海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > モニュメントバレーの景色

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月 3日

モニュメントバレーの景色


メール プリント もっと見る

モニュメントバレーの景色



ラスベガスはグランドサークルの玄関口でもあります。

「グランドサークル」というのは、ネバダ州と隣り合うユタ州・アリゾナ州に点在する国立公園や自然公園などを大きくひとくくりにした地域を指します。詳しくは*アメリカ5州政府観光局のサイト* ですごくわかりやすく説明されているので、どうぞ。)

さて、グランドサークルをまわる時に絶対はずせない場所の1つが、モニュメントバレー。

古くは西部劇、あるいはバック・トゥ・ザ・フューチャーやフォレスト・ガンプを始めとした
数々の映画のシーンでもおなじみのあの風景の場所です。


アリゾナ州とユタ州にまたがるこのモニュメントバレーは「ナバホ居住地」の中にある、ナバホ族の国立公園(Monument Valley Navajo Tribal Park)なんですね。


だから公園の入り口では、アリゾナ州・ナバホネイション・アメリカ合衆国・ユタ州 の4つの旗が迎えてくれます。

MV_1.jpg





今回は雪景色と夏景色を取り混ぜてご紹介してみますね。


雪のモニュメントバレー、

一昨年のクリスマス前に訪れた時は、こんな風に、雲というか水蒸気の大きな塊というか、
どっしりと湿った重たそうな空気が岩の間を流れている景色から始まりました。


MV_2.jpg



モニュメントバレーでは、点在する数々の"ビュート(Butte:残丘)"と呼ばれる大小の岩山や、
メサ(Mesa)といわれるテーブル形の台地が作り上げる景色を堪能できるのですが、
ビュートやメサにはその形状からいろいろな名前がつけられています。


たとえばこれは、ミトンと呼ばれるビュート。ミトン型の手袋のペアですね。


MV_3.jpg


そしてこちらは・・・



・・・夏のミトン(笑)

MV_4.jpg



数々の西部劇の名作をこの地で撮影した、ジョン・フォード監督の名前のついたポイントがここ。
あ、でも雪景色なので、なんだかぴんときませんね(涙)

MV_5.jpg


そしてこちらは、トーテムポールと名づけられた岩。

MV_6.jpg


アーティストポイントからの眺め。

MV_7.jpg




この公園にはもちろん自分の車を運転して入ることもできるのですが、
このようにナボホ族のガイドと一緒でなければ入れない場所もあります。


MV_8.jpg




最後は、雪景色のサンライズ。
氷点下の凍りついた空気の中、気が遠くなるような寒さと戦いながら命がけ(!)で撮った朝日なんですが、ちょっと表現力に欠けるかもですね・・・


MV_9.jpg


モニュメントバレーはグランドサークルの一ヵ所として、2−3時間の観光だけで通過することが多いんですが、
1泊するスケジュールをたてて、太陽が昇る時間と空間を体験すると、旅に奥行きが出てくると思います。

これ、ほんとです。

音のない世界での日の出をぜひ体験してみて下さい。


それからもうひとつ! 

ここではナバホ族の文化とじかに触れ合うことができるのも大きな魅力で、
1泊してじっくりと楽しんでいただきたい理由でもあります。
これについては、また次の機会に書いてみようと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年2月 3日
« 前の記事「ホースシューベンド(アリゾナ)Horseshoe Bend, AZ」へ
»次の記事「ホールフーズマーケットで地元産の野菜を買うこと」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/16更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集