海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/京都特派員ブログ

日本国内にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

青空広がる勝竜寺城。
勝竜寺城は、JR長岡京駅からも近く、
明智光秀の娘・玉(細川ガラシャ)と細川忠興が新婚生活を送ったお城。

IMG_0487.jpg


境内の梅はまだ蕾が多いです。


IMG_0472.jpg


境内には忠興さんとガラシャさん、お二人の銅像があります。

img_5_m.jpg像.jpg


戦国時代、勝竜寺城のある長岡天神辺りは、京都防衛の拠点として
重要視されていました。

IMG_0485.jpg

現在、勝竜寺城公園は綺麗に整備され、
城内や資料館を見学することができます。(無料)

IMG_0483.jpg

ガラシャさん辞世の句は・・・
「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ 」

亡くなられて417年の時が過ぎています。
もうすぐ、境内の梅が次々と咲き始めて来ます。

IMG_0474.jpg

《勝竜寺城》
〇 所     京都府長岡京市勝竜寺13-1
〇 お休み   毎週火曜
〇 料金    無料
〇 アクセス JR京都線「長岡京駅」から南へ徒歩10分


2017年2月25日

滋賀県近江八幡市にある安土城跡に行って来ました。
見上げると長い石段です。

IMG_0337.jpg


安土城は、南側に大手口を設け、そこから山頂に向けて大手道が伸びます。
山頂部には、本丸・二の丸・三の丸からなる主郭が配置されています。


順路は長い石段を登って天主跡まで行き、帰路は三重塔を見ながら
山に沿って降りて来ます。

IMG_0338.jpg


入口の案内には、所要時間は一時間少しとありましたが
結構な運動量となりました。

IMG_0341.jpg

安土城は織田信長が、天下統一を目指し琵琶湖が一望出来る所に
築城した巨大山城です。
山頂には天主(天守)が建ち、信長は、その天主に住んでいたそうです。
しかし完成後わずか3年で本能寺の変が発生。
その数日後には謎の出火により天主や御殿等が焼失しました。

その後、天下が秀吉のものとなると安土城は廃城となりました。

IMG_0344.jpg

2009年の映画『火天の城』(かてんのしろ)では、
安土城の様子が描かれていました。
城跡は、昭和15年から20年間に渡る発掘調査・修復工事が行われ、
当時の雄姿を実感できる状態となってます。


IMG_0354.jpg

雪の残る長い石段を登って天主跡に着きました。
ここには、高さ33メートル、五層七階の天主がそびえていたそうです。

IMG_0365.jpg

天主跡からは、琵琶湖が一望です。


IMG_0358.jpg

帰路は、三重塔(築1454年)や二王門を見ながら進んで行きます。

IMG_0380.jpg

それにしても安土城も三重塔も、この様な高い所に
建てられていたのですから凄いですね。


IMG_0392.jpg


《安土城》

〇 住所  滋賀県近江八幡市下豊浦 
〇 料金 700円

〇 交通  電車  JR東海道本線・安土駅より徒歩18分。
     車   名神道・八日市ICより国道421号線経由13㎞ 。
〇 駐車場      安土城跡駐車場


2017年2月23日

IMG_0456.jpg

滋賀県東近江市五個荘では、「商家に伝わるひな人形めぐり」が開催されています。
東近江市五個荘は、近江商人発祥の地。
「商家に伝わるひな人形めぐり」は、五個荘のいくつもの会場で行われています。
まずは中江富十郎邸に入りました。


IMG_0410.jpg


ここで飾られるお雛様は、市田椰良生さんのアートフラワーの雛人形や、
中江家の木目込人形等が展示されています。

IMG_0400.jpg

IMG_0403.jpg

IMG_0407.jpg


風情ある町並みを抜けて、中江準五郎邸に向かいました。


IMG_0466.jpg


ここでは、現代創作人形作家・東之湖さんの
「青湖雛(せいこびな)」の世界が広がっています。

IMG_0418.jpg


先頭に白無垢十二単の、お人形様。


IMG_0421.jpg

衣装は、平安時代の装束衣装。

IMG_0423.jpg

装束衣装には湖東地域特産の近江上布(麻)などを使って、
近江の自然をイメージされています。


IMG_0425.jpg


繊細な中に広がる、平安絵巻の世界。

IMG_0422.jpg


近江上布は和紙にも似た、上質な質感。

IMG_0449.jpg

衣装の柔らかな色彩は、琵琶湖や近江の自然の色が
モチーフとなっているそうです。

IMG_0431.jpg

五個荘・商家に伝わるひな人形めぐりは、
3月20日まで行われています。


IMG_0434.jpg


≪商家に伝わるひな人形めぐり≫
〇所 滋賀県東近江市五個荘金堂町
〇期間 平成29年2月1日(水)~3月20日(月・祝)
〇時間 9:30~16:30(金堂まちなみ保存交流館は10:30~)
〇会場 近江商人屋敷(中江準五郎邸・外村宇兵衛邸・外村繁邸・藤井彦四郎邸)、
    近江商人博物館、金堂まちなみ保存交流館、観峰館、八年庵、
    cafe&gallery Hakmokren
○アクセス JR琵琶湖線「能登川駅」下車 バス 10 分
     「ぷらざ三方よし前」下車、徒歩約5分。
      近江鉄道/本線「五箇荘駅」下車 徒歩 20 分。


2017年2月20日
2017年2月19日
2017年2月15日
2017年2月13日
2017年2月11日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

三宅島京都八丈島函館北海道南三陸南島原大阪富山山形広島新宿新潟札幌東京松前横浜沖縄湘南神戸能登長野青森