海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ラスベガスのファーマーズマーケット

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月10日

ラスベガスのファーマーズマーケット


メール プリント もっと見る

ラスベガスのファーマーズマーケット



ラスベガスとファーマーズマーケットって、ちょっとしっくりこないと思いますが、
定期的に開かれているものがいくつかあるんですよ。


今日は、最近お気に入りのファーマーズマーケットをご紹介します。>


MoltoVegas_1.jpg
このおいしそうな、色とりどりのトマトの写真に惹かれちゃいました。



昨年夏から始まった、Molto Vegas Farmers Market

.
このマーケットは、かなりはっきりしたコンセプトがあります。

"Organic and Sustainable"


さかのぼること3年前、レストランのディレクターやシェフたちが、お店で使うために地元産の食材を探し集めてマーケットを始めたものが昨年5月に一般にも開放されたもので、
今は訪れる人の半分がレストラン関係、残りの半分が私たちのような一般人なのだそうです。



ここではラスベガスから半径120マイル以内で獲れたモノ・作られたモノだけを集めているのだとか。
120マイルっていうことで、地元産のほかにもカリフォルニアやアリゾナからの生産物者が集まってきていて、売られている野菜や果物はすべてオーガニックものだそうです。



マーケット会場は、味も素っ気もない倉庫の中。
だだっ〜とテーブルが並べられて各農家の人たちがダンボールやバスケットに山盛りの生鮮品を売っています。
なんとなく、「産直野菜即売会」みたいなノリかも。



MoltoVegas_2.jpg
マーケット会場を示すサインもいたってシンプル。



売られているのは・・・




・・・野菜・果物・キノコ類・たまご・ハーブ・チーズ・牛乳・ジュース・オリーブオイル・ワインなど。



MoltoVegas_3.jpg




メイド・イン・ラスベガスのアップルジュースもあります!
ノースラスベガスで収穫したリンゴをしぼって作られたもの。
これは1度買ってからはまってしまいました!
ほんとに素朴なりんごの味で、これ以外のアップルジュースは飲めなくなったくらい。


MoltoVegas_6.jpg
ボトルのラベルも手作り感いっぱい。



果物は味見用にカットしている店もありますが、味見用のセットがないところでも
いちごやブドウだったら、売られているものを1粒つまんでさくっと味見できちゃったりします。



デイツを使ったクッキーやカップケーキなどを売っているお店もありました。
ちっちゃなサイズのデイツブレッドを買ってみましたが、甘すぎず、しっとりしていておいしかった〜。
デイツって、ナツメヤシの実なんですね。知らなかったです。


その下は、水栽培でハーブを作っている農園のお店。バジルやルッコラ、かいわれ(みたいなもの)や、
自家製バジルペースト。
クラッカーと一緒にお味見をどうぞ♪


MoltoVegas_4.jpg




実は、このマーケットを始めたレストランのスタッフというのは、あの鉄人シェフ・Mario Batali が
ラスベガスに展開している3軒のレストランのスタッフのみなさんなんですね。
(3軒のレストランというのは、パラッツォのCarnevino、ベネチアンのB&B RistoranteとEnoteca San Marco)


で、これらのレストランはGreen Restaurant Association**から"GreenRestaurant"**と認定されています。


しかも、レストランが入っているホテル--ベネチアンとパラッツオ--はどちらもストリップ沿いで初めてのLEED認定ビルディング。
つまり、こういった背景が今回のファーマーズマーケットのコンセプトに繋がっているわけなんですね。


**GRAというのは、NPOでサービス業界のエコ認定団体。
このGRAが認定するGreenRestaurantっていうのは、水の効率的な利用とか、ゴミの削減&リサイクル、持続可能(sustainable)な食品(半径160km以内からの非加工食品の調達)、使い捨て食器類を減らす等、7つの項目のポイント数によって"グリーン"であると認められたレストランということなのだそうです。




MoltoVegas_5.jpg
ほのかにピンクがかったピンクレモン(少し甘いそうです)とガラアップル。自然の色合いってどうしてこんないきれいなんだろう。



買って帰ったものは、イチゴや桃、グレープフルーツなどの果物と、野菜を少々。
イチゴも桃も甘くてみずみずしかった。
グレープフルーツはアリゾナ産で、すっごく甘くてジューシー。
お店の人曰く、「テキサス産よりずっとおいしいんだよっ。」だそうです。(笑)

なんていうか、見た目もスーパーの果物に比べて、
ぷっくりして果汁いっぱいで元気!っていう、そんな感じです。



Molto Vegas Farmers Market

【開催日】毎週木曜日 11:00-13:00
【場所】7485 Dean Martin Drive, Suite 106

ラスベガスアウトレットセンター(旧ベルツアウトレット)手前のWarm Springs Rd から
Dean MartinDr(Industrial Rd)に入ったら、最初の信号の手前右側の倉庫街です。
*基本的に買ったものは袋に入れませんので、おでかけには大きめのエコバッグが必需品です。
あと支払いはキャッシュのみです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年5月10日
« 前の記事「初夏のザイオン国立公園」へ
»次の記事「グランドキャニオンと世界の自然七不思議」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集