海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 花菖蒲と紫陽花が見頃。「初夏の梅宮大社神苑」。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月19日

花菖蒲と紫陽花が見頃。「初夏の梅宮大社神苑」。


メール プリント もっと見る

花菖蒲と紫陽花が見頃。「初夏の梅宮大社神苑」。

京都で梅の名所として知られる「梅宮大社」。
回遊式庭園の神苑では、花菖蒲と紫陽花が見頃です。
神苑に入ると、花菖蒲がお出迎え。

IMG_3215.jpg


池には様々な種類の花菖蒲が咲いています。

IMG_3211.jpg

回遊式庭園の神苑。
石橋を渡りながら巡って行きます。

IMG_3198.jpg


順路を進んで、紫陽花エリアに入りました。
梅宮大社の神苑には、一体、何種類の紫陽花が
咲いているのだろうかと思う位、いろんな種類の紫陽花が咲いています。
IMG_3225.jpg

ここの写真だけで、紫陽花図鑑が出来そうです。


IMG_3234.jpg

紫の陽の花と書いて、紫陽花。
紫陽花の花は、青・赤・白・薄紫・・と花の形や色の多さに
改めて驚きます。

IMG_3221.jpg

紫陽花の種類は200種近くあるそうで、
それぞれに花のスタイルや色合い、花柄の大きさが違います。


IMG_3245.jpg

花の形が、球状のものは西洋アジサイ。
まるで花束かブーケの様に綺麗。

IMG_3251.jpg


これは、日本のアジサイが18世紀末にヨーロッパに持ち込まれ、
品種改良を重ねて今日のような花柄の大きい、
球状のアジサイが出来上がったそうです。

IMG_3236.jpg


そして、サテライトのように咲くのは「ガクアジサイ」。
「ガクアジサイ」は、周辺の装飾花が中央の細かな花を
 取り囲んで咲く、「額縁」に似ているので、江戸時代に名付けられたそうです。


IMG_3227.jpg

梅宮大社の神苑。
花菖蒲と紫陽花が見頃を迎えています。

≪梅宮大社≫
○所       京都市右京区梅津フケノ川町
○アクセス    阪急松尾大社駅から徒歩約10分。
○駐車場     有り
○境内散策無料  神苑550円
             

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年6月19日
« 前の記事「龍馬を思う濠川の紫陽花。」へ
»次の記事「祇園白川に咲く紫陽花。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    川風ひんやり、目に涼感「嵐山の鵜飼」。
    「五山の送り火」、如意ヶ嶽・右大文字。
    夏の清滝・・・昭和を思う「渡猿橋」。
    京から宇宙を想う「京都大学花山天文台」。
    夏・深緑の「祇王寺」。
    ああっ美味しい!中村軒「桂うりの氷」。
    「京の七夕」が始まりました。
    「夏の日の八坂の塔」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    花の寺・法金剛院。紫陽花と蓮が咲いています。
    紫陽花と三重塔が美しい岩船寺。
    深い緑と白砂壇の法然院。
    3000本の青もみじの世界。永観堂。
    伏見・十石舟とあじさい景色。
    紫陽花と、さしのべ観音様。
    朝霧の嵐山・青もみじの宝厳院。
    六月の貴船に広がる緑の世界。
    もうひとつの嵐山。
    長岡京市の紫陽花寺。楊谷寺。
    日本最大の鉄道博物館「京都鉄道博物館」。
    空を近くに感じる善峯寺。
    そばを食べに「阪急そば」へ。
    今日から六月。紫陽花咲く真如堂。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集