海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > オバマ大統領がラスベガスへ

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月21日

オバマ大統領がラスベガスへ


メール プリント もっと見る

オバマ大統領がラスベガスへ


おとといの夕刻から昨日の午後にかけて、オバマ大統領がラスベガスを訪れていました。

こちらが大統領専用機

AF1_feb.19.jpg
通称「エアフォースワン」。B747がベースです。
実際にはこの専用機に限らず、大統領が空軍機に搭乗すればその飛行機のコールサインは「エアフォースワン」となるんですね。
で、マッキャラン空港の奥にひっそりと駐機中のエアフォースワンをみつけて、撮影できる場所をいろいろ探して撮ってみたのですが、
iPhoneの望遠アプリ(CameraOne)、やっぱり画像粗過ぎますね〜(涙)



大統領の訪問にあたっては、当然専用機の到着・出発前後に空港周辺の道路の警備が厳しくなるのですが、それに加えて空の警戒もすごいことになります。

今回は、大統領専用機のマッキャラン空港発着の前後(正確には2/18 17:45〜2/19 13:30の間)、空港の半径30マイル(約48キロ)以内の空域に規制がしかれ、航空会社による通常運行便や救急・警察のフライト以外はこの空域を飛ぶことができませんでした。


つまり、ラスベガスでのヘリコプターの遊覧飛行や飛行機で行くグランドキャニオンツアーなどは、
その時間帯の運行休止やスケジュール変更を余儀なくされたわけです。
(通常の規制は10-12マイル以内とされることが多いようですので、今回は規制が強化されたみたいです。)

なので、2/19 朝一番のグランドキャニオンツアーの飛行機は、ラスベガスから飛びたつことができないため、近隣の町メスキートまで事前に飛行機を回送しておき、お客様をメスキートまで運んで搭乗していただいたり、午後のフライトは出発時間を遅らせたりと、大変だった模様。

この日のツアーに参加されたお客様は、かなり不便な思いをされたことかと思います。お疲れ様でした!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年2月21日
« 前の記事「ホールフーズマーケットで地元産の野菜を買うこと」へ
»次の記事「'I Love Vegas ' by オバマ大統領」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    クジャクが登場!この秋もやっぱり外せないベラージオのボタニカルガーデン
    58本の十字架に癒される-銃乱射事件から1カ月たったラスベガス #VegasStrong
    1時間得した気分・今年の冬時間はいつから?ラスベガスと日本の時差
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ

    アメリカ ツアー最安値


    2017/12/11更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/キャンベルアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集