海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ラスベガス、アースアワーに参加

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月15日

ラスベガス、アースアワーに参加


メール プリント もっと見る

ラスベガス、アースアワーに参加



今日からDaylight Saving Time(デイライトセイビングタイム:サマータイム)が始まり、家中の時計を1時間進めました!

冬の間は日本の午前9時がラスベガスの午後4時でしたが、これからサマータイムが終わる11/7(日)までは午後5時となります。

毎年この日が来ると、やっと春というか初夏になったのを実感しますね。
天気予報によれば今週は20〜25℃の暖かさのようで、日差しもだいぶ強くなってきました。


さて、今日はラスベガスが今年もEarth Hourに参加することになりましたので、そのお話です。


Earth Hour(アースアワー)ってご存知ですか?

2007年にWWF(World Wildlife Fund)支援のもと、オーストラリアで始まった環境キャンペーンで、
世界中で同じ時間に電気を1時間消すことで、地球温暖化防止について考えよう。というイベントです。



earthhour2010_3.jpg





昨年は世界中で80カ国・850都市のひとつとしてラスベガスも初参加、3/28の夜、ストリップ沿いのホテルの照明やネオンサインが消され、真っ暗闇となりました。

そして今年も2回目の参加が発表され、3/27(土)午後8時30分からの1時間、
ストリップ沿いのホテルやネオンサイン・「ラスベガスサイン」  の照明が落とされます。


earthhour2010_5.jpg

9日に「ラスベガスサイン」の前で行なわれたアースアワーについての記者会見。
ショーガールを従えたラスベガス市長とWWFマスコットのパンダ君。


ラスベガスとこういった環境問題キャンペーンってちょっと結びつきにくですよね?

でも・・



実はラスベガスでもここ数年の流れでは、ホテルやカジノ・レストランでも電力消費を抑えるシステムを取り入れたり、
建物のオペレーション全体でリサイクルを取り入れたりと、いわゆる「グリーンビルディング」が建設され始めていて、一見相反するような「環境問題」に力を入れて取り組んでいます。


earthhour2010_4.jpg


Earth Hourには、アメリカ国内各都市でも、ニューヨークのエンパイヤーステートビルディング、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ、シカゴのウィリスタワー(旧シアーズタワー)などを始めとした300以上の建物やランドマークが参加しますが、光り輝くネオンなしでは語れない「ラスベガス」がわずか1時間でも真っ暗になるというのは、かなりインパクトがあるとともに、この町が環境問題について熱心に取り組んでいることを知ってもらえるいい機会になるというわけです。



昨年のEarth Hourの様子は、こちらから  どうぞ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年3月15日
« 前の記事「古巣に戻ってくるセリーヌ・ディオン」へ
»次の記事「べラージオはただ今春真っ盛り!」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集