海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMGP0848.JPG

3月10日(金)-12日(日)まで、第9回マレーシア熱気球フェスティバル(9th MyBalloonFiesta 2017)が開催されました。
前回まではクアラルンプール南部の行政新首都プトラジャヤ(Putrajaya)での開催でしたが、今年はクアラルンプール市内の郊外の住宅街デサ・パークシティ(Desa Parkcity)が会場となりました。

IMGP0795.JPG

気球自体は近所の公園から見えるようで無料で楽しめることもできますが、チケットRM30(約780円)を買うとすぐそばまで近づくことができます。
熱気球に乗ったりジャズ演奏を聴きながらアウトドアでビュッフェなどを楽しむセレブなチケットRM300(7,800円)もありました。

IMGP0791.jpg

広大な大地から飛び立つイメージの熱気球ですが、今回の開催地は住宅街のど真ん中。
家の隣の空き地にいきなり出現といった感じです。日本ではちょっと考えられないかもしれません。

マレーシアの天気は夕方に雷を伴う強い雨が1時間ほど集中して降るパターンが多いです。
この時間帯のアウトドアや外にいる場合は、天気予報に注意してなるべく雨宿りできるようにしておいたほうが安心です。

IMGP0794.jpg

日本のフェスやイベントなどと同じように屋台が出ます。
アジアンフードやローカルフードの他にピザ、そしてなんとスターバックスコーヒーまで。

IMGP0825.jpg

IMGP0826.jpg

他にもウォーターチューブ、ポニーライド、オープンエア映画など有料アクティビティが近隣で開催されています。
気球を眺めながら、遊べるちょっとした移動遊園地のよう。

IMGP0817.JPG

IMGP0805.JPG

夕暮れになり夜にむけて、新たに気球を膨らましています。
近くに多くの人が集まってくるため、その大きさがよくわかりますね。

IMGP0886.JPG

IMGP0889.JPG

IMGP0884.JPG

IMGP0856.JPG

夜になり、熱気を送るバーナーが点くと明るく輝く気球。
思ったよりも美しく、見ていて飽きません。
大音響の音楽が辺りを包み、その喧騒がアジアらしい雑多な感じ。

いつか機会があったら一度は乗ってみたいと思いました。

【データ】
マイ・バルーン・フェスタ(9th MyBalloonFiesta 2017)
https://myballoonfiesta.squarespace.com/


2017年3月17日

P2250057.jpg

クアラルンプールでここ数年人気なのが「日本からやってきた
あるいは「日本で大ブレイク」とうたわれているスイーツです。

発祥はベルギーと言われるベルジャンワッフル(リエージュワッフル)。
今回ご紹介するマダム・ワッフル(Madame Waffle)も、日本からやってきたカフェとして人気です。

P2250063.jpg

P2250056.jpg

P2250053.jpg

漢字だけではなく、ひらがなやカタカナが使われていると日本っぽさがでるようで
マレーシアでもよく見かけます。日本語的にあっているかはさておき、それもご愛嬌。

P2250051.jpg

P2250052.jpg

オーダーは先払いで現金のみ。メニューは単品、ドリンクと一緒のコンボ(Combo)などから選べます。
ワッフルはプレーンのオリジナルのほか、抹茶などのフレーバー、アーモンドなどのトッピングありなどから選びます。

オーダーを受けてから焼き上げるので、日本のフードコートでもおなじみの、お知らせブザーが渡されます。そのため出来立ての熱々をいただけます。

P2250054.jpg

迷ったらコンボセットがおすすめ。ワッフルとドリンクのセットでRM13(約330円)からとなっています。

P2250057.jpg

P2250058.jpg

こちらはコンボ3(Combo 3)でRM18(約460円)
シーソルトが使われたダークチョコレートがトッピングしてあります。
甘さの中にシーソルトの塩っぱさがアクセントになって食べ飽きません。

P2250055.jpg

テーブルの上には小さなお花があったりして、和みます。
日本式のスイーツがこれからも増えていきそうで、在住者にとっても楽しみです。
※今回訪れたのは、クアラルンプール・ブキッ・ビンタン(Bukit Bingtang)にあるショッピングモールのベルジャヤ・タイムズ・スクウェア(Berjaya Times Square)にあるショップです。

【データ】
店名:マダム・ワッフル(Madame Waffle)
住所:LG-49A-1,Berjaya Times Square,No.1,Jalan Imbi
URL:http://madamewaffle.com/index.html
営業時間:10:00-22:00



2017年3月10日

IMG_5294.jpg

アジアのスパ、エステでリラックス。優雅でリフレッシュされるひとときですね。
なかなか行く機会がないのですが、高級ホテル、リゾートホテルでも大人気のアクティビティ。
ここマレーシアもスパ、エステなどを目的に旅行に訪れる人も多いそうです。

そこで気になるのがアロマ・オイル(エッセンシャル・オイル)やマッサージ・オイル。
直接体に触れたり、アロマとして使うためやはり気になります。
熱帯雨林からの恵みや、厳選された原材料を中心に精製され、パッケージに至るまでエコフレンドリー。
マレーシア国内はもちろん東南アジアのスパでも人気のスパコスメやエッセンシャルオイルのブランドがタナメラ(Tanamera)です。

タナメラとはマレー語で「赤い大地」を意味する言葉なのだそう。(※)
マレーシア製(made in malaysia)にこだわり、そのクオリティでローカルのファンも多いようです。

熱帯雨林
(※)about-Tanamera タネメラ公式サイトより
https://tanamera.com.my/about/

PB121998.jpg


クアラルンプール市内にも実店舗が数店あり、またオンラインでも買うことができるようです。
今回はたまたま他のアロマ・オイルを探しに行ったところ、噂のタナメラを発見。。
一緒にリップクリームも購入してみました。


IMG_5855.jpg

IMG_5856.jpg

こちらはユーカリ(Eucalyptus)のオイルで、もちろんマレーシア製。匂いをかぐと、なんとなく大地の香りがするような気がします。10mlでRM27.9(約707円)でした。

IMG_5857.jpg

ディフューザーに水を入れて数滴たらして使います。
部屋の中がほんのりとよい香り。
マレーシアでは言えにいる時はエアコンをつけっぱなしのことも多くて思ったよりも乾燥していることも。
なのでちょうどよい感じです。

PB121999.jpg

iPhoneを並べるとこんな感じ。小さいのでかさばらないので、持ち帰りも安心。
自分用におみやげ用にアロマが好きな人などには、おすすめです。
クアラルンプール市内などで手軽に入手できます。
また、ラウンカウイ島(Pulau Langkawi)には、タナメラ製品を使った専用のスパもあるようです。


【データ】
店名:タナメラ(Tanamera)
URL:https://tanamera.com.my/


2017年3月 1日
2017年2月22日
2017年2月15日
2017年2月 8日
2017年2月 1日
⇒すべての記事を見る

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ