海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ラスベガスの避暑地・マウントチャールストン

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年8月30日

ラスベガスの避暑地・マウントチャールストン


メール プリント もっと見る

ラスベガスの避暑地・マウントチャールストン


ひときわ暑かった今年のラスベガスの夏も、いよいよ終盤にさしかかっているような気配です。

今日は夏の締めくくりということで、汗だくの下界をいっとき忘れられる、
「避暑地」・マウントチャールストン(Mt.Charleston)をご紹介しますね。


ラスベガスの街からフリーウェイに乗ってしまえば30分もかからずに、マウントチャールストンへ向かう道に入り、
そこから45分も走れば、山の中腹のビジターセンターに到着します。


このマウント・チャールストンは標高約3600メートルの頂とその周りの峡谷全体が
Spring Mountains National Recreation Area となっており、
さらにこのエリアはHumboldt-Toiyabe National Forestsの一部になっています。


ちなみに、Humboldt-Toiyabe National Forestsというのは、アラスカをのぞくアメリカ国内での
最大のNational Forests(国有林)で、ネバダ州・カリフォルニア州に広がっています。



まずはフリーウェイからビジターセンターのある、157号線(Kyle Canyon Road)に入って走ります。


mtcharleston_1.jpg

ビジターセンター入り口に立つ、レンジャーのスモーキーベア。
今日もお仕事ご苦労様です。(あまりの暑さで、山火事注意報は「高」)
自然発火の予防のため、松の木がところどころ伐採されている最中で、
切られた松からこのあたり一帯にい~い香りが漂ってていて、気分もすっきり。
しかも、すでに緑が目にまぶしい!




157号線はTrail Canyon Trailのトレイルヘッドで行き止りになっているので、
引き返してビジターセンターを過ぎたら、158号線(Deer Creek Hwy)に入ります。



mtcharleston_2.jpg


山の斜面には、かわいらしいロッジ風の家がたくさん。




この道路は、シーニックバイウェイ(Scenic Byway)に指定されていて、
眺めのいいドライブが楽しめます。


mtcharleston_3.jpg





ところでこの一帯には、世界一長寿と言われる松、「ブリストル・コーンパイン」が見られます。
4000年以上も行き続けることのできる松だそうで、カリフォルニアのInyo National Forestには、
世界最古の生命体と言われる樹齢4800年を越える木が存在するのだとか。


mtcharleston_4.jpg
こちらはまだまだ若いブリストルコーンパイン。




158号線から今度は156号線(Lee Canyon Road)に入ると、スキー&スノーボードリゾートで
行き止りになります。
そう、ラスベガスから1時間の場所で、冬はウィンタースポーツが楽しめてしまんですね。



mtcharleston_5.jpg

このあたりで、標高2500mぐらい。日差しは相変わらず強いですが、空気がヒンヤリしています。



mtcharleston_6.jpg

松の林でみかけたシマリス。
Pakmer's Chipmunkはここにしか生息しないシマリスなんですが、多分この子もそうかな。



156号線をまた戻って、ジョシュアツリーの原っぱの中を帰路のフリーウェイまで向かいます。



mtcharleston_7.jpg




暑い夏の一日、フィトンチッドをいっぱい浴びてプチ森林浴を楽しめるマウントチャールストン。
ランチ持参で、ピクニックエリアでのお昼もオススメです。



【Mt.Charlestonはこのあたり】


ハイキングとかしないでドライブ&ランチだったら、半日でゆっくり楽しめます。






人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2010年8月30日
« 前の記事「ホールフーズマーケットでランチはいかが?」へ
»次の記事「ラスベガスの中のアジア」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集