海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > コンチキチン。山鉾の試し曳き。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月14日

コンチキチン。山鉾の試し曳き。


メール プリント もっと見る

コンチキチン。山鉾の試し曳き。

コンコンチキチン コンチキチン
13日の鉾町では完成した山鉾を本番さながら正装姿の音頭取り、
囃子方が乗り込み試し曳きが行われていました。

IMG_3936.jpg

試し曳きには、一般の人も参加可能。
綱を曳くと一年間厄除けになると言われ、この日は子供さんも女性も曳き手になれます。
新町通りでは、船鉾の試し曳きです。

IMG_3926.jpg

狭い新町通りを、道幅いっぱいに船鉾が通って行きます。
船鉾は、鉾全体を船の型にし、舳先には金色の鷁、
艫には黒漆塗螺鈿の飛龍文様の舵をつけています。


IMG_3930.jpg

船鉾は、前祭りの船鉾と、後祭りの大船鉾と二基ありますが、
2014年度より、前祭7月17日では船鉾。
後祭の7月24日では大船鉾が巡行の最後尾を務めています。

IMG_3940.jpg

続いて新町通りを歩いて行くと、岩戸山の試し曳きです。

IMG_3954.jpg


岩戸山は、天岩戸を開いた天照大神の日本神話から来ているそうで
山とはいえ室町時代の洛中洛外図屏風で見られる岩戸山には、
すでに車輪が描かれていて、鉾と同じ車をつけた曳山でした。

IMG_3957.jpg


屋上には、真松を立てています。

IMG_3963.jpg



これからの祇園祭のタイムスケジュールですが、
14日の夜からは宵山です。宵山は、前祭(17日)の前夜祭として、
14日(宵々々山)、15日(宵々山)、16日(宵山)と3日間行われます。
山や鉾には提灯が灯りお囃子の音が場を盛り上げ、町中が祭ムード一色となります。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2017年7月14日
« 前の記事「祇園祭・「菊水鉾とお茶席」。」へ
»次の記事「「祇園祭」・前祭り宵山。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    圧巻の夜景!「清水寺ライトアップ」
    「八坂の塔」を見ながら歩く小路
    歩いても眺めても良し「詩仙堂の紅葉」
    宮本武蔵を思う「八大神社」。
    羅漢像が見る「赤山禅院」の紅葉。
    京大の中のレストラン『カンフォーラ』。
    彩りの時を迎えた「真如堂」。
    一枚の絵の様な紅葉景色。一条寺「圓光寺」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    祇園祭「還幸祭」の夜。
    コンチキチン・・後祭りの祇園囃子が聞えます。
    「ちいさいおうち」の祇園祭展。
    沿道には19万人。祇園祭・前祭り山鉾巡行。
    織田信長と長刀鉾。
    切り絵と香りで感じる祇園祭。
    暑い日には、舞妓さんのビアホール。
    祇園祭・鉾建てが行われています。
    いよいよ祇園祭です。
    梅雨明けまではもう少し。
    1回し1ダリ。謎が謎を呼ぶ巨大なダリガチャ。
    「あなたもきっとダリになる」。京都美術館ダリ展。
    紫陽花咲く、七月初めの長命寺。
    当尾の里・浄瑠璃寺に広がる緑の世界。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集