海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


前回にご紹介した単一農場のカカオを使ったベンズ・チョコレート(Benns Chocolate)ですが、実はその続きがあります。


前回の記事はこちら↓

マレーシアの単一農場のカカオ ①極上チョコレート

IMG_9172.jpg

商品が並んでいる棚の隣に立方体の箱があり、それもてっきり同じチョコレートだと思って表記を確かめずに購入してしまいました!
パッケージもおしゃれで、マレーシアっぽさや色合いも一目に気に入ってしまったというのもあります。

IMG_001.jpg

が、自宅に戻りよく見ると、それはチョコレートではなくカカオ・ティー(Cacao Tea)と書いてあります。そうです、カカオ豆を焙煎したお茶だったのです。12包入りでRM24.9(約684円)でした。
飲んだこともないので、これはこれで珍しいと思い、さっそく試してみることに。
箱を開封するとすでにチョコレートそのもののよい香りがします。

封入されていた説明書によると、こちらはベトナムとマレーシアの単一農場で採れたカカオをブレンドしたものなのだそうです。
ブレンドすることによってカカオ・ティーとして独特の風味が出るのだとか。

IMG_9178.jpg

チョコレートではなかったのですが、さっそく淹れてみることにしました。
90度以上のお湯を注いで5-10分抽出させてから飲むのだそうです。

お湯を注いだ瞬間からカカオのアロマが香ります。
砂糖が入っていないので苦味があるのかと思いきや、チョコレートの香りそのままでまさにお茶。
ただホットチョコレートなどの飲料とはまた違っていて、味自体はあまりしません。
とにかく匂いがよいので、それを楽しむところは、コーヒーや紅茶などと似ているかもしれませんね。

カカオ製品は健康によいと言われることが多いようです。
カカオ・ティーもカカオが入っているのでよさそうですが、お茶だけに香りも楽しみたいですね。
ちなみにカフェインが入ってないので誰でも飲めるとのことです。

IMG_9176.jpg

なんとなく買ってしまったカカオ・ティーですが、とにかくチョコレートの香りがするので甘いものを控えたい時などによく飲むようになりました。

最近このように、どんどん新しいアイテムがでてきているクアラルンプール。
もちろんお菓子売り場にはまだまだ原色使いの東南アジア的におやつもたくさん売っていますが、時々、驚くような素敵なものが出ているので目が離せません。


マレーシアに来ておみやげを買うためにスーパーに行くことも多いかと思います。
そこでオススメなのがローカル食材だけではなく、外国の輸入食材も多く扱うスーパー。
特にお菓子、お茶コーヒーのコーナーをチェックしてみることをおすすめします。
参考までですが、メルカート(Mercato)、(ベンズ・インディペンデント・グローサー:略称でB.I.Cと呼ばれています)B.I.C、ジャヤ・グローサー(Jaya Grocer),ビレッジ・グローサー(Village Grocer)などがあります。

IMG_9175.jpg


2018年10月17日

世界のトップ10に入るカカオの産地マレーシア。
お土産の定番となっているチョコレートのベリルズ(Beryl’s)などが知られています。

そしてここ数年、注目されているのが単一農場(Single Estate Farm)で採れたカカオを使ったプレミアチョコレートです。
単一農場といえば、コーヒー豆や紅茶などにも使われる表現で、クオリティの高いイメージがありますね。

IMG_9156.jpg

今回クアラルンプールのスーパーのチョコレートコーナーで見つけたのはベンズ・チョコレート(Benns Chocolate)の板チョコレート。
単一農場のカカオだけを使い作られたビーン・トゥ・バー(Bean To Bar)です。

こちらはパハン州スンガイ・ルアン(Sungai Ruan)のコー・カカオ・ファーム(Koh Cacao Farm)で採れたカカオを使ったもの。
カカオ農場のある地名が、そのままチョコレートの銘柄となっています。
パッケージの中にはエステートと生産者を紹介するカードが封入されていました。
カカオの含有率72%で、さらにカカオニブズ(Cacao Nibs)といってカカオを砕いたものが入っています。

IMG_9171.jpg

値段は10cmの正方形型でRM14.9(約409円)
スーパーで売られているほかのマレーシア産のチョコレートと、やや高めの価格です。

IMG_9160.jpg


IMG_9161.jpg

開けてみると見た目は普通にチョコレートでした。
気になる味はというと……

カカオ70%超えなので、ビターなのは想像できましたが、口に入れるとカカオの風味がはっきりとします。
カカオニブズが入っているので、特に独特の苦味と香りが際立つのだと思いますが、チョコレートというよりも、まさにカカオのバーです。
マレーシアのスイーツとしては今までにない、上品で甘さが控えめな大人味のチョコレートといった印象。


IMG_9158.jpg

甘いのが苦手な人や、いつもと違うマレーシアのばらまき土産としてもよいかもしれません。

【データ】
ベンズ・チョコレート(Benns Chocolate)
住所:Lot No. 1, Jalan CJ 1/6C, Kawasan Perindustrian Cheras Jaya, 43200 Batu 11 Cheras, Selangor
URL:https://bennschocolate.com/


2018年10月10日

クアラルンプール国際空港はKLIAとKLIA2があります。
KLIA2はマレーシアの航空会社エアアジアX(AirAsia X) を中心としたLCC専用ターミナルとなっています。

またKLIA2は2014年開港と新しいこともあり、ターミナルビルに接続しているショピングセンターゲートウェイ@KLIA2(Gateway@KLIA2)にはスーパーやショップや飲食店も多く便利です。
LCCは機内食もオプションであることが多いのでフライト前にしっかりと食べておきたいですね。

ゲートウェイ@KLIA2には日本でもおなじみのファストフードチェーンやコンビニなどもありますが、せっかくなのでマレーシアの屋台風の味を食べてみてはいかがでしょうか?

IMG_8581-2.jpg

サンタイ・ヤムチャ(Santai Yumcha)は、飲茶の専門店。気軽に立ち寄れて手早く出てくる屋台(ホーカー)の雰囲気にカフェ風の店構え。点心メニューのキャラ饅も人気となっています。クアラルンプール市内や近郊にも店舗があります。

IMG_000.jpg

点心の小籠包や蒸し餃子もおいしいのですが、オススメは餃子入り手延べピリ辛麺(Hand Pulled Noodle in Spicy Soup with Chicken Dumplings)。辛いは辛いのですが特徴的なのが味わい深い

    スパイスの辛さ

汗がジワッとでてくる感じがなんともマレーシアの気候と相まってハマります。
※撮影前に餃子をうっかり食べてしまいました……

IMG_2659.jpg


IMG_2656.jpg

注文はテーブルの上にある注文票に番号を書いてスタッフに渡すだけ。先払いとなっています。


メニュー的にはローカルフードなのですが、日本人の口にも合っていると思います。
エアコンが効いている空港内なので、ストリートフードを食べているのとは雰囲気が違いますが、どことなく屋台で食べているような気分になってきます。

IMG_2657.jpg

マレーシアに限らず空港ではどこでも飲食店の値段は高めですよね。
ローカルフードならKLIA2のL2Mに位置するフードコート(Quizinn by RASA food court)の方が安いかもしれません。
ただサンタイ・ヤムチャはちょっとした飲茶もRM10(約273円)ぐらいでいただけます。しっかりご飯だけではなく、ちょっと小腹が空いたときにもよさそうです。

フードメニューを注文するとホットかアイスのレモンティーがRM3(約81円)で追加できます。
そしてこのレモンティーには、すでに砂糖が多めに入っているのも、マレーシアです!

IMG_2658-2.jpg

【データ】
施設名:サンタイ・ヤムチャ(Santai Yumcha)
住所:Lot No. L2-39 Level 2 Gateway, Sepang 64000(KLIA2のターミナルビルと直結しています)


2018年10月 3日
2018年9月26日
2018年9月19日
2018年9月12日
2018年9月 5日
⇒すべての記事を見る

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集