海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/京都特派員ブログ

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

お盆過ぎても、まだまだ高い気温。
夕暮れの嵐山は夕涼みにも良く、渓谷では鵜飼見物船が運行しています。(7月から9月下旬まで)

鵜飼に使われる鵜は渡り鳥である野生のウミウ、鵜匠(うしょう) が訓練したものです。
風折烏帽子(かざおれえぼし)姿の鵜匠は、鵜を巧みに操り川魚を獲ります。


P1510682.jpg

嵐山の鵜飼いの歴史は、平安の歌人・在原業平が詠んだ
「大堰川うかべる舟のかがり火に をぐらの山も名のみなりけり」の歌にもあるように、
平安時代には、すでに行われていたそうです。


P1510678.jpg


嵐山。
南にそびえる山は、標高375m。
月の渡る橋、渡月橋は 全長155m。

P1510673.jpg

夏の風物詩「嵐山の鵜飼」。
かがり火揺れる夜景に昼間の暑さも忘れました。


P1510683.jpg

《嵐山・鵜飼い見物船》
○期間  7月1日~9月23日
○時間  7月1日~8月31日 19:00と20:00の2回
     9月1日~9月23日 18:30と19:30の2回
     (大雨・増水・強風の場合は欠航)。
○料金 大人1,800円 子供(4歳-12歳)900円

〇公式HP  http://arashiyama-yakatabune.com/


2017年8月19日

行く夏と先祖の霊を送る伝統行事「京都五山送り火」が16日夜、
京都市街を囲む山々で行われました。
昨年の五山の送り火は、嵯峨曼荼羅山に燃え上がる、
鳥居形を間近で見ていました。
今年は、如意ヶ嶽(472 m)の「右大文字」を見ようと
四条大橋を渡り、京阪電車で出町柳に向かいました。
写真は、四条大橋から七時前の鴨川風景。

P1510631.jpg


午後八時、如意ヶ嶽が燃え上がりました。
五山の送り火は、約三十分の行事です。
八時に東山・如意ヶ嶽の「右大文字」が点火され
八時十分には松ケ崎西山(万燈籠山)の「妙」。
八時十分に東山(大黒天山)の「法」。
八時十五分に西加茂船山の「船形」。
八時十五分に金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」。
八時二十分に嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」。・・・・と 順番に点火して行きます。


P1510662.jpg


「聖霊の 帰り路送る 送り火の もえたちかぬる 月あかりかな」     正岡子規

京都の夏は、祇園祭で夏が来て、五山の送り火で夏が行くと言いますが
まだ暫く暑い日が続きそうです。


P1510648.jpg



2017年8月16日

嵐山の一番奥、鳥居本から更に
トンネルを通って清滝(きよたき)へと向かいます。
トンネルの形からわかるように、戦前このトンネルは、愛宕鉄道のトンネルでした。

IMG_4551.jpg


トンネルを抜けると清滝。
緑の木々と、渓谷が迎えてくれました。
清滝は、夏の川遊びの穴場ポイントとしても人気があります。


IMG_4560.jpg

清滝の歴史は、平安時代に愛宕山参りの所として始まり、江戸時代に入ると、
愛宕山の参詣道にあたる清滝には大名に供奉する人が住居を構えたそうです。
そして、大勢の参詣者が集まる宿場町に成長し、旅籠や茶屋が軒を連ねました。


IMG_4558.jpg


昭和に入り昭和4年には、愛宕山電車が嵐山から清滝を結ぶ鉄道(3,4km)として開通しています。
その時代、清滝は京都の一大レジャーランドとして栄え、
嵐山から清滝へは電車。そして清滝からはケーブルカー(2km)が愛宕山迄を通っていました。
清滝には遊園地があり、愛宕山にはロッジホテルや遊園地、スキー場等があったそうです。

IMG_4579.jpg


しかし戦争の時代に入り、愛宕鉄道や施設は、 閉鎖に追い込まれて行きます。
戦火が激しくなった昭和19年から20年には、線路などの資材は、
軍備資材として転用され、電車も全線が不要不急線に指定され廃線となり
愛宕山のロッジホテル等の観光施設も全て閉鎖されてしまいました。

IMG_4573.jpg

戦後は、観光スタイルの変化もあり、寂れて行きましたが・・・・・
初夏には蛍やカジカ・・満天の星が見れる渓谷の里として人気があり、
東海自然歩道の京都一周トレイルや、愛宕山登山に向かうハイカーで休日を中心に賑わっています。


IMG_4575.jpg

渓谷沿いに建つ松尾芭蕉の歌碑。

「清滝や 波に散り込む 青松葉」


IMG_4565.jpg


こちらは、与謝野晶子の歌碑。

「ほととぎす 嵯峨へは一里 京へ三里 水の清滝 夜の明けやすき」

晶子は清滝に訪れると、猿渡橋近くの旅館に宿泊していたそうです。

IMG_4570.jpg

赤い橋は、「渡猿橋」。
清滝が一番賑わっていたのは「渡猿橋」が出来た
昭和初期(昭和13年)の頃と言われています。
昭和の宿場町の面影が残る町並み。
昭和初期、ここには、どんな時間が流れていたのでしょう。

IMG_4572.jpg


《清滝》
○所          京都市右京区嵯峨清滝
○交通アクセス     JR「京都駅」、京阪電車「三条駅」から京都バスで「清滝」下車すぐ。


2017年8月15日
2017年8月14日
2017年8月11日
2017年8月 8日
2017年8月 6日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集