海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > フーバーダム:コロラド川にかかる橋

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年1月17日

フーバーダム:コロラド川にかかる橋


メール プリント もっと見る

フーバーダム:コロラド川にかかる橋



ラスベガスから1時間以内で行けるフーバーダムは観光地としても大人気で、いつ来ても人と車でいっぱい。

Hooverdam_1.jpg

Hooverdam_2.jpg


このダムの上はハイウェイUS93号線が通っているんですが、
このUS93はアリゾナ・ネバダ・ユタをつなぐ幹線道路でもあるので、
ダム見学に来る車と、それ以外の輸送トラックなどの両方が通ることになります。


ここ数年はこの狭くてカーブの多い2車線の道路を
1日14,000台の乗用車やトラックが通過しているのだとか。


しかも制限速度が15マイル、常に渋滞で夏場の昼間などは車の列がまったく動かなくなることもあったりします。


で、道路周辺の安全性や交通量・交通渋滞緩和を主な目的として、
迂回路を作ろうという「フーバーダム・バイパスプロジェクト」が発足し、2005年よりフーバーダム下流にこの "Colorado River Bridge" の建設が始まりました。



建設中の様子ですが、昨年の春頃は 真ん中へ向かって、両側からネッシーみたいな長い首が伸びてきていました。


Hooverdam_3.jpg

そして、夏、左右から伸びた2本のネッシーの首が、いよいよ真ん中で繋がろうとしているところ。



新聞の一面を飾ったこの写真、夕闇に浮かび上がる橋桁部分がとてもきれい。

Hooverdam_4.jpg
この橋桁部分、約320mのチューブ状のコンクリート製アーチ2本が、ネバダ側とアリゾナ側からそれぞれ伸びてきて、
コロラド川・ブラックキャニオンをまたぐように上空で繋がったもの。




昨年末には、アーチの上に橋桁が作られて、だいぶ橋の形になってきていました。

Hooverdam_5.jpg


Hooverdam_6.jpg

こんな感じで、ダムの500m下流部分をまたぐように橋がかかるので、ちょうどフーバーダムを見下ろすことになります。


こーんな高いところで作業してるんですよ。水面から約260mの高さ!

Hooverdam_7.jpg















橋の完成予想図です。

Hooverdam_8.jpg
*"The Hoover Dam Bypass Project" のサイトよりお借りしました


バイパス道路と橋の完成後は、こんな風にダムを迂回するルートができることになります。

Hooverdam_map.gif
青のラインがUS93、緑のラインが建設中の迂回路で濃い緑の部分がコロラドリバーブリッジ。
カーブがない分、距離も短縮できるわけなので、感覚的に現在の半分以上の時間が短縮されるような気がします。 


完成は今年9月の予定で、完成後はアメリカで最長のコンクリートアーチ橋になるのだそうです。

橋の上にはお約束の展望遊歩道もできるみたいですね。待ち遠しいです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年1月17日
« 前の記事「ラスベガスのあのサインはここ!」へ
»次の記事「レッドロックキャニオンで深呼吸」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/21更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集