海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > マンダレイ・ベイ続々報その1~カジノ・ホテルじゃな...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 旧特派員 高木 青葉

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1999年3月 5日

マンダレイ・ベイ続々報その1~カジノ・ホテルじゃなくて、「ホテル」の誕生


メール プリント もっと見る

マンダレイ・ベイ続々報その1~カジノ・ホテルじゃなくて、「ホテル」の誕生

カジノ&ホテルの中にあるホテル(ややこしーなぁ、もう!)、フォー・シーズンズは、同じ建物内とはいえ、マンダレイ・ベイ(以下MB)とは入り口も別で、独自のフロント、エレベーター、レストラン、プール、会議場、フィットネス・ルーム等を所有していて、カジノもないので、まるで別世界です。
MBの35階から39階を占めるお部屋そのものの広さと間取りは、MBとほぼ同じですが、全室ミニバーやコーヒー・メーカーが完備のほか、インテリアはさすが気品が漂います。お値段は、公式発表では200ドルからとのこと。


フロント近くのラウンジでは、ハイ・ティー(アフタヌーン・ティー)が楽しめたり、大人の香りが漂うマティーニ&シガー・バーがあったり、スロットマシンの喧騒を離れてゆったりとくつろげます。カジノのないLVホテルとして有名だったアレクシス・パークが、カジノ導入予定となった今となっては、こうゆうホテルが出来てくれて頼もしい限り。


Four Seasonsお得意の、痒いところに手が届くサービスも充実していて、ペット同伴宿泊が可能なほか(犬の散歩もしてくれるそう)、子供連れには無料ベビーシッターを提供してくれたり、安心して宿泊出来ます。


なお、Four Seasonsの宿泊客は、MBのアメニティ(プールやフィットネス・ルーム等)を使用できますが、その反対は不可だそうです(もちろん、レストランやバーなどの一般に開放されているものは誰でも利用できます。あくまで宿泊客専用アメニティのことです)。


なお、電話番号もMBとは別になっています。
電話:(702) 632-5000;(877)632-5200【米国内からの予約トールフリー】
FAX:(702) 632-5222

284.jpg

フォー・シーズンズでは、ホテルマンと言う感じの人が、お迎えしてくれます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 旅行・ツアー・ホテル
1999年3月 5日
« 前の記事「マンダレイ・ベイ続報その2」へ
»次の記事「マンダレイ・ベイ続々報その2」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/24更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      高木 青葉
      平行して、時にはユタ州住人、またある時はカリフォルニアのモハヴェ砂漠住人 1995年 ~

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集