海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 川風ひんやり、目に涼感「嵐山の鵜飼」。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月19日

川風ひんやり、目に涼感「嵐山の鵜飼」。


メール プリント もっと見る

川風ひんやり、目に涼感「嵐山の鵜飼」。

お盆過ぎても、まだまだ高い気温。
夕暮れの嵐山は夕涼みにも良く、渓谷では鵜飼見物船が運行しています。(7月から9月下旬まで)

鵜飼に使われる鵜は渡り鳥である野生のウミウ、鵜匠(うしょう) が訓練したものです。
風折烏帽子(かざおれえぼし)姿の鵜匠は、鵜を巧みに操り川魚を獲ります。


P1510682.jpg

嵐山の鵜飼いの歴史は、平安の歌人・在原業平が詠んだ
「大堰川うかべる舟のかがり火に をぐらの山も名のみなりけり」の歌にもあるように、
平安時代には、すでに行われていたそうです。


P1510678.jpg


嵐山。
南にそびえる山は、標高375m。
月の渡る橋、渡月橋は 全長155m。

P1510673.jpg

夏の風物詩「嵐山の鵜飼」。
かがり火揺れる夜景に昼間の暑さも忘れました。


P1510683.jpg

《嵐山・鵜飼い見物船》
○期間  7月1日~9月23日
○時間  7月1日~8月31日 19:00と20:00の2回
     9月1日~9月23日 18:30と19:30の2回
     (大雨・増水・強風の場合は欠航)。
○料金 大人1,800円 子供(4歳-12歳)900円

〇公式HP  http://arashiyama-yakatabune.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2017年8月19日
« 前の記事「「五山の送り火」、如意ヶ嶽・右大文字。」へ
»次の記事「残暑お見舞い申し上げます。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「八坂の塔」を見ながら歩く小路
    歩いても眺めても良し「詩仙堂の紅葉」
    宮本武蔵を思う「八大神社」。
    羅漢像が見る「赤山禅院」の紅葉。
    京大の中のレストラン『カンフォーラ』。
    彩りの時を迎えた「真如堂」。
    一枚の絵の様な紅葉景色。一条寺「圓光寺」。
    嵐渓に映る紅葉景色「嵐山」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏の終わりの伊根花火。
    「残暑お見舞い申し上げます」。
    「1千万ドルの夜景」。青く輝く神戸の灯り。
    雨の中、五山の送り火「鳥居形」。
    虎屋菓寮で「宇治みぞれ」。
    夏空広がる石清水八幡宮。
    鴨川に灯る光の七夕飾り。「京の七夕」。
    暑中お見舞い申し上げます。
    かがり火揺れる、嵐山鵜飼い風景。
    本場宇治で頂く「宇治抹茶アイス氷」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集