海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 独立記念日・酒気帯びドライバーはどうする?

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月 5日

独立記念日・酒気帯びドライバーはどうする?


メール プリント もっと見る

独立記念日・酒気帯びドライバーはどうする?



今日7月4日はIndependence Day-独立記念日-。
前回は「オウチ花火」 のことを書きましたが 
花火を買って自宅や公園でバーベキューをしながら楽しむ人たち以外にも
ホテルやクラブでのパーティに顔を出す人もたくさん。

そんな一日、車を運転するひとたちもちょっとだけなら♪って
ビールや`マティーニを飲んでしまうことも多いんだと思います。
なので、今日は「飲酒運転取り締り」がかなりきびしくなっていて、ラスベガス中の主要ポイントでは、検問だらけ。
(ちなみにラスベガスの場合、電車や地下鉄がないので、移動手段は99%車になります。あるいは市バスかタクシーか。)


さて、そういう「酒気帯び/酒酔い運転」をしようとしている人たちに対して、「AAA(トリプルA)」が飲酒運転をさせないように、「AAA Tipsy Tow Home」というサービスを行なっているというのを耳にしました。
これは「酒気帯び(Tipsy)ドライバーのための牽引サービス」っていうところでしょうか。

AAA(トリプルA)というのは、日本で言えばJAFっぽいかな。
年会費を払って会員になることによって、各種ロードサービスが受けられます。
たとえば、道路上で車が動かなくなってしまったなんていう時に牽引サービスを受ける場合、
ベーシックメンバーは5マイル(約8キロ)までは無料で自分が指定した場所(たとえば車の修理屋さん)まで運んでもらえます。


そしてこのAAA、独立記念日の今日は、「 Tipsy Tow」というサービスを提供することによって、酔っ払いのドライバーには運転させずに車と一緒にオウチに帰りましょう。ということのようです。

これは7月4日の18:00〜翌日7月5日の6:00までのサービス。
しかもAAAのメンバーである必要はなくて、だれでもオッケー。

日本だと、飲酒時の「運転代行サービス」っていうのがあったと思いますが、
こちらのサービスは運転代行するのではなくて、故障した時と同じように車を牽引(たまにトラックの荷台に車を載せたり)するサービスっていうことなんですね。
ドライバーは牽引しているトラックに乗って家まで帰ることができるわけです。
あ、もちろん家までの距離には規定があって、5マイル(約8キロ)までとなっています。
(それ以上の距離は有料)

どれだけの人たちが今晩利用したのか、ちょっと気になりますね。

ちなみに、このAAAは主要祝祭日に同様のサービスを行なっているそうです。



towing.jpg
これは、「牽引」ではなくてトラックの荷台に車が載せられる。の図。
あ、Tipsy Towではありませんので、念のため(笑)




人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年7月 5日
« 前の記事「ラスベガスの花火事情」へ
»次の記事「真夏のラスベガスの歩き方?」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集