海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > アメリカの夏はBBQに始まりBBQに終わる

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月30日

アメリカの夏はBBQに始まりBBQに終わる


メール プリント もっと見る

アメリカの夏はBBQに始まりBBQに終わる


アメリカの夏は、5月の最終月曜日の「メモリアル・デー」から9月の最初の月曜日「レイバー・デー」までの約90日間、
ということになっています。
そして、この季節の食べ物と言えば、全国的にバーベキューをはずすことはできないでしょう!


メモリアルデーの声を聞く頃から、そして7月4日の独立記念日がピークとなり、
秋の始まりまで延々とバーベキューの波が打ち寄せることになります。



bbq_1.jpg
この時期、特に週末前になるとスーパーでは「オウチバーベキュー」「アウトドアバーベキュー」派に向けて大セールスを始めます。
これはバーベキューというかグリルに欠かせないハンバーガー用パテ(バンズの間に挟むお肉)のセール中。
12個入りの袋がざざーっと並べられて。


ところで日本ではバーベキューと言うと、アウトドアだったら焚き火を起こして、あるいはコールマンの携帯バーベキューグリルとかを使って、鉄板や網焼きでお肉や野菜やお魚をジュージューと焼くわけですが、そういった焼き方はこちらでは「グリル」といういことになります。
高温で焼いておいしそうな焦げ目がついたりしますよね。

一方、「バーベキュー」は、スパイスをすりこんだりソースに漬け込んだ肉を、低温でゆっくりと焼くものを言うんですね。
時間をかけて焼くので、slow cook(スロークック)と呼ばれますが、これにより柔らかく、しっとりと味のしみ込んだ出来上がりになるわけです。

そういう調理法なので、肉と一緒に野菜や魚を焼いたり・・・ということはなく、付け合せにゆでたコーンやポテトなどが添えられることになります。


さて、このスロークックの「バーベキュー」のためには、グリルを覆うようにフタがついた形の「バーベキューピット」が使われるのですが、これはもう大から小まであらゆる形態のピットが存在します。

こちらは普通のスーパーでセール中の家庭用バーベキューピット(グリル)。

bbq_2.jpg
この手のピットはたいてのお宅の庭やガレージで見ることができます(笑)



たとえば、こんなドラム缶を横にしたようなものも、れっきとした「バーベキューピット」なんですよ。

bbq_3.jpg
この移動バーベキューの屋台バンは、なんと自家用ピットを牽引してきているんですね。
このドラム缶のようなピットでじっくり焼き上げたお肉が売り物。すっごくいい香り〜


つまりバーベキューピットは、調理人の信念に基づいて作られた「ハンドメイド」の一品がいろいろとあるわけで、
食べ物がテーマのフードTVチャンネルでは、そういった「バーベキューに命をかけた男たち(たまに女性もいる)」が、
オリジナル&お手製のピットを使って料理する壮絶なバトルの番組まであって、見入ってしまいまうこともしばしば。




こちらはそういったスロークックのバーベキューミートをファーストフードっぽく食べられる「Dickey's」のもの。
この日は、2種類のミートを選ぶメニューで、ポークリブとスパイシーソーセージ、
つけあわせはコールスローとオクラのフライを選んでみました。
あまりの暑さにくらくらする日は、がっつりお肉をほおばって元気をつけたいんです!

dickeys_2.jpg
リブはソースの味がじっくりとしみ込んでいるのですが、店内には「オリジナル」「マイルド」「ホット(スパイシー)」の
3種類のソースも用意されているので、ソースの味比べも楽しいかな。



日本にいた時には、醤油ベースのタレを使ってさくっと焼き上げたお肉が「バーベキュー」として脳内にしみついていたので、
アメリカの「バーベキュー」を最初食べた時は「・・・何か、ちがう!」と完全燃焼できませんでした。
が、最近では、これもひとつのスタイルだよね。と考えたら結構はまリ始めています。


今日ご紹介したDickey'sはラスベガスアウトレットセンター(ストリップ南端にあるアウトレット)の敷地内で、
ダンキンドーナッツの隣というわかりやすいロケーションで気軽に入れますので、
「がっつりお肉系」の方はぜひトライしてみて下さい♪


VSR02-2.jpg
ある日のアウトドアでのBBQ。
後姿のおじさまがこの大きめピット(BBQグリル)の持ち主。


bbq_4.jpg
焼きあがったお肉と付け合せでオイシソウな一皿ができあがり。
お肉とグリーンビーンズとコーンとパン。あ、もちろんビールも忘れずに





人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年7月30日
« 前の記事「ラスベガスのグリーンな「街」・シティセンター」へ
»次の記事「やるせない事故が起きた・・・グランドサークルツアー」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/20更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集