海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMG_6121.jpg

マレーシアにもおなじみのセブンイレブン(7-Eleven)があります。
軽食やお菓子、アイスなどを扱い、さらに携帯料金や水道代、ネットのプロバイダの支払い、店舗によってはATMやコピー機があったりとなんだか日本と似ています。

IMG_6135.jpg

メルボルン特派員をさせていただいた時に、物価の高いメルボルンでコンビニのコーヒーが安い!というレポートをしました。
日本でもコンビニ各社のコーヒーが人気だそうですね。
ここクアラルンプールのセブンイレブンで発見したのはRM2(約50円)コーヒー!

2015年にメルボルンでこのコーヒーを飲んだ時は$1(約100円)だったと記載されています。
クアラルンプールでは1/2の値段ですね。

IMG_6136.jpg

コピティアム(Kopitiam=マレーシアに昔からあるカフェ)などと比べるとほぼ同じかちょっと安いぐらいなのです。
いわゆるシアトル系コーヒーなど外資のカフェでは、コーヒー1杯の値段は300-400円と日本とほぼ同じぐらい。

IMG_6137.jpg

結論!コンビニのコーヒーはやっぱり安いということがわかりました。


※ちなみにご存知の方もいるかと思いますが、マレーシアではコーヒーを注文する時の名称がちょっと変わっています。


コピ(Kopi)=砂糖とクルーム入りの甘いコーヒー
コピ・シー(Kopi C)=砂糖のみが入った甘いコーヒー
コピー・オー・コソン(Kopi O Kosong)=ブラックコーヒー


2017年5月24日

P4290048.JPG

クアラルンプールで多くのツーリストがショッピングに訪れる場所といえばセントラル・マーケット(Central Market)
中心地ブキッ・ビンタン(Bukit Bontang)からもアクセスがよく周辺にも観光スポットが多いことで知られています。

P4290049.jpg

ショッピングをしてお腹がすいたなという時に便利なのがフードコート。
もちろんセントラル・マーケットの1F(日本でいう2階)にもあります。
旅先はや初めての場所だとチェーン系ファストフードは助かったりします。
しかしセントラル・マーケットは一味違う!?
実はここ、かなりディープなローカルフード専門のフードコートなのです。

P4290050.jpg

P4290051.jpg

とはいえ、オーダーは簡単。店の全メニューが店頭に写真と値段付きで表示されているので安心。
マレーシアは英語が通じることも多いのですが、時々マレー語のみということもあるので。

P4290055.jpg

マレーシアの伝統料理ニョニャや、中華、インドなど、あるいはそれらが合わさったものなど、東南アジアの味が勢ぞろいしています。

こちらはインドネシア系マレーフードのお店マカン・マカン(Makan Makan)
マカンとはマレー語で「食べる」という意味です。

P4290053.jpg

P4290052.jpg

P4290054.jpg

白身魚をカリッカリに揚げたイカン・ゴレン(Ikan Rendang)はマレー人が大好きな料理の一つ。
チリソースなどをかけて食べます。

P4290056.jpg

P4290057.jpg

他にもレストランなどあるのですが、ローカルっぽい雰囲気と食事に挑戦するならばやはりこのフードコート。
フレンドリーなお店も多いので、食べ方や食材について質問をすると丁寧に教えてくれたりします。
マレーシアのご飯はハマる人はハマると言われているので、いろいろ食べ比べてみてはいかがでしょうか。

【データ】
店名:セントラル・マーケット(Central Market/Pasar Seni)
住所:Jalan Hang Kasturi, City Centre, 50050 Kuala Lumpur,
Tel: +60 1-300-22-8688
URL:http://www.centralmarket.com.my/


2017年5月17日

P4140145.jpg

週末になるとさまざまなイベントが開かれるクアラルンプール(Kuala Lumpur)。
日中の暑さを避けて夜涼しくなってから食事や娯楽に出かけるのがマレーシア流。
人気のお出かけ先はエアコンが効いてて、レストランが多いショッピングセンターです。

P4140158.jpg

クアラルンプール中心部から北西へ車で20分。ダマンサラ(Damansara)エリアにあるショッピングモールのザカーブ(the Curve)。
たくさんの飲食店、ホテル、映画館、、スケートリンク、キッザニア・クアラルンプール(KidZania Kuala Lumpr)などがあることでファミリー人気のエリア。またイケア(IKEA)が入っているIPC(IPCセンター)が通りを挟んで向かい側にありショッピングにも大変便利です。

P4140139.jpg

P4140148.jpg

毎週金曜日の夜8時になるとどこからか太鼓とバグパイプの音が。
バグパイプといえばスコットランドの民族楽器。
独特の音色だけではなく、キルトをまとった男性が演奏している姿を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

演奏をしているのはセント・ジョンズ・アルミニ・パイプ・バンド(St John’s Alumni Pipe Band)。
セント・ジョンズは最古の学校の1つでクアラルンプールの男子校。メンバーは卒業生が中心となって編成されています。
2005年に結成されて以来、さまざまな場所のパフォーマンスなどに参加しているのだとか。

P4140150.jpg

IMG_5187.jpg

通りの両側はレストランやバーなどの飲食店が軒を連ねています。店内からも音が聞こえてくるほどで迫力満点。
意外にも演奏曲はポップで誰でも知っているヒット曲やどこかで聞いたことのあるメロディなどなど
子どもから大人まで国を超えて楽しめるため、家族連れが足を止めて聞き入ってたり、リズムをとっていたりと楽しんでいる様子。

P4140154.jpg

ひとしきり演奏し、観覧者を魅了した後は、隊列を組んで演奏をしながら帰っていきます。
熱帯の夜に響く遠いスコットランドの音色が週末らしさを感じさせるのも不思議ですね。


【データ】
開催場所:ザカーブ(the Curve)
住所:6, Jalan PJU 7/3, Mutiara Damansara, 47800 Petaling Jaya, Selangor
Tel: +60 3-7710 6868
URL:http://www.thecurve.com.my/
営業時間:10:00-22:00

セント・ジョンズ・アルミニ・パイプ・バンド(St John’s Alumni Pipe Band)
URL:http://www.artisttrove.com/artist/119830878029709/St+John%27s+Alumni+Pipe+Band



2017年5月10日
2017年5月 3日
2017年4月26日
2017年4月19日
2017年4月12日
⇒すべての記事を見る

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ