海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 祇園祭・「菊水鉾とお茶席」。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月13日

祇園祭・「菊水鉾とお茶席」。


メール プリント もっと見る

祇園祭・「菊水鉾とお茶席」。

祇園祭の前祭り。
各鉾町では鉾建てや、鉾の試し曳きも行われています。

IMG_3885.jpg

室町四条上がった所に建つ菊水鉾。


IMG_3887.jpg


車輪にも菊水の文字。


IMG_3890.jpg

菊水の名は、この町に室町時代からあった、
名水の井戸「菊水井」にちなんで名づけられたそうです。

IMG_3968.jpg


おおっ 
鉾を見上げたら、舞妓さんが手を振ってくれました。

IMG_3893.jpg


鉾へは、ちまきを買い求めると、乗せていただけます。
僕も鉾に上がりました。
提灯の間から見える室町通り。


IMG_3899.jpg

祇園祭の山鉾は、「動く美術館」と言われています。
動く美術館と言われる様になったのは、室町時代以降で、祭を経済的に支え続けた町衆の力です。
桃山時代から江戸時代にかけて海外との貿易が始まり、
やがて山鉾にも各国の美術品を飾りつけるようになりました。
これが「動く美術館」と呼ばれる由縁です。

菊水鉾の天井幕は、皆川月華の「雲龍図」。(皆川月華・昭和時代の染色家。)

IMG_3901.jpg

鉾の上の広さは六畳位でしょうか。
ここに巡行の日には、禿や囃子方など約50人が乗ります。更に、屋根の上には屋根方。
鉾の前方には音頭取りも乗ります。
これだけの人数が乗り込み、曳いて動かすのですから凄いです。
鉾を引く曳き子は50人。
鉾一台に総数は100人以上となります。


IMG_3902.jpg

菊水鉾を降りて、菊水鉾町で行われている、
お茶席へよせて頂きました。

IMG_3906.jpg


菊水鉾のお茶席は、夏の風物詩とも言われる
人気のお茶席。(7月13~16日)

IMG_3909.jpg


裏千家の方が点てられた抹茶と和菓子「したたり」。
「したたり」は能楽・菊慈童の稚児人形に因んだ和菓子で
黒糖と和三盆、寒天で出来た、とても美味しい和菓子です。
お皿はお土産に頂きました。

コンコンチキチン コンチキチン
目と耳と味で感じる祇園祭です。(^.^)

IMG_3908.jpg


《菊水鉾お茶席2017》
〇所         京都市中京区室町四条上がる菊水鉾町
〇お茶席 2000円   午後10時まで

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2017年7月13日
« 前の記事「コンコンチキチン。ショーウィンドゥーに見る「祇園祭」。」へ
»次の記事「コンチキチン。山鉾の試し曳き。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    圧巻の夜景!「清水寺ライトアップ」
    「八坂の塔」を見ながら歩く小路
    歩いても眺めても良し「詩仙堂の紅葉」
    宮本武蔵を思う「八大神社」。
    羅漢像が見る「赤山禅院」の紅葉。
    京大の中のレストラン『カンフォーラ』。
    彩りの時を迎えた「真如堂」。
    一枚の絵の様な紅葉景色。一条寺「圓光寺」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    祇園祭「還幸祭」の夜。
    コンチキチン・・後祭りの祇園囃子が聞えます。
    「ちいさいおうち」の祇園祭展。
    沿道には19万人。祇園祭・前祭り山鉾巡行。
    織田信長と長刀鉾。
    切り絵と香りで感じる祇園祭。
    暑い日には、舞妓さんのビアホール。
    祇園祭・鉾建てが行われています。
    いよいよ祇園祭です。
    梅雨明けまではもう少し。
    1回し1ダリ。謎が謎を呼ぶ巨大なダリガチャ。
    「あなたもきっとダリになる」。京都美術館ダリ展。
    紫陽花咲く、七月初めの長命寺。
    当尾の里・浄瑠璃寺に広がる緑の世界。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集