海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ラスベガスの中のアジア

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年8月31日

ラスベガスの中のアジア


メール プリント もっと見る

ラスベガスの中のアジア



日本の食べ物や食材の買出しに欠かせないのが、日系マーケットやチャイナタウンなんですが、
まだまだ日系マーケットは少ないし、お財布のことを考えると、必然的に足を向ける回数が多のは
チャイナタウンということになります。


ラスベガスではチャイナタウンと言っても、サンフランシスコやニューヨーク、ロサンゼルスに比べると、
今のところ、規模は全然小さくて、街というよりはいわゆる「ショッピングモール」なんですけどね。


チャイナタウン入り口。

chinatown_1.jpg
金文字の「中国城」の文字がまぶしい(笑)立派な門。
これを背景に記念写真を撮っている中国の方をよくみかけます。



昼下がりのチャイナタウン。

chinatown_2.jpg

相変わらず車がたくさん停まっていますが、夕方ほどは混んでいません。
一番奥がスーパーマーケット。
不思議なことに、チャイナタウンって1年中駐車場が満杯なんですよね。
週末とか休日とか連休とかクリスマスとか一切関係なく、常に人があふれています。謎。





チャイナタウンは、道路から入った駐車場を囲むようにコの字型に広がる2階建ての建物に、
 スーパーマーケットやレストラン、パン屋さん、ファーストフード、化粧品、
 フットマッサージなどがぎっしり入っています。
でも、最近はお店の移り変わりが激しいところもあって、これもご時世なんでしょうか。


chinatown_3.jpg
 新しくオープンしたベトナムサンドイッチのお店の看板作成中。





chinatown_4.jpg

チャイナタウン中央に聳え立つ、Journey to the West (西遊記)の像。




そして、こちらはチャイナタウンの少し西側にできた新しい(でも小さめ)モール。


Pacific Asian Plaza (漢字表記だと「太平洋広場」となってます)なんですが、
チャイナタウンと同じような作りで、スーパーマーケットを核店舗としてレストランなどが入っているものの、
こちらはその名の通り、チャイナタウンという枠からもう少し広がって、

いわゆるアジア飯の店がたくさん入っているのが目新しく感じられます。

chinatown_5.jpg





で、両方のモールから目に付いたレストランを並べてみると。。。

chinatown_6.jpg

左上から、フィリピンのファーストフード、ベトナムのフォー、香港式ヌードル、
左下から、マレーシア料理、台湾料理、そして日本食。
アジア飯好きの私としては、ラスベガスでこんなにたくさんのアジア飯にありつけるってウレシイ♪



ところで、ラスベガスの人口60万弱のうち、アジア人はどれくらい住んでいるのかというと:
フィリピン 約10万人
中国  約4万人
べトナム 約3.5万人
韓国  約1万人
日本人 3000人から3500人
(正確な統計からの数字ではないので、誤差はたっぷりあると思います。ごめんなさい。)


たとえば病院にお世話になれば、看護婦や看護士はそのほとんどがフィリピン人で、
街には、フィリピーノマーケットやフィリピーノベーカリーもあります。


チャイナタウンの近くには、「コリアンタウン」となりつつあるエリアもあり、
食べ放題のコリアンBBQ(焼肉)も林立していて、
最近はどどーんと大きなコリアンスーパーマーケットまでオープンしました。


ベトナムのサンドイッチやフォー(ベトナム麺)のお店は街中で増えていますし、
そういえば最近、ストリップのホテルt.i.(元トレジャーアイランド)にも、
フォーのお店が入りましたね。


もちろん、これはラスベガスの話だけではないのでしょうが、
こんな小さな街でこれだけ多様なアジアの世界が広がりつつあるっていうのは、
なかなか興味深かったりします。


ということで、アジアなラスベガスで、私たち日本人もがんばらねば!





chinatown_7.jpg

ある日のランチはベトナミーズサンドイッチとタイ・アイスティー。
これ、ハワイにいた時に結構病みつきになりましたが、ラスベガスでもじわじわと人気が出ているようです。
小さなフランスパンにシラントロ(パクチー/シャンツァイ)・キュウリ・大根&にんじんのなますをベースに
牛肉・豚肉・卵・豆腐など好きなものををはさんでもらいます。
イメージしたものより、ずっとおいしい♪







人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2010年8月31日
« 前の記事「ラスベガスの避暑地・マウントチャールストン」へ
»次の記事「隠れた名所かも?ロストシティ博物館-Lost City Museum」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/18更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集