海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 待望の豪華メガ・リゾートのベラージオがオープン

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 旧特派員 高木 青葉

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1998年10月16日

待望の豪華メガ・リゾートのベラージオがオープン


メール プリント もっと見る

待望の豪華メガ・リゾートのベラージオがオープン

 待望の豪華メガ・リゾートのベラージオが10月15日の夜オープンしました。しかし、今やラスベガスでのメガ・リゾート・オープン名物となった華麗な花火は、強風のため中止されてしまいました。総工金額が世界最高であることもあり、世界中から注目を浴びていただけに、オープンにこぎつけるまで、ネバダ州政界からも次々と異例の取り計らいを受け、向かうところ敵なしの感が強かった名物オーナーのスティーブ・ウィン氏(ミラージュ・リゾーツ社)も、さすがに自然界までは思うようにコントロール出来なかったようです。
 ベラージオのテーマは、北イタリアのある同名の静かなリもっとも、花火がキャンセルされたのは残念でしたが、最大の目玉は、クオリティ、ロマンス、エレガンスを念頭に置いたカジノそのもの。
ゾート・タウン。本物がコモという名の湖畔に栄えているのと同様に、ベラージオ・ラスベガス版もやはりコモという名の人造湖の脇にそびえ立っています。この人造湖の面積は8エーカーで、どれ位大きいかというと、空から見ると、巨大プールがいくつも集まった「ウェッテンワイルド」ウォーター・パーク全体がかすんでしまうほどです。この人造湖の青い水の下には約1000もの噴水口が潜んでいて、水と音楽、そして周囲が暗くなってからは光も加えた噴水ショーを繰り広げてくれます。音楽はもちろんカンツォーネやオペラ曲を中心に、交響曲やフランク・シナトラが使用される予定だそう。そして、人造湖のまわりには、パステルカラーのタスカニー・スタイル建築が立ち並び、その中はショップやレストランとなっています。
 早速ベラジオのハイライトを拾って見ました。

322.jpg
外見(上)、コモ湖とショップ(下)。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
1998年10月16日
»次の記事「待望の豪華メガ・リゾートのベラージオがオープン その2」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      高木 青葉
      平行して、時にはユタ州住人、またある時はカリフォルニアのモハヴェ砂漠住人 1995年 ~

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集