海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/京都特派員ブログ

日本国内にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

京都も昨夜から今朝にかけて、激しい雨でした。
雨が上がり、四条縄手にある「手ぬぐいの永楽屋さん」。
お店前に飾られた、青もみじ・紫陽花・舞妓さんの手ぬぐいが素敵です。

IMG_3254.jpg

縄手を少し歩いて、祇園白川「辰巳大明神」に来ました。
辰巳大明神は、辰巳の方角を守る神社であったと考えられますが、
今では祇園の芸舞妓さんからの信仰を集める、芸事上達にご利益のある小社となっています。

IMG_3271.jpg


辰巳大明神から左を見ると、巽橋から切通しの景色。


IMG_3277.jpg


そしてこちらは、白川沿い朱塗りの玉垣。



IMG_3279.jpg

朱塗りの玉垣から少し進むと、「かにかくに碑」。
歌碑には 祇園をこよなく愛した歌人・吉井勇の詩が 刻まれています。
『かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕のしたを 水のながるる』
歌碑は、昭和30年に吉井勇の古希を記念して建てられました。

img_1.jpgCCC.jpg

かつて・・・この石碑のある所には、「大友」と言うお茶屋がありました。
お茶屋「大友」の女将「磯田多佳」は祇園甲部の芸妓さんでしたが、
一方で夏目漱石、谷崎潤一郎、吉井勇、志賀直哉、高浜虚子、浅井忠、横山大観など
多くの文学者や芸術家と交流した歌人であり、「文学芸妓」と呼ばれていました。

時代が、戦争後期に入り、戦局が悪化して、お茶屋「大友」も撤去され
多佳さんは、終戦の年に亡くなられています。

IMG_3266.jpg

多佳さんが好きだった花は紫陽花。

彼女は終生、雨の日と紫陽花を好まれていたそうです。
今、白川沿いには、あちこちに紫陽花が咲いています。
咲いた紫陽花に、多佳さんの歩まれた時代を思いました。

IMG_3263.jpg

《祇園白川》

〇住所    京都市東山区新橋通周辺 。
〇アクセス 京阪「祇園四条駅」より徒歩3分。
      京阪「三条駅」より徒歩5分。
      阪急「河原町駅」より徒歩5分。


2017年6月21日

京都で梅の名所として知られる「梅宮大社」。
回遊式庭園の神苑では、花菖蒲と紫陽花が見頃です。
神苑に入ると、花菖蒲がお出迎え。

IMG_3215.jpg


池には様々な種類の花菖蒲が咲いています。

IMG_3211.jpg

回遊式庭園の神苑。
石橋を渡りながら巡って行きます。

IMG_3198.jpg


順路を進んで、紫陽花エリアに入りました。
梅宮大社の神苑には、一体、何種類の紫陽花が
咲いているのだろうかと思う位、いろんな種類の紫陽花が咲いています。
IMG_3225.jpg

ここの写真だけで、紫陽花図鑑が出来そうです。


IMG_3234.jpg

紫の陽の花と書いて、紫陽花。
紫陽花の花は、青・赤・白・薄紫・・と花の形や色の多さに
改めて驚きます。

IMG_3221.jpg

紫陽花の種類は200種近くあるそうで、
それぞれに花のスタイルや色合い、花柄の大きさが違います。


IMG_3245.jpg

花の形が、球状のものは西洋アジサイ。
まるで花束かブーケの様に綺麗。

IMG_3251.jpg


これは、日本のアジサイが18世紀末にヨーロッパに持ち込まれ、
品種改良を重ねて今日のような花柄の大きい、
球状のアジサイが出来上がったそうです。

IMG_3236.jpg


そして、サテライトのように咲くのは「ガクアジサイ」。
「ガクアジサイ」は、周辺の装飾花が中央の細かな花を
 取り囲んで咲く、「額縁」に似ているので、江戸時代に名付けられたそうです。


IMG_3227.jpg

梅宮大社の神苑。
花菖蒲と紫陽花が見頃を迎えています。

≪梅宮大社≫
○所       京都市右京区梅津フケノ川町
○アクセス    阪急松尾大社駅から徒歩約10分。
○駐車場     有り
○境内散策無料  神苑550円
             


2017年6月19日

伏見を流れる濠川(ほりがわ)では紫陽花が
見頃を迎えています。
水路の春は桜。
今は約12000株の紫陽花。

IMG_3133.jpg


伏見の歴史は、豊臣秀吉から始まり
水路は、伏見城の築城資材を運ぶため造られました。

伏見は豊かな地下水に恵まれ、流域には酒造会社が多く、白壁の酒蔵が立ち並んでいます。
紫陽花の向こうに見えるのは、月桂冠の酒蔵。

IMG_3148.jpg

江戸時代の水路沿いには、酒蔵と共に廻船問屋並び、多くの小舟が往来していたそうです。
坂本龍馬で有名な寺田屋さんも、すぐ近く。

IMG_3161.jpg


川から上がると、寺田屋さん。


IMG_3181.jpg

江戸時代の伏見は、大阪と京都を結ぶ淀川の舟運の港町として栄えた町で、
寺田屋のような船宿は何件も軒を連ねていました。


又、この辺りは鳥羽伏見の戦いで、薩長を中心とした新政府軍と、
幕府歩兵隊・会津藩兵・新選組など
新政府軍と旧幕府軍の間で、激しい戦闘が行われた所でもあります。

IMG_3178.jpg


再び濠川に戻ります。
伏見城が存在した(1594年)頃の濠川は、城の外堀でしたが
龍馬の生きた時代には、ほぼ、この様な水路だったそうです。
寺田屋事件(1866年)の時、濠川を使って薩摩島津屋敷まで逃れたとも言われています。

IMG_3173.jpg

龍馬は、水路の船を大いに利用したそうで、寺田屋事件で怪我をした龍馬が、
しばらく薩摩藩邸にかくまわれた後、妻のおりょうと共に薩摩へ向かった
「日本最初の新婚旅行」も、ここの船が始まりだったそうです。


IMG_3163.jpg


水路を運行している十石舟は、川の港町としての、
伏見の歴史を伝える観光屋形船です。

龍馬を思う濠川の紫陽花。
見頃です。

IMG_3130.jpg

《伏見濠川》

○所 京都市伏見区南浜町
○アクセス  京阪電車「中書島」下車5分。


2017年6月16日
2017年6月14日
2017年6月13日
2017年6月12日
2017年6月11日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

三宅島京都八丈島函館北海道南三陸南島原大阪宮古島富山山形広島新宿新潟札幌東京松前横浜沖縄湘南神戸能登長野青森