海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 初夏のザイオン国立公園

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月 7日

初夏のザイオン国立公園


メール プリント もっと見る

初夏のザイオン国立公園


やっと夏めいてきた5月。おでかけの季節です。
日本からのお客様もグランドサークルやプチ・グランドサークルへ向かうグループが多くなりました。


ということで、今日はザイオン国立公園のご紹介しますね。



ラスベガスから車で約3時間、ザイオン国立公園はユタ州で最初に制定された国立公園で、世界各地から年間270万人が訪れています。
片道3時間ということは往復6時間、ザイオンで3時間過ごすとしても約9時間の行程が組めるわけで、
日帰りでも充分楽しめる国立公園なんですね。



ここでは、下から見上げる岩山の景色だけでなく、トレイルもお散歩気分で歩けるものからバリバリのトレッカー達が挑戦する「難易度高し」のコースまで揃っているので、訪れる人それぞれの楽しみ方ができます。



Zion_sign1.jpg
ザイオンは1909年に"Mukuntuweap National Monument"として制定されていて、
昨年100周年を迎えました。




さて、公園に入ってみましょう。
夏の間は、公園内への一般車両乗り入れができないため、園内は無料のシャトルバスを使うことになります。

公園内を走る無料シャトルバス
Zion_shuttle1.jpg
バスはビジターセンターから終点の「テンプル・オブ・シナワバ」まで、7ヵ所の停車をしながら約45分かけて到着。
そのまま折り返してまた45分かけてビジターセンターまで戻ります。乗り降りは自由なので、好きなポイントで降りて、また次のポイントへ、を繰り返して園内を散策することになります。




<Court of Patriarchs>

Zion_threePatriarchs1.jpg
3つ並んだ岩山には、三人の大司教の名前がつけられています。
左からAbraham・Isaac・Jacob (アブラハム・イサク・ヤコブ)。
ここザイオンキャニオンは、1800年代にユタに定住を始めたモルモン教徒たちが「聖なる場所(Zion)」として訪れていたため、岩山にはこのような名前がつくものがあります。



<Weeping Rock>

Zion_Weeping%20Rock1.jpg
この岩は、Weeping(したたり落ちる とか 涙を流す)という名の通り、岩盤を伝ってきた清水がそこらじゅうからしたたり落ちているところ。
上の写真はある冬の朝に訪れた際に、したたり落ちる水がつららとなってぶらさがっている様子。
これはかなり圧巻でしたね〜。



このような感じで岩山のポイントが続き、次は「テンプル・オブ・シナワバ」へ・・・


<Temple of Sinawava>

Zion_templeofsinawava1.jpg
Sinawavaとは、白人の入植以前にこの地に住んでいたネイティブインディアン-パイユーテ族-の神の名前。
周りを高い岩山に囲まれたこの場所は、なぜか厳かな気持ちにさせらるようで、神殿とか寺院とかいうたとえがぴったりだと納得します。




Zion_templeofsinawava2.jpg
そして、リバーサイドウォークトレイルの入り口でもあります。往復約3キロ、1時間半程度の歩きやすいトレイルは、さらさらと流れるバージンリバーを見ながら
大人もコドモも一緒に楽しみながら歩けます。




<Zion Lodge>

Zion_lodge1.jpg
園内唯一の宿泊施設がここザイオンロッジ。
趣のあるレストランやファーストフード・お土産屋さんも入っていて、
ロッジ前の芝生では、ランチの時間を楽しむカップルや家族連れでにぎわっています。




<Zion Spring Water Station>

これは何?

Zion_springwatter1.jpg
・・・園内のあちこちにこのような、無料の水ステーションがあります。
これはロッジのパティオにあるものですが、壁からいきない蛇口が出ていて、
???と思ってみてみると、ザイオンキャニオンから湧き出る清水を汲むことができる蛇口なのでした。

この水は約600メートルのサンドストーン(砂岩)の層で濾されてきた、自然のミネラルいっぱいの水とのことで、
ほんとに「味のある」水。すっごくおいしい♪
さらには、使い捨てのボトル水ではなく、リサイクル容器(水筒とか)を持参して、 この水を詰め替えて使うことで、
環境保護の一端を担っているということでもあるわけです。



ところで、園内の道路を走っていると、道路が赤いことに気がつきます。
陸上競技のトラックで見られるような、あんな感じの赤い道路・・・なぜ?
(この質問はビジターセンターでもよく聞かれる質問らしいです。)

これは、アスファルトの上に敷き詰めるタールの中に赤っぽい火山岩(Scoria)をまぜてあるためで、これにより、道路がすべりにくくなるのだそうです。


Zion_road1.jpg
赤い岩と調和したこの風景は、ザイオンのトレードマークのひとつとも言えるでしょう。



さて、ここでは、いろいろな動植物を見ることができますが、とにかく1番目につくのは、リスたち。

もう、人間に慣れてしまっていて食べ物を持っている人のところまで来て、すくっと立って「ちょうだい!」をするくらい。(ホントです。)

Zion_squirrel1.jpg
つぶらなひとみ(!)でおねだりされると、つい一口あげたくなるのが人情ですが、
食べ物をあげることはできませんので、気をつけて。
罰金取られますよ。っていうことより、自然の生態系をできるだけくずさないようにしなければ。という意識が必要ですよね。





このザイオンも他の国立公園同様、これからががピークシーズン。
午前中の早い時間に到着しないと、ビジターセンタの駐車場はすぐに満杯になってしまいます。

でも〜、ご心配なく。

ビジターセンターの駐車場に停められない場合は、
入り口手前のスプリングデールの町にある5ヶ所の駐車場に車を置いて、
そこからスプリングデールシャトル(無料)に乗って、ビジターセンターまで移動できます。

スプリングデール自体も小さなお土産やさんやレストランがひしめいていて、
世界中からの観光客が行き来しています。
いろいろな人に声をかけながら、お店を冷やかしてら歩くのもまた楽しいかもしれません。



ということで、ザイオンの魅力、ちょっとだけでも伝わったでしょうか?
初夏の一日、マイナスイオンをたっぷり吸収しにでかけてみてはいかがでしょう?


Zion_squirrel3.jpg



ところで、今月からザイオン国立公園の道路修復工事が始まっていますので、
これについては次回にアップします。



Zion National Park

- 入園料は車1台につき25ドル(7日間有効) *本日現在の料金
- シャトルバスの運行は今年は10月31日まで。(それ以降は、マイカーで園内へ入れます。)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年5月 7日
« 前の記事「花が咲き始めたレッドロックキャニオン」へ
»次の記事「ラスベガスのファーマーズマーケット」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集