海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ラスベガスのグリーンな「街」・シティセンター

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月26日

ラスベガスのグリーンな「街」・シティセンター


メール プリント もっと見る

ラスベガスのグリーンな「街」・シティセンター


ラスベガスで今1番新しい場所と言えば、シティセンターでしょう。
これはべラージオとモンテカルロホテルの間に現れた、「街の中の街」--ホテル・カジノ・コンドミニアム・
ショッピングセンターからなる一大施設です。


"CityCenter - Time Lapse Footage"(MGM社メディアリソースより)
シティセンターの完成までの様子が見られます。
建設前の画面で左上に見える白っぽい建物がモンテカルロ



このシティーセンターは、その規模・予算の大きさや建築デザインなど、注目のポイントがいくつもあるのですが、
実は「グリーン」な「街」でもあるんです。


3月にアースアワーについて でも書きましたが、消費天国のようなラスベガスで、
環境へのインパクトを考えた「グリーン」な施設っていうのはなかなかイメージしにくいですよね。

でも、実はすでにパラッツオホテルが一昨年オープンした際にLEED (The Leadership in Energy and
Environmental Design)の認証を受けており、世界最大のLEED ビルディング(グリーンな建物)となっていました。


palazzo_1.jpg
「グリーンなホテル」の先駆者・パラッツォ



そして、2009年末オープンしたこのシティセンターは、85億ドルのLEED認定プロジェクトとあって、
このたび世界最大のグリーンプロジェクトとなりました。

で、どのように「グリーン」なのかというと:

リサイクル:
シティセンターの建設にあたっては、建設予定地にあった古いホテルを取壊さなければならなかったのですが、
これにより出たあらゆる建築資材(コンクリート・木材・金属・プラスティックなど)の97%が再生・再利用されたのだとか。
また、建築中に出た130,000トンの廃棄物も捨てられずに再利用されたそうです。

省エネルギー:
シティセンターには天然ガスによる発電施設が作られ、これで自分たちの使う電気をまかなうことになります。
また、発電の際に放出される熱も逃さずに、センター内の建物・プールで使用する温水作りに再利用。

各建物自体も窓やシェード、屋根の構造などがラスベガスの強い太陽光を反射させて
吸収を少なくするような造りになっていたり、
ホテル「Aria」のVIP送迎用リムジンは、空気汚染や温室ガスへの影響を少なくするために
天然ガスで走るカスタムカーが使われているのだそうです。

実際には、まだまだ山のようにあるのですが・・・各ホテル・施設で、またシティセンター全体として、
建設資材の選択から始まり、節電・節水・ゴミ処理まであらゆる面での省エネルギー・リサイクル・
環境へのインパクトを小さくるするためのシステムが組み合わされているんですね。

ラスベガスでもこういった環境に対する意識の高さをアピールする施設が増えてくるのは、心強い限りです。


aria_1.jpg
Ariaのチェックインカウンター。
後ろは壁でなく前面ガラス張りなのでとても明るいし、開放感たっぷり。




aria_2.jpg
Ariaの部屋に用意されているシャンプーなどのアメニティは、
パラベンフリー(防腐剤不使用)で、リサイクル材で作られた容器を使用。




すでにオープンしているシティセンターの施設

■ Vdara 全室スイートのホテルおよびコンドミニアム (カジノなし:56階建て・1495室)
■ Mandarin Oriental (カジノなし:47階建て・392室)
■ Aria 大型カジノホテル (60階建て・約4000室)
■ Crystals エルメス・プラダ・ルイヴィトン・ティファニーなどの入っているショッピングモール
■ Veer Tower 今月オープンしたばかりの高層コンド(37階建て・約335世帯入居予定)

*各ホテル等の詳細は公式サイト からご覧いただけます。


これからは、「今度のラスベガスへ旅行、どこに泊まろうか?」という時に、
「環境への意識の高いホテルを選ぶ」という選択肢が増えるのかもしれませんね。




人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年7月26日
« 前の記事「真夏のラスベガスの歩き方?」へ
»次の記事「アメリカの夏はBBQに始まりBBQに終わる」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集