海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ラスベガスの花火事情

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月30日

ラスベガスの花火事情


メール プリント もっと見る

ラスベガスの花火事情


ラスベガスでの季節の風物詩的なこの風景が、今年もお目見えしました。
これを見ると「あ、そろそろJuly 4th(独立記念日)だな。」と気がつきます。


fireworks_2.jpg


ショッピングセンターの駐車場やガソリンスタンドの一角に、この時期続々と現れるこの箱
(ほんとに箱という形容がぴったり)、これは花火を売る即席ショップなのです。


日本では夏だったらいつでも花火が買えて、どこでも花火ができましたよね?

ところが、ここラスベガスでは花火はホントに「危険物」扱い!
「オウチ花火」は7/4の独立記念日だけOKなんですね。

もちろん、独立記念日・大晦日、そのほか大きなイベントの際には、
いろいろな場所でドドーンと打ち上げ花火はあげられますので、あくまでも家庭での花火の規制なんですが。

それでも、アメリカ国内では「オウチ花火」自体を規制としている州も多いそうなので、
ここではまだ規制ががゆるい方なのかもしれません。


・・・とういうことで、オウチ花火ができる独立記念日に向けて約1週間前から、
花火を売るこの箱型のスタンドが突然現れ、
花火売りが開始されると、パパやママに付き添われたコドモたちが列をなすことになります。

もう、コドモたちはうれしくてうれしくて、目の色を変えて花火を選ぶわけです。
コドモたちにしてみればオウチ花火は1年に1度のイベントなわけですから、それはもう気合が入りますよね。
友人のムスメはこの時期になると、「これとこれとあれとあれ、それからあれも(すべて花火の名前)を買っていい?」と
ママにおねだり。



fireworks_1.jpg
これは、去年の風景。ちょっと人のまばらな時間帯ですね。



売られている花火は当局から認定された“Safe and Sane”(「安全」で「健全」)な花火のみ。
空中へ飛んでいったり、爆発したり、地上をぐるぐる回転する花火はご法度です。
もちろんスタンドのオーナーは消防局でのトレーニングを受けて認定される必要があります。

そして、花火を買うのは16歳以上でなければならず、花火中はオトナがつきそうことが義務付けられています。
(このあたりは、日本でも花火のパッケージに書いてあったような・・・)



今年はラスベガス中で約300のスタンドが出るようですが、
こういったスタンドはNon Profitのグループ(非営利団体)の資金集めとして 一役買っているのだということを昨年知りました。

アメリカ国内大手(らしい)"Phantom Fireworks"(花火屋さん)では、 政府公認のチャリティ団体であれば、スタンドをオープンできて、花火の利益を団体の活動資金に回せる。と謳っています。

私はそれまでこのスタンドは、日本の露天商みたいに花火の需要のあるところ、
あるいは、行く先々で売るものを変えたりして、 アメリカ国内をあちこち移動している人たちのお店なのかと思っていましたが。


fireworks_3.jpg
花火も"Buy One Get One Free"!
(1つ買うと2つ目が無料。スーパーのセール品でよく使われるフレーズです)



ところで、今日は独立記念日の5日前。
なのに、花火スタンドはからっぽのまま〜!

オープンが遅れているのかちょっと気になっています...


人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年6月30日
« 前の記事「がんばれ。ラスベガス・マッキャラン空港」へ
»次の記事「独立記念日・酒気帯びドライバーはどうする?」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集