います。



2018年2月14日

IMG_7707.jpg


日本では「春節」「旧正月」で知られるチャイニーズ・ニュー・イヤー(Chinese New Year)は中華系マレーシア人にとって一番大事な時期。
ショッピングモール、レストランなどを始め、クアラルンプール全体がその年の干支と真っ赤なデコレーションに包まれます。

IMG_7688.jpg

クアラルンプールでも、一ヶ月ほど前から色々なところにオーナメントや関連商品などが売られ、お正月ムードが盛り上がってきています。

IMG_7756.jpg

そしてマレーシアの旧正月で欠かせないのがイーサン(Yes Sang)
昨年は中華系の友人ファミリーと共に祝いました。記事はこちら

何やら聞きなれない料理名ですが、実は華僑が多い東南アジアでもイーサンを食べる習慣がある国は限られているとこのこと。
魚生」と表記されますが、魚はサーモンがトッピングに数切れ入っているだけ。
他には緑と赤の揚げた麺をくだいたもの、揚げワンタン、きゅうり、マンゴー、パイナップル、ピーナツフレーク、パクチーなど。

IMG_7759.jpg

IMG_7760.jpg

ポメロ(Pomelo)という直径20cmぐらいの大きな柑橘系の果物が入っているのが特徴の一つ。
日本ではブンタンなどと呼ばれているようで珍しいようですが、マレーシアではスーパーなどで売っているをよく見かけます。

IMG_7758.jpg

このようにきれいに盛り付けて提供されるのですが……

IMG_7762.jpg

IMG_7763.jpg

食べる時には菜箸を突っ込んで中の具材を高く持ち上げとにかく混ぜに混ぜます。テーブルが汚れるのもおかまいなし。旧正月では親戚一同や友人同士でイーサンの皿を囲んで、新年の挨拶や願い事などを言い合って祝います。

IMG_7765.jpg

今回は予行演習、というわけではないのですが以前に行ったタイレストランで発見したので、ランチに食べました。ちょっと具材もタイ風にアレンジされていました。

IMG_7761.jpg

個人的にイーサンはサーモン、生の野菜や果物が入っていて食べやすく、上にかけるタレも酸味が効いていたりとさっぱりとした味わい。
暑い夏に食べる冷やし中華みたいなので、個人的には通年食べたいなと思うのですが、祝い膳なので期間限定なのが残念なほどです。

IMG_7686.jpg

1月-2月にかけて旧正月で賑わうマレーシアを訪れる機会があったら、ぜひイーサンを食べてみてはいかがでしょうか。中華系のレストランだけではなく最近では回転寿司チェーンやアジア系レストランなどでも実施しているようです。


2018年2月 7日

クアラルンプール市内のモントキアラ(Mont Kiara)。
日本人が多く住むエリアの一つとして知られています。
そこから北に車で20分ほどにある街バンダー・メンジャララ(Bandar Menjalara)
この一帯は昔から華僑が多く住むローカルエリア。

P5180010.JPG

安くておいしい飲茶、マレーシア名物のバクテー(肉骨茶)、おしゃれなカフェや美味しいパン屋さん。
B級グルメはもちろん、ローカル絶賛の味が楽しめることで知られています。

IMGP1732.jpg

IMGP1733.jpg

そのバンダー・メンジャララにある日本人経営のラーメン店Menya Yamato(麺屋大和)
一瞬、こんなローカルなエリアに?と思いますが…店内に入るとそこはどことなく日本っぽい!

P5180004.jpg

なんと客席に水のポットが置いてあるのを発見!
これはほぼマレーシアでは見かけません。
通常、レストランなどでは水は有料。
しかもライムが入っていてなんだかおしゃれな感じ。

お腹が空いてたこともあって、たくさん頼んでしまいました。

P5180007.jpg

こちらは冷やし担々麺。なんとRM17(約475円)
中華系レストランなどで食す担々麺も美味しいのですが、これは日本の担々麺の味。
本当は熱いのを食べようと思ったのですが、ここはマレーシア。
冷やし中華的なものについ目がいってしまいます。

IMG_6001.jpg

ふと目にとまって注文した焼き鳥RM8(約223円)。
自家製?っぽいタレがいい感じで、ビールが欲しくなる味。

IMG_5998.jpg

IMG_5999.jpg

チャーシュー丼に和風ラーメン。
和風ラーメンは、じゃこだしっぽい味。

話はそれますが、実はマレーシアではイカンビリス(ikan Bilis)というじゃこっぽい小魚を出汁に使います。日本もそうですが、じゃこを使うのはアジアっぽい感じがしますね。スーパーなどでも乾燥しているものを売っているので、興味があったらのぞいてみてください。また日本の粉末だしのような状態になって袋に入っているものもあります。

周囲を見渡すとマレーシアの典型的なローカルのショップロット(棟割り建築の商店街)
でも店内は(衛生的なところも含めて)、日本っぽいのが印象的でした。


【データ】
店名:麺屋大和(Menya Yamato)
住所:21, Jalan 3/62a, Bandar Menjalara, 52200 Kuala Lumpur
Tel:03 6280 6553
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/menyamato/
休み:火曜日



2018年1月31日
2018年1月24日
2018年1月17日
2018年1月10日
2017年12月27日
⇒すべての記事を見る

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集