海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 隠れた名所かも?ロストシティ博物館-Lost Ci...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年9月19日

隠れた名所かも?ロストシティ博物館-Lost City Museum


メール プリント もっと見る

隠れた名所かも?ロストシティ博物館-Lost City Museum


「Lost City Museum」・・・何やらミステリアスな響きのある博物館があります。


ラスベガスからフリーウェイで1時間ちょっと、バレーオブファイヤー州立公園の先、
Overtonという町にあるここは、先史時代から生活をしていたネイティブインディアン
(プエブロインディアンやそれ以前の住人たち)の遺跡とそれにまつわるちっちゃな博物館。


lcm_1.jpg




このあたりは、少し北にあるWarm Springsから流れてくるMuddy Riverの
豊富な水のおかげで、豆類やトウモロコシ・カボチャや綿花などの栽培をして定住する人たちの集落が、
延々50㎞近くに渡って作られていたのだそうです。


博物館の庭に再現された、プエブロハウス。
母屋(?)を中心に倉庫用の部屋などがどんどん横に建増し(?)されていくスタイル。




紀元前300年から西暦1150年ごろまでの間、そうやってネイティブインディアン達が
農耕生活をしていたわけですが、この集落一帯は1150年代に突然消えてしまいます。
(この一帯に訪れた旱魃のためだとか)


lcm_3.jpg
博物館の庭に再現された、初期の竪穴式住居(Pithouse)



時は流れて現代となり、1924年に地元の兄弟によってこの集落跡
「Pueblo Grande de Nevada(=Nevada's Lost City)」** が見つけられてから、
発掘作業が始まりましたが、折りしもフーバーダムの建設により
この遺跡の一部がミード湖の底に沈むことがわかり、発掘品を収容するために
博物館の建設と相成ったわけです。**Pueblo(プエブロ)は「集落」という意味もあります。

突然消えてしまった集落とさらにその遺跡の水没ってことで、
「ロストシティ」なんですね。






lcm_4.jpg
博物館入り口にある、かなり年季の入った木のボード。
「Pueblo Grande de Nevada」についての説明が彫られています。




博物館は、日干しレンガ(Adobe)で作られたプエブロインディアンの住まいを模したデザイン。
地元の材料で作られたレンガを使い、バレーオブファイヤーから集めてきた石を床に敷き詰めた建物は
「Boulder Dam Park Museum」**として、1935年完成。**Boulder Damは、フーバーダムのこと
今年で、75歳です!



lcm_5.jpg
建築中の建物。完成前にすでに看板が。


フーバーダムは大恐慌時代のさなか、ニューディール政策の一環として建設されたものですが、
この遺跡の発掘作業~博物館の建設は、その一環であるCCC(Civilian Conservation Corps)
--失業中の青年を建設業や森林の保全作業に従事させる、いわゆる失業対策のプログラム--
に参加した若者達によるものだそうです。

lcm_6.jpg
発掘中のCCCの青年たち。笑顔?疲れてる?




館内は、遺跡の発掘から博物館の完成までを時系列で表したボードや

lcm_7.jpg





住居跡の展示を囲むように、先史時代から現代までのこの土地の変化についての展示とか、

lcm_8.jpg




もちろん発掘品のほか

lcm_9.jpg





キルトや焼き物・水彩画などの現代の工芸品がぎっしり展示されています。

lcm_91.jpg
(撮ったあとに気がついたのですが、工芸品だけは撮影禁止でした!)


ひっそりと静まり返った館内は、もちろんいまどきのインタラクティブな展示でなどはなく、
写真や展示品に添えられた説明パネルがびっしり並んでいます。(しかも文字たくさん!)


ひとつひとつの説明をじっくり読み続けていくと結構時間がかかるのですが、
丁寧に保存されている展示物とともに、個人的にはとても興味深い場所でした。


先史時代から現在までのネバダ州南部の自然史をさくっとお勉強できるだけでなく、
遺跡を発見して、保存しようとした人たちの熱意を垣間見れたというのが、良かったのかも。



博物館へ向かう間も、何てことはないんですけど気持ちのいい景色が広がります。
Overtonは、お昼寝しているような感じの静かな街。
道路の脇にもランチ(牧場)が広がっていて、馬や羊や牛たちのほかに、
ラマまでくつろいでいました...

lcm_92.jpg

lcm_93.jpg


木々の緑にあふれた清清しい街は(っていってもやっぱりすごく暑いですけど)、
ドライブするだけでも気持ちいいですね。



ロストシティ博物館、車がないと行かれないのですが、
バレーオブファイヤーに行く機会があったら、そのあとにちょっと立ち寄るのも面白いかもしれません。


Lost City Museum
721 S.Moapa Valley Blvd.Overton, NV 89040
P: 702-397-2193
オープン:(木)~(日)の08:30-16:30 (サンクスギビング・12/25, 1/1は休み)
入館料:$5/1名(2010年現在)


lcm_94.jpg





lcm_map.gif
ラスベガスから15号線を北へ1時間15分くらい。
バレーオブファイヤー州立公園からは30分弱ということろでしょうか。






人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2010年9月19日
« 前の記事「ラスベガスの中のアジア」へ
»次の記事「ベラージオ・今年の秋の顔は・・・」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    クジャクが登場!この秋もやっぱり外せないベラージオのボタニカルガーデン
    58本の十字架に癒される-銃乱射事件から1カ月たったラスベガス #VegasStrong
    1時間得した気分・今年の冬時間はいつから?ラスベガスと日本の時差
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ

    アメリカ ツアー最安値


    2017/12/11更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/キャンベルアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集