海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMG_6044.jpg

GW目前。旅行でマレーシアに行かれる予定の方もいらっしゃるかと思います。
今回はマレーシア旅行の基本として、通貨と郵便事情などについてお伝えしたいと思います。

IMG_6039.jpg

マレーシアの通貨単位はリンギット(Ringgit)。街中で買い物などをする時の値札や価格表示には略称のRMかMYRがが使われていることが多いようです。
リンギットは発音すると「リンギ」と聞こえます。
RM1=100センです。かつて日本にあった通貨単位「銭(セン)」と同じなので覚えやすいですね。
マレーシアの紙幣はプラスティック製。正確にはポリマー合成樹脂製でオーストラリアの紙幣などにも使用されており、耐水性に優れ破れにく、大変丈夫です。透かしにあたる部分が透明になっているのも特徴。

買い物の時は1セン単位で表示されていても、支払い時にラウンディングと言って端数が切り上げ、切り下げになることが多いです。例えばRM9.88の場合、請求はRM9.9となります。

IMG_6030.jpg

IMG_6033.jpg

現在、紙幣6種類と硬貨5種類が流通しています。
紙幣は100、50、20、10、5、1
硬貨は50、20、10、5、1
20セン硬貨は金色と銀色の二種類あります。

2017年4月現在の日本円換算を併記してあります。

IMG_6032.jpg

2017年4月現在はRM1=約25円
RM1紙幣4枚でだいたい100円と覚えやすく、換算しやすいのではないでしょうか。

以前の記事でもお伝えしましたが、マレーシアは基本は生活物価は日本の1/2〜1/3程度ですが、例えばペットボトルの水は1本15円〜ですが、酒類はかなり割高で日本よりも高いことが多いです。レストランなどではヨーロッパ銘柄の瓶ビール1本(330-350ml)でRM13(約320円)が最安値キャンペーン価格だったりします。

IMGP1361.JPG

現金をあまり持っていない場合に心強いクレジットカード。
マレーシア国内でも使用可能なレストランやショップは多いです。
ただしサインのかわりに4桁のピンコードを要求されることが多いようです。
もちろんわからない場合はサインでも大丈夫なこともありますが、現地でも利用が多いようならあらかじめ確認しておいた方が安心です。

そしてなんとなく雰囲気でわかるかと思いますが、市場、屋台などではキャッシュオンリーです。
また人が多いところではスリや窃盗などマレーシアに限らず海外では注意が必要です。
高額紙幣の使用を見られないようにするなど気をつけて、東南アジアの熱気を楽しんでくださいね。



2017年4月19日

IMG_5800.jpg

クアラルンプール北部の中華系マレー人が多くすむ地域ケポン(Kepong)。
マレー語よりも中国語が通じやすいコミュニティの食文化は中華グルメの宝庫です。

IMG_5805.jpg

IMG_5804.jpg

マレーシアというよりも東南アジア定番の屋台で食べるごはんは経済飯とも呼ばれ、主菜と副菜がワンプレートになっていてRM5.5-6(約125-150円)ほど。
マレーシアの一般家庭は共働きのことも多く外食文化が根付いています。そのため気軽に食事ができる屋台を多くあります。

ケポン地区のアンキー・ローストダック(Onn Kee Roast Duck/安記焼鴨)は、イートインもテイクアウトもできるそんな屋台の一つです。メニューは看板の名前にもなっているローストダックと焼き豚です。

IMG_5801.jpg

IMG_5803.jpg

屋台の前に立つと「食べてくの?」といきなり話しかけられます。
「持ち帰りで」と答えると矢継ぎ早に「何?どれぐらい?焼き豚もまだあるよ」
後からきた地元の常連さんたちは手慣れた感じで注文していきます。

IMG_5808.jpg

IMG_5807.jpg

IMG_5806.jpg

テイクアウトにしたのですが、ローストダックや焼き豚はご飯ののせて店内で食べることもできます。
というか、持ち帰りよりもここで食べていく人の方が圧倒的に多いようでした。

持ち帰りの場合もつるしてあるダックを中華包丁で食べやすくカットし、タレをつけてくれます。
小さなビニール袋に入っているのがタレで全部頼みました。
梅ソース、チリソース、ホイシン(甘辛な中華みそ)ソース、ピーナッツソース(?)の4つ。
ちなみにマレーシアではテイクアウトの場合、飲み物、麺類などでもビニール袋に入れます。

最後の1ブロックとのことで、おすすめされた焼き豚も購入。
どちらもローカルの間で人気とあって美味しかったのですが、やはり屋台飯はマレーシアの喧騒と生暖かい空気を感じながら食べた方が気分があがるかもしれませんね。

クアラルンプールにも有名な屋台街ジャラン・アロー(Jaran Alor)などがありますので、機会があったらぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

【データ】
店名:アンキー・ローストダック(Onn Kee Roast Duck/安記焼鴨)
住所:209, Jalan Kepong Baru, Kepong Baru, 52100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
Tel:+60 3-6258 5227
URL:なし
営業時間:10:30-20:00 ※売り切れ御免のため早くに閉店してしまうこともあります。
休み:



2017年4月12日

IMG_4233.jpg

民族の多様性は文化や食にも通じます。
マレーシアの国教はイスラム教。
食べるものなどはハラル(ゆるされたもの)とノンハラル(ゆるされていないもの)に厳密に分けられています。
多民族国家らしく食の住み分けもできていいて、それぞれに食文化が異なっているのも特徴。

IMG_5175.jpg

そんなマレーシアで中華系のローカルを中心に人気のレストランが、日本式のとんかつ専門店「まめとん(ma maison)」。仏語で「私の店、家」を意味するma maison(まめぞん)と書いてまめとん。ちょっと粋な屋号が目に飛び込みます。

2013年にオープンし、現在ではクアラルンプール市内に3店舗。在マレーシア邦人の間では「日本のとんかつ」が食べられることで有名です。

IMG_4232.jpg

壁に描かれた日本語のお品書き。中華系マレーの知人は「読めないけど日本語で書いてあるから、ここは日本のお店だとわかるわね」。そう、日本人も多く通うのですが、ローカルにも実は大人気。
クアラルンプールにさまざまな日本食が浸透していると思わされます。

IMG_4136.jpg

IMG_4137.jpg

各テーブルには<甘口><辛口>のとんかつソース、付け合わせ用のキャベツの千切りなどにも使えるごまドレッシング、たまりじょうゆ、塩なども備えてあります。

単品でも頼めますが、値段の差があまりないので多くの人は定食にしています。
定食はメインのとんかつとキャベツの千切り、ごはん、豚汁、漬物。ご飯は白飯か十穀米か選べます。
また、日本のようにご飯、キャベツ、豚汁はお代わりできます。

IMG_4234.jpg

IMG_4236.jpg

定番ともいえるヒレカツ定食はRM28.9(約730円)、ロースカツ定食はRM26.9(約680円)。
ロースはジューシーで脂身にもうまみがあり、ヒレは上品ながらもしっとりと食べやすく、これぞ日本のとんかつ。なつかしさとおいしさで頬がゆるむ瞬間ですね。
他にもエビフライ、カキフライ、ミルフィーユとんかつなどなど、とんかつ好きなら絶対に食べてみたいメニューがたくさん!
週末のディナーの場合、待たなければならないこともあるほどの人気です。

比較的ユルめのサービスが多いマレーシアですが、まめとんはスタッフもきびきびとしており、お茶やお水のお代わりも各テーブルを回ってくれたりと、サービスも日本っぽい感じがします。
期間限定でとんこつラーメンや、店舗によっては一定の金額以上の食事をするとドリンク1杯プレゼントなどのキャンペーンもやっています。
出かける前に公式サイトでチェックしてみてくださいね。

【データ】
店名:まめとん(ma maison)
住所:パブリカ店(Publika, KL)
Lot 56 & 57, Level UG, Publika, Solaris Dutamas, Jalan Dutamas 1, 50480 Kuala Lumpur, Malaysia.
Tel:+603 6211 9399
URL:http://mamaison.com.my/
※他にも伊勢丹ワンウタマ店、メインプレイス店と2店舗あり。営業時間、定休日などは異なります。


2017年4月 5日
2017年3月24日
2017年3月17日
2017年3月10日
2017年3月 1日
⇒すべての記事を見る

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ