海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ショッピングに便利な急行バス!

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月 2日

ショッピングに便利な急行バス!


メール プリント もっと見る

ショッピングに便利な急行バス!



旅行先でのアクティビティのひとつとして欠かせないショッピング♪
お土産にも自分用にも・・・旅先ではお財布の紐がゆるくなるのはなぜでしょう?

ここラスベガスにも2つのアウトレットがありまして、いつもたくさんの観光客と地元の人たちであふれています。

1番人気の「プレミアムアウトレット」はホテルの立ち並ぶストリップ大通りからダウンタウンを抜けたずーっと北にあり、
もうひとつの「ラスベガス・アウトレットセンター」はマンダレイベイホテルを越えた南のはしっこにあります。
最近はこのアウトレットの手前に人気ショップがどっさり入ったショッピングタウン「タウンスクエア」もできていて、お買い物スポットも少しづつ広がりつつあります。

さて、このたび3/28より、この2つのアウトレットへのおでかけに便利な急行バスの運行が始まりましたので、これから何回かに渡ってご紹介しようと思います。

急行バスと言ってもお買い物用というわけではもちろんなく、今まで運行されていたストリップ大通りを南北に走る路線に、新たに停車が少なく時間を節約できる路線が加わったものなのですが、北のプレミアムアウトレットから南のラスベガス・アウトレットセンターまで、途中何ヶ所かのホテルに停まりながら一気に走り抜ける頼りになるヤツなんですね。

・・・まあ、「一気に走り抜ける」と言っても、ほぼ一日中混雑しているストリップを通るわけですから、北から南までは1時間はゆうにかかりますが・・・


新路線は、その名も「ACE(エース)」、流線型の美しいボディの2両連結。
車体がかなり低いので、なんとなく都電とか路面電車を思わせる風情かな。


Ace_1.jpg
夕闇のSSTT(サウスストリップトランジットターミナル)で、出発を待つ「エース」




3ヶ所のドアが一斉に開いて乗り降りしたり、先に乗車券を買ってから乗り込む方式だったり、
ダウンタウンの一部では道路の真ん中にまるで線路のような、一般車両の入れないバス専用のレーンが作られていたりして、まったく電車と同じコンセプトのような気がします。


それもそのはず、このエースはラスベガス・ストリップエリア-コンベンションンセンター-ダウンタウン-ノースラスベガス-ヘンダーソン と、ラスベガスとその周りの街をつなぐライトレールの新交通システムなんですね。



Ace_6.jpg
まだまだ新鮮なニオイの車内。2両目から連結部分と1両目をみたところ。
座席の数は少なめ、1台で30席強というところかな。




Ace_5.jpg
自由の女神(NY-NYホテル)を見ながらバスは進む



Ace_7.jpg
公式サイトからお借りしました。こうやってみると、地面を這うイモムシに見えなくもない


次のアップでは経路や運賃をご案内しますね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年4月 2日
« 前の記事「べラージオはただ今春真っ盛り!」へ
»次の記事「メイド・イン・ラスベガスのおみやげ」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集